人生一度きり

発達障害の子を持つ母としての経験談。自分の鬱、適応障害の体験談。その他日常で思ったことなど。1ミリでも前向きに生きてます。

私には子育てのキレイごとは通用しません〜発達障害の子を持つ母の心境〜

今日は、説明するのにはすごく難しい息子のことと、息子と私の関係について書きたいと思います。

 

興味のない方は、いつもとはうって変わって重たい話になるので引き返した方が賢明だと思います。

 

少しでも興味のある方、寄り添っていただける方がいらしたら聞いていただけたら幸いです。

 

寄り添える人なんて少ないことは覚悟の上、それでも書きます。

 

せっかくブログを書いているのですから。

 

 

ネット社会の普及と共に、子育てにおいてのキレイごとがますます世の中に溢れかえっています。

あまりそう言うのは読まないので、正確には溢れかえっていると思います、です。

 

親としてのあり方のキレイごともますます世の中に溢れかえっています。

思います。

 

でもそんなキレイごと、私には全く通用しません。

 

そういうことを見聞きするたびに、私は気分が悪くなります。

 

息子が発達障害ならば、適切な対応をすればいいんじゃない?

 

そうすればうまく行くんじゃない?

 

なんでできないの?

 

て、何にも知らない人、もしくは同じ発達障害でも適切な支援を受けられたり、そこそこうまくいっている人はそう思うでしょう。

 

子供がそこそこ素直だったり、適切な対応が取れてうまくいったりしていれば、なんでそれができないの?と不思議に思ったり、親が全面的に悪いと思われるんじゃないかと思うと私は憤りを覚えます。

 

人の性格がみんな違うように発達障害の特性はみんな違って、そこに性格が加わりひとくくりにできません。

 

発達障害の子を持つ母親は、子供が人に興味を全く示さない、共感能力がないなどと言うことから、母親は母親としての自覚がどうしても育ちにくくなると言われています。

 

事実私もそれに当てはまるかと思っています。

 

『無償の愛』だなんてキレイごとにしか思えません。

しかし、息子に対して私の中から『情』が時々首をもたげるのでそれで良しとしています。

 

もちろん、『無償の愛』を注げる人もいるでしょう。

 

そうでない親たちがなかな発信しないのは、自分が理解されないことを恐れるか、反発をかうのがせいぜいだろうと諦めているからだと想像します。

 

発達障害の子の子育てがそれなりにうまくいっているか、進歩を感じられる人はそれは発信して行きたくなるでしょう。

もちろん、そのことを決して否定しているわけではありません。

 

ただ、そういうケースばかりではない。

むしろそういうケースの方が少ないのではないかと言うことを、当事者の人たちにも当事者でない人たちにも知ってほしいのです。

 

息子の場合、プライドが人一倍高い、褒めることに効果がない、自分の主張第一。

いつも喧嘩ごしで、自己中。すぐキレる。人としてありえない言動がしばしば。考え方がおかしい。家の中でやりたい放題。

道徳的観念が皆無。

 

だから、息子から何か話しかけれても私もいつも普通に会話できません。

話しかけられると言っても、それは大抵要求です。

 

言い表すのは本当に難しいです。

だから、私は人にはあまり言わないできました。

 

私が下手に説明することで、変に誤解を生じること間違いないから。

そして、やっぱり理解されないんだと自分自身が傷つくから。

 

いつも思うことは、日本は遅ればせながら、認知症の介護者はできるだけ人の手を借りて、家族の負担を軽減できるようデイサービスに通ったり、施設に預けたりすることが浸透してきましたよね。

 

それは、介護する側がボロボロになってしまうからと言うことがようやく認知されたからですよね。

 

認知症の親を、愛とう言うキレイゴトだけでは介護するのはすごく難しいからですよね。 

 

そしてこちらも遅ればせながら、知的障害を含む発達障害の子を放課後などに見てくれるところは、少しずつ増えてきつつあるように思います。

 

ですが、認知症の人のようなケアにまでは至っていないでしょう。

発達障害の子に対しても、人によっては認知症の人と同じサポートが必要なのではと思うのです。

一体何が違うと言うのでしょう?

