人生一度きり

発達障害の子を持つ母としての経験談。自分の鬱、適応障害の体験談をと思い始めましたが、最近ではその他日常で思ったことなどがメインです。1ミリでも前向きに生きてます。

台風後も食料品、水などのストックがある安心感〜日頃から備えを〜

ねもこたんです。

 

ウォターサーバーなんてのが流行っているみたいだけど、あくまでも私の勝手な想像に過ぎませんが、なんだか面倒くさそうなのと、新しいものを取り入れられないタチなんです。

で、昔から水道水を飲むのには抵抗があってペットボトルの水などを飲んでます。

 

昨日書いた私が子供の頃、父親の掘った怪しげな井戸の水を飲むようになったあたりから、水に対するこだわりが芽生えたというのもあるかもしれないと、自分では分析してます。

 
www.nemokotan.com

 

水道水は安全と言われてますが個人的には、塩素とフッ素が気になってるんですよね。

浄水器は使ってますけど。

でも、その水を飲んできて長生きしている人が現に沢山いるのだから、大丈夫なのでしょう。

 

水道水が気になるのは、あくまで私の個人的なことに過ぎません。

 

短大生、社会人になってからは、家で水を飲むことはほとんどなかったように思います。

家の水を飲んでも、ほんのちょっと口に含む程度でした。

ウチの井戸の水を信用していませんでしたから。

 

そもそも、短大生の頃から私はあまり家にいませんでした。

バイトにテニスに遊びにと、それはもう忙しかったんです。

f:id:nemokotan:20191014050840p:plain

 

そうそう、勉強も一応ね。

短大だからみっちり授業もあって、バイトして帰って来てから予習なども深夜までやっていた真面目な学生でしたよ。自分で言うのもなんですけど。

 

予習と言っても英語ぐらいですが、好きでしたからどんなに疲れていても頑張れました。

その割にはあまり身になってないのはどうしてか不思議です。

まぁ、昔のことですから無理もないでしょう。

はい、全ては昔のせいです。

 

でも、若いって体力がありありで本当にいいものです。

私みたいな人より体力のない人でも、若い頃の体力はピークだったように思います。

 

若い頃に色々やっておいたほうがいいと言うのは、本当です。

今では、トイレのことを気にしなければならなかったり長い時間立っていられなかったりで、旅行のツアーについて行けなかったり、体力面で諦めてしまうことが出てきましたから。

 

そうそう、コンサートもですよ。

 

去年、X JAPAN幕張メッセで行われた、私にとって人生初のオールスタンディングのコンサートに行きました。

 

でも、待ち時間で体力のほとんどを消耗してしまい、前半でトイレに抜けたら、どうやら決まりで一番後ろに行くように言われ、広すぎるわ疲れ過ぎたわで、そんな移動できずに諦めて前半だけ見てそそくさと帰ってきたと言うことがありました。

 

あれ以上立っていられなかった。

もし、すごい頑張って最後までいれたとしても、帰りの混雑に巻き込まれるのを想像しただけで無理だった。

 

もったいなかった。

これから盛り上がるところだっていうのに。

 

それは、3日間行われるうちの初日のことで、3日目も行く予定でいたので今度はあまり早く会場入りせず体力を温存しようかと戦略を練って参戦しました。

がしかし、あえなく台風のため直前で中止の発表があり、夫とお昼のラーメンを食べTシャツだけ買って帰ってきたというね。

 

そのコンサートは、あのニュースにもなった前代未聞の無観客席ライブを決行。

ニコ生などで生配信され、私は自宅でゆっくり見ることができました。

体力ナシ子の私にとっては、自宅で観れて少しだけホッとしたような。

もちろん中止というのはそれはそれは残念は残念でしたよ、もちろん。

 

しかし、オールスタンディングは、自分は無理だってあの時わかりました。

どんなにファンでも、トイレのことも心配だし何時間も立っていられないの。

 

初日に同じくらいの年齢の女性と話をしたけど、その方もトイレが心配で、でも、なんと三日間全てのチケットがあるので途中で抜けてもトータルで全部観れるだろうからと余裕でした。

 

www.nemokotan.com

 

 話は随分と脱線してしまいましたが、食料品、水の話でした。

 