 

我が家のケースでは、認知症の人レベルで社会の手を借りなければ本当に難しいと思ってきました。

 

もう私ボロボロでした。

何度も死にたくなりました。

毎日どうしたら楽に死ねるかばかり考えていたし、もうわけわからなくなって薬の過剰摂取も数え切れません。

 

幼い子、特に私個人的には5歳が山場であると思っていますが、実際5歳頃の悲しい事件が多いです。

 

無理もないよなぁ、ってとても他人事には思えず、そんなニュースを目にするたびに胸が痛みました。

 

そんなこと、想像すらできない世間はひたすら親を責めます。

 

「近所の人がどうにかしてあげられなかったのかね?」

「早くにお母さんが助けを求められなかったのかね?」

「自分の子なのにねぇ。考えられません。」

 

なんてコメンテーターの言葉を耳にするたびに、なんて薄っぺらいと思ってしまいます。

 

これが認知症の親だと少しは同情の余地があるように感じるのは私だけでしょうか?

 

話はもどりますが、親が子を殺めてしまうような事件になる前に、社会全体で制度を完備し解決していく問題だと思います。

 

実際我が家もずっと紙一重の状態できました。

 

核家族がほとんどの現代社会は、家族間では解決することに無理があり、社会がどうにかしていくものだと常々思います。

 

私はいろいろと福祉施設を訪れたりしましたが、それだけでは不十分と実感しているし、我が家のような親子をサポートする体制もしっかり整っていないと実感しています。

 

とり合えずは、市のサポート施設にたまに通うのがせいぜいでした。

そこで、専門の先生に話しを聞いてもらうことは本当に救いでしたが、じゃあ具体的にどうするかといった解決方法に至らないのも事実です。

 

究極は児童相談所にまで相談しましたが、なんら手応えもないし電話の折り返しもひどく時間がかかり、とりあえず面談して話しは聞きましたよー、と言う風にしか感じられませんでした。

 

私が家を出ていくことが一番の解決方法だとは頭ではわかっていましたが、その頃は自分にもそんな力は残されておらず、ましてや経済力もないので、薬を飲んでただただ現実逃避のために眠りこけるしかない日々が続いたこともよくありました。

 

親の精神までもがおかしくなり、どこに助けを求めていいのかもわからず、母親に向けられた非難の眼差しや周囲の理解を得られずに孤独に陥り、日々暗闇の中で耐え忍んでいるお母さんは多いんじゃないかと思います。

 

家の中で苦しみ、外へ出れば冷たい非難の目に苦しみます。

外出も困難になります。

子供を連れて人とも会いたくなくなります。

そうしてどんどん孤立状態に陥るわけです。

 

話しがまとまりませんが、特に知的障害のない発達障害の子をもつお母さんがこんな風

に苦しんでることを一人でも多くの人に知ってもらえたら幸いです。

 

知的障害のない発達障害は、診断も医師の裁量で曖昧だし、支援も曖昧、周囲の理解も得られにくいんです。

 

苦しんでるお母さんが、たった一人でもいいから理解のある専門家に話しを聞いてもらって、いっときでもいいんです。 

お母さんの気持ちがほんの少しでも軽くなれたらいいですよね。

 

また、私がよく言われたことは支援先を一つでも多く持った方がいいと言われました。

それは理想かと私も思います。

連携してもらえれば、なおいいです。

 

ですが、わかってもらえる人が一人でもいればそれは母親の安心に繋がると思うので、発達障害に理解あるの専門の先生、それは医師だけではなく支援施設でサポートしてくれるあらゆる先生のことですが、熟知した専門家を一人でも探すことが大きな支えになるかと思います。

 

いろんなキレイごとに惑わされず、ウチはウチ流というスタンスで乗り越えていけるといいですね。

 

ねもこたん。

 

スポンサーリンク

日本人だけど温泉があんまりな私

スポンサーリンク 

ねもこたんです。

 

みなさんは温泉は好きですか?

 

私は、入ってしまえば気持ちがいいと思うのですが、「大好き〜!」「宿は温泉重視!」というほどではないのです。

 

でも我が家の男たちが温泉が好きなので、彼らのために宿は温泉重視してます。

 

大抵の人は、「温泉ていいよね〜。」と言うだろうし、実際によく言われます。

 

でも、例えば北海道出身でもスキーはしませんとか、沖縄出身だけど泳ぎませんみたいに、私は日本人だけど温泉はそれほど好きではありません。

 

こんな人もいるんだって知って欲しいです。

 

入ってしまえば、それは確かに気持ちがいいって思うのですよ。

特に露天風呂なんてのは。

f:id:nemokotan:20190818171315p:plain 

それでも、1分もお湯に浸かればいい方かな。

 

なぜそんなに好きではないかというと、

 

まずは、旅行ですごく疲れているのに温泉のある所まで歩いていくのが大変。

 

そして、体を洗う時にお湯の温度の調節がすごく大変。

 

次に、出てくるお湯の量の加減だったり、大抵はお湯がシャーッと出てきてはピタッと止まってしまい思うように流せない。

 

これ、すごくストレス。

 

そうして苦労して顔や体を洗っているうちにすっかりのぼせてしまい、お湯に浸かるのはほんのちょっとです。

 

せっかくの温泉だから、少しは入ろうかなと義務的に入ります。

 

まさしくカラスの行水状態。

 

で、ようやく温泉から脱衣所に出るとムッとしていて息苦しいんです。

 

先日行ったホテルはそれがなかったので、それだけでも嬉しかったです。

脱衣所が涼しくしてある所はありがたいですね。

 

体力のない私にとっては、温泉に入るのは一苦労なんです。

 

あまりに疲れている時は、お部屋のお風呂で済ませたこともあるぐらい。

 

普段あまり話さない温泉大好きな息子は「なんでー?せっかくなのにもったいない。」と、思わず私に言ったほどです。

 

で、少しでも負担を減らすべく先日の旅行では、脱衣所にある洗面台で洗顔を先に済ませることにしました。

 

そうしたところ、だいぶ負担は軽くなりました。

 

それでも体を洗う時は、一瞬しか出てこない蛇口のお湯と格闘せねばならず、もうほとんど残されていない私の貴重な体力は奪われるばかり。

 

こんなわけで、私にとって温泉に入ることはすごく大変なことで、あんまり好きではないんです。

 

これを読んでくださるおそらく日本人のみなさん、こういう人もいるんだな、って知ってもらえるとありがたいです。

 

余談になりますが、先日箱根に行った際フランス人をあちこちで見かけました。

私が入ったホテルの温泉に、外国人女性が2人仲良く慣れた様子で悠々と露天風呂に浸かっていました。

 

ちょっとびっくりでした。

外国人は、裸に抵抗があると思っていたからです。

 

でもこれも偏見ですね。

 

日本文化を肌で感じてもらうのは嬉しいなぁ、と温泉があまり好きでない私が言うのもなんですがそんな風に思いました。

 

 スポンサーリンク

  

【黒酢でリンス】を始めてみました

スポンサーリンク 

ねもこたんです。

 

いつだったか、なんとなくテレビ見ていたら、50代ぐらいの女性がずっと黒酢を使ってリンスをしてきたと言っていました。

 

それを聞いたわたし、急に興味シンシン。

 

その女性曰く、黒酢リンスがいいのかいまだに白髪がないとのこと。

 

髪の毛もフサフサとのこと。

 

なになに?!

 

でも、私は白髪もでてきちゃったし、髪の毛はもともと猫っ毛で、細い毛が年齢と共により細くなりもしかしたら薄くもなってきているし、今から黒酢リンスをしても遅いなぁと若干諦めの境地にありながらも、淡い期待を膨らませテレビに釘付けになりました。

f:id:nemokotan:20190816215436p:plain 

その女性は実践して見せてくれました。

 

洗面器にお湯を8分目か9分目ほど入れ、そこにリンス用に詰め替えた入れ物に入っている黒酢を、チョンチョンチョンと手慣れた風に垂らしました。

 

そして、髪の毛全体にシナリシナリと黒酢入りのお湯をなじませて、はい、おしまい。

 

てなわけです。

 

私はこれは自分もやってみたいと思いました。

でも、わざわざ黒酢を買うのが面倒で先延ばしにしていました。

  

ところが、今では我が家には黒酢が常備されるようになりました。

 

そのきっかけが、こちらの記事です。

 

www.enjoylife-masa.com

 

勝手にお借りしてスミマセン。

 

リンスとは話が少しそれてしまいますが、マサ セイコウさんのこの記事を読んでトマト酢を試すべく、すぐさま黒酢とトマトジュースを買いに走りました。

 

とにかく何にでも良さそうだし、とにかくやってみようと。

 

ぜひ読んでみてほしいです!

 

私はその頃、睡眠薬を飲んでいるにもかかわらず中途覚醒に悩まされていました。

 

黒酢入りトマトジュースを飲んで数日たった頃でしょうか、いつの間にか夜ぐっすり眠れるようになっていたのです。

 

睡眠薬は今でも半錠かたまに1錠は飲んでいますが、中途覚醒の悩みはすっかりなくなりました。

 

ちなみに私はトマトジュースがあまり得意ではないので、コップに2センチぐらい入れて、そこに黒酢を数滴垂らして朝晩飲んでいます。

 

それでも、とても効果を感じています。

 

ちなみに、おやつを無駄に食べたくなくなりました。

たまには食べてますけどね。

 

色々なことに良さそうなので、興味のある方はぜひ試してみてはいかがでしょう?

 

話は戻りますが、そんなわけで我が家に黒酢が常備されるようになりました。

 

これはもう、黒酢リンスをやってみるしかないでしょう。

 

実際試した期間はまだ1週間ほどです。

 

白髪はさすがに急になくなることはないです。

そりゃそうだ。

 

髪の毛もそんなに急には太くなったり増えたりはしません。

そんなんだったら、スカルプシャンプーの脅威ですね。

 

ですが、黒酢リンスのいい点はというと、まず人工的なニオイがしない。当たり前ですが。

ニオイに敏感な私にとっては、これはすごく重要なんです。

 

なぜなら、主婦(主夫)は一日中なんらかの洗剤の人工的なニオイを吸いまくっているから。

 

では、じゃあ酢のニオイは残らないの?と心配ですよね?

 

それが大丈夫なんです。

酢のニオイは全然残らないし、むしろシャンプーの香りがそのまま残る感じです。

 

そして、お次は?というと、乾かした時の髪の毛が根元が自然と立ち上がり、ふんわりするんです。←どこかで聞いたことのあるようなセリフ。

 

猫っ毛で髪の毛が少なめな私にはとても嬉しいことです。

 

今のところメリットはこれだけですが、これだけでもすごくないですか?

 

そうそう!髪の質感はどうか?ですよね?ですよね?

し、し、しまった((((;゚Д゚)))))))

 

立証不足でした(T . T)

 

私はドライヤーの前に洗い流さないトリートメントを髪に馴染ませるので、そのせいなのか、そんなにパサツキはないし多少サラサラしているように思います。

 

これをしないでいたらどうなるかが知りたいですよね。あわわ。

 

万万万が一、今の白髪が減ってきたり髪の毛が太くなったり増えたりしたら、その時に合わせてまた報告させてもらいます。あわわ。

そんなことはなさそうですけど。あわわ。

 

でも、世の中何が起こるかわかりませんからね。

みなさん、今地球は宇宙時代に突入していますよ!←流してください。

 

何ヶ月単位で使ってみて、また報告させて下さい。

 

追記

以前、湯シャンに挑戦して段階的にリンスを辞めることから始めるということに断念した経緯があり、黒酢リンスを知った時はこれだ!と思いました。これなら自然だしイイ!

湯シャンとはシャンプーを使わず、お湯だけで髪の毛を洗うことです。

 

 スポンサーリンク

言葉は時代と共に変化していく〜「すみません」は「ありがとう」という意味で使っている世代です〜

スポンサーリンク 

ねもこたんです。

 

ちょうど、『言葉は時代と共に変化していく』といったタイトルでブログを書きたいと思っていたところに、昨日のブログにあるコメントをいただいたことと、以前何かで読んだ記事を思い出したので今回はそのことについて書きたいと思います。

 

中高年の使う「すみません。」について、若い人たちに少しでもわかってもらえたらという思いと、私(たち?)も時代に合わせて変化する努力をしていることをわかってもらえたら何よりかと思います。

 

昨日のブログに、私はエレベーターを降りる際、「開く」ボタンを押してくれている人に「すみません。」と言って降りると書いたのですが、それに対してすみませんでなくありがとうと言えるようになりたい。と言ったコメントをいただきました。

 

コメント本当にありがとうございます。

 

私はこのコメントを読んだ時、ある記事を思い出しました。

 

おそらくは若者なのではないかと思います。

 

『自分は誰かに謝って欲しくてしてあげたのではないので、すみませんとは言って欲しくない。だから「すみません。」ではなく「ありがとう。」と言うべきだ。』

 

といった内容でした。

 

私たち中高年が使う「すみません。」は「ありがとう。」の意味を込めて使っていることがあります。

 

私たち中高年世代は、今では「ありがとう。」を使うシチュエーションで「すみません。」と言う頻度の方がこれまでは高かったのではないでしょうか?

 

この「すみません。」は、おそらく「おそれ入ります。ありがとうございます。」の略なのではと素人考えで思いますが、実際はどうなのでしょう。

 

なので、英語で言うところの、ソーリーではなくサンキューの意味で使っている場合がほとんどかと思います。

 

話はそれますが、

時代と共に、日本全体がアメリカンナイズされていき、そして英語も徐々に身近なものになっていきました。

 

それで、なんでも言葉にすることがヨシとされてきたように思います。

 

以前は「良い週末を。」などや「今日は会えて楽しかったよ。」などという表現は、日本人はあまりしなかったように思います。

 

そもそもこれらの言葉は英語からきているものだと思います。

 

話は戻ります。

そんな風潮の中、日本人は以前より頻繁に「ありがとう。」を言うようになってきたと感じます。

 

これはいいことだと思っています。

 

そして、日本語でこれまで「ありがとうございます。」を状況に応じて言い回しを変えて使われてきた「お世話様。」「お世話様でした。」「おそれ入ります。」「すみません。」などが、ここ何年かの間に、全てひとくくりに「ありがとう。」に置き換えられてきているのを肌で感じます。

 

実際に肌で感じるのでここ何年かは私も、あらゆるシーンで極力「ありがとうございます。」とできるだけ統一するようになりました。

 

何かの記事で読んだ「すみませんではなく、ありがとうと言って欲しい。」という気持ちはアラフィフの私も共感します。

 

ですが、中高年の間では「すみません。」イコール「ありがとうございます。」の意味をなしているかと思うので、相手の人もあまり気に留めていないと勝手に思っているのは私だけでしょうか。

 

ですが、言葉は時代と共に変化していくものです。

 

若い世代の人たちに、「すみません。」を「ソーリー」の意味に感じて不快な思いをさせてしまうのなら、私たち中高年世代も変わって行く必要があるようです。

 

確かに「ありがとう。」の方が気持ちがいいですし嬉しいですね。

 

言葉は時代と共に変化していくもの。

 

年齢を重ねたカチカチの頭を時代の変化に合わせ、いかに柔らかく柔軟なものにできるかということが私たち中高年の務めではないでしょうか。

 

また今度、言葉の変化について書きたいと思います。

 

 

 スポンサーリンク

 

 

エレベーターを降りる時のマナーについて

エレベーターを降りる時のマナーなんてあるの?と思われたそこのあなた。

 

安心してください。

 

私が作ったマナーですから。

 

でも聞いてください。

 

そもそもマナーなんてものは、一番初めには誰かが作ったものでしょう。

 

そして、文化や民族が変わればそれぞれで、自分たちが当たり前としているマナーなんてものはどうでもよくなるのは間違いないでしょう。

 

日本という同じ国に住んでいたって、電車などでの公共の場でのマナーを守れない人たちだっているのです。

 

マナーって一体何?と考えさせられます。

 

食事のマナーなどは明確ですけど。

 

さて、つい最近買い物を終えて私がエレベーターに乗っていた時のことです。

 

私は4階に車を停めていました。

 

1階から私の他に二人乗ってきて、その二人は3階で降りました。

 

私は4階までなので、必然的に3階で降りる際ドアが閉まらないように「開」のボタンを押してあげるわけです。

 

二人のためにわざわざ「開」ボタンを押しているわけであります。

 

最初に降りた人は、60歳は過ぎていると思われる一見ごくごく普通のオジサマで、当たり前のように降りて行きました。

 

まぁ、一番に降りるのだったら私がわざわざ「開」ボタンを押していなくてもドアは閉まらないでしょう。

 

しかし、「どーも。」ぐらいのリアクションが、できれば欲しいところです。

 

f:id:nemokotan:20190815152856p:plain

お礼の気持ちを示してくれる人の方が圧倒的に多い気はします。

 

実際、私も降りる時に誰かがボタンを押していてくれたら、最低限会釈はします。

大抵、「すみません。」と軽く会釈をして降ります。

 

乗る時に待っていてくれたら、はっきりと「ありがとうございます。」と言います。

 

だって、自分もしくは自分たちのために、わざわざボタンを押してくれているのですよ。

もし、それをしてくれなかったら閉まってしまいますよね。

 

大したことじゃなかもしれないけど、当たり前のようにしてくれているそういう気持ちに感謝したいですよね。

 

って、自分がそう思うからって相手にもそうしろって言うのかい?

 

とお思いでしょう。

 

そうですよ。

まさに「そうしろっ。」あっいやっ、「そうしましょう。」て言いたいです。

 

で、話は戻りまして、3階に着いて二番目に降りたオバサマ。

 

年の頃50代か60代といったところでしょうか。

最近のオバサマ方はお若いのでわかりません。

 

そのオバサマはとてもキレイな身なりをしておりました。

 

最初に降りたオジサマもゆっくり出てきたし、オバサマも奥からゆっくりでてきました。

 

私がボタンを押していなかったら閉まってしまうかどうかの時間がありました。

 

時間の問題ではないのですが。

 

そのオバサマ、アゴを45度に突き出し、まるで私が彼女のしもべでもあるかのように、私が「開」ボタンを押していることが当然であるかのように、のうのうとエレベーターを降りて行かれました。

 

あんなキレイな格好をしていて、「ありがとう。」の一言も言える心の余裕がないんかーっ!

 

ああ言う人に限って、人様のマナーにあれこれうるさく言ってくるに違いないのだ。

 

日本人って礼儀正しいんじゃなかったっけ?

 

誰かに何かをしてもらったら、お礼を言いいましょうって子供の頃から教わったはずですよね、私たち。

 

なんかすごくちょっとしたことなんだけど、すごくモヤモヤしてしまいました。

 

自分自身けっこう疲れていたからかな、なんて思ったりもしたけど、多分疲れていなくても嫌な感じがしたと思います。

 

ここでエレベーターを降りる時のマナーとして、ボタンを押してくれた人には、「ありがとう。」の気持ちを示すためにせめて軽く会釈をするとか「すみません。」とか「ありがとう。」とか言いましょう。

 

と今日からマナーを提案したいです。

 

ただし、あまりの混雑したエレベーターにおいては難しいかと思うので、そこは状況に応じてということになるかと思います。

 

ちょっとした気遣いが当たり前にできる日本民族←民族までに及ぶか?!

日本でしか暮らしたことがない私が言ってもなんら説得力がありません。

 

そんな私でも、日本人の礼儀正しさ、細やかな気遣いができること、誰に対しても親切で有名なことはよく耳にしますし、日本人の誇れるところでありましょう。

 

なのに、いい大人がちょっとしたお礼も言えないなんて恥ずかしいではありませんか!

 

ちょっとした気遣いに、ちょっとでもリアクションできたらお互い気持ちよく過ごせるのになぁ、と思ったのであります。 

 

ねもこたん。 

 

スポンサーリンク 

   

今年は気楽にお盆を迎えます

スポンサーリンク

ねもこたんです。

 

ウチには私の母の仏壇があります。

 

そのため、毎年お盆には、仏壇にキュウリの馬やナスの牛を作ってお盆の支度をしていました。

f:id:nemokotan:20190814143918p:plain
 

そして13日にお墓参りを済ませ、迎え火をします。

 

13日から15日の食事は、母の好きだった天ぷらやそうめん、肉じゃが(お供え時は肉なしです。)、エビフライなどを作っていました。

 

毎食、きちんと準備をするのではないですが夜だけは作ります。

 

これだけの用事なのですが、『せねばならない。』と言うお盆期間は、体力的にへなちょこな私にとっては、ちょっとしたプレッシャーでした。

 

亡き母を迎えるだけでもこんなにプレッシャーなのだから、ご先祖様ご一同様をお迎えするお家のお母さんは、さぞかし大変なことと思います。

 

私の亡き伯母はまさにその一人でしたが、病気をしてからの最後の2年は、お盆の支度ができないようでした。

 

私もこのお盆は、体調不良でお盆の支度ができませんでした。

 

ありがたいことに、夫が迎え火だけはしてくれました。←夫がこのブログを読んでるので言っておきます。

 

今日もまだ体調が万全ではありませんが、なんとか買い物だけは行ってきました。

 

自分が具合の悪い時に買い置きが何もないので食糧難になってしまうわけです。

 

時々非常食に手をつけますが、その都度夫は「我が家はいつでも非常事態。」と上手いことを言ったとばかりに自分に惚れ惚れしています。

 

そんなことはどうでもよくて、今日は私があまり動けないと思ったので、できた天ぷらの詰め合わせを買ってきてそれを夜に食べたいと思います。

f:id:nemokotan:20190814144154p:plain

 

手作りではないけど、気持ちは通じてくれるかな?

 

お供え物に、水まんじゅうやスイカやもも、水ナスなどをも買ってきました。

 

母が好きだったものです。

 

話は変わりますが、現実派霊能者もっちーさんは、お墓参りについてこう言っています。

正確には、彼女が聞こえたことです。

 

「ご先祖様や亡くなった近しい人などは、お墓参りになんて来る時間があったら、もっと自分の時間に費やして欲しいと思っている。」と。

 

ご先祖様方は、生きている私たちが全力でこの世を生きることを喜ばしく思っているとのことです。

 

私自身も母の気持ちを想像すると、「体の方を優先して欲しい。」と心底思っていると想像します。

 

実際に母の命日や月命日に御墓参りに行けなかったこともあります。

 

そんな時は、「ごめんなさい。」という気持ちと同時に、私が想像する母の言葉に甘えていました。

きっとわかってくれるはず。

 

 節目節目での供養はもちろん大切ですが、普段から大切な亡き人の思い出話をしたり、思い出したり感謝をしたり、またご先祖様へ感謝したりすることが何よりの供養ではないかと私は思います。

 

  

 スポンサーリンク

 

降圧剤を飲んでから4日間の様子

ねもこたんです。

 

昨日は、朝、血圧の薬を飲んでから目まいがひどく頭痛もあり、洗濯物を干してから丸一日眠ってしまいました。

  

www.nemokotan.com

 

薬を飲むこと4日、毎回めまいと頭痛があって、1日目は病院に行ってからその日のお昼に飲み、翌日から朝に飲みました。

 

1日目は、もともと目まいと頭痛はあったので薬のせいかわかりません。

 

2日目は、朝服薬後、軽く目まいと頭痛がするも、気合いで映画を観に行きました。

 

3日目は、やはり目まいと頭痛と疲労で一日中横になっていました。

 

こんなんじゃ、薬飲んでも飲まなくても一緒じゃーん。

て思いながら、一応昨日の朝も飲みました。

 

朝起きた頃は体もそこそこ軽く、今日は動けそうだなぁと思ったのですが、服薬後ひどい目まいと軽い頭痛に襲われ、ベッドで横になっていたらまさかの眠り姫になってしまいました。

 

うとうとしながら、時折ものすごい雨の音に気づくも洗濯物を取り込めない。

 

今日からお盆なのに、何も準備ができていない。

お墓参りも行けてない。

 

でも、母ならきっと無理しないで寝てなよ。

勝手に、そっちに行くから大丈夫だよ。

 

って言ってくれそう。

 

甘えて眠っていました。

 

夫が早めに帰宅してくれて、迎え火はしてくれました。

f:id:nemokotan:20190814081226p:plain

 

ゆうべ、母が笑顔で夢に出てきてくれたので、無事に帰ってきてくれたんだと思います。

 

話は戻りまして、昨日の眠り姫状態は、薬の副作用に加えて疲労が重なったこともあるかと思います。

 

副作用の出かたは、その時の自分の体調で変わってくると思います。

 

私としては、ここのところかなり無理して動いていたなぁと反省してます。

 

今日は一旦、薬剤師さんに相談をしてみようと思います。

 
スポンサーリンク