最初にも言ったように、私は日頃、ペットボトルの水を買って飲んでいますが常にストックがあるわけではなく、買い足す時に荷物が多い時は箱買いせずに1、2本だけ買います。

とりあえずの分ですね。

 

でも、断水の経験はないものの、3.11の経験があるので余分がないのは不安なんです。本当は最低1箱はストックが欲しい。

 

また話は脱線してしまいますけど、母親世代はオイルショックを経験していると思いますが、叔母が、トイレットペーパーの在庫がないと不安のようで、お嫁さんがギリギリになって買いに行くのを嘆いていたのを聞いたことがあります。

 

水に関しては、自分も叔母と似たような心境だと思います。 

 

今回の台風で、水やお茶などの飲料のストック、カップ麺やレトルトのものや缶詰は少々ですが、ストックがあるのは安心感があります。

 

台風は予想できますが、地震などは突然にやってきます。

毎年何度も、過去になかった災害が日本のどこかで起きていて、日頃からの備えがあるのとないのではどこか安心感が違うなぁと、ストックのある今思います。

 

カセットコンロや、給水用の袋、簡易トイレ、ランタン、ラジオ、非常用のご飯やおかず少々などは以前より備えています。

それだけでも少しは安心していましたが、今回を機に直前に買いに走るのではなく、非常用の備えを日頃からしておきたいと改めて思いました。

 

なんだか月並みな締めになってしまったなぁ。

 

 

 スポンサーリンク


 

 

 

当たり前だからこそ、当たり前の日常に感謝して過ごしたいと思う

昨日の台風は本当に怖かったです。

我が家は停電もなく、お陰さまで無事です。

 

しかし、昨夜は、前回以上の凄まじい強風で家があおられ、家の外でパタパタ、バタバタと変な音で屋根がめくれあがるのではないかと不安になり、「大丈夫、絶対大丈夫。」と唱えながら、「お家さん、どうかどうか私たちを守ってください。」と壁に手を付けて思わず祈るばかりでした。

 

日頃から、もっと我が家に感謝して過ごそうと思いました。

 

神社は、困った時だけお願いしに行くのではなくて、日頃から生かされている感謝をしに行く所でもあるように、家にもそういう感謝の気持ちを日頃から持って過ごしたいと思いましたのです。

日本人ですから。

 

そういうことは、家に限ったことではないかと思いますが。

 

それで、強風の最中、寝室の窓に「ドカン。」と何かぶつかったような音がしたのですよ。

ビビりました。

「ヤバイッ。」と思ってカーテンをおそるおそるめくって窓を確かめてみたら、何事もなく安心しました。

 

一応、寝室の窓だけ養生テープを万全に貼っておいたので、お守りがわりになったような気もしています。

もし、それをしていなかったら不安は倍増していたことでしょう。

例え、養生テープが気休めでしかなかっとしても。

 

それにしても、風の音だけでなく、外で何かがぶつかるような戸板がめくれるような音が今回もしたのだけれど、特に家が破損することはなくてあの謎の音は一体なんなのだろうと不思議でなりません。

 

今回は、1時間から一時間半ぐらい集中して強風が吹き荒れたかと思います。

一旦去ってまた来るのかと思いましたが、過ぎ去っていったようで安心しました。

 

前回の台風では、断続的に強風が吹いて数時間続いたような気がします。

昨日の勢力が数時感続いたら、風による被害も大きく出たのではないかと思うので、断続的もしくは長時間ではなくまだ良かったかと思います。

 

昨日の赤水で思い出したのですが、私が小学生高学年から中学生ぐらいまで、豪雨の翌日だか当日には家の水が赤水になりました。

 

www.nemokotan.com

 

 なぜかというと、井戸水で、その井戸は素人の父親が掘ったものだから浅かったようなんです。

f:id:nemokotan:20191013161204p:plain


 父は器用貧乏とはよく言ったもので、昔から住んでいた実家に建て増しをしたのですが、全て一人でやりました。

なので、ウチには修理の業者さんが来たことは一度もありませんでした。

 

結婚してわかったことですが、それって結構すごくないですか?

 

最近になって夫にその話をしたら、「北の国からみたいだね。」と言われて、「あ〜、なるほど。本当だわ。」と今更ながら関心したものです。

 

それで、今ほどに豪雨がなかったその頃も、大雨の後は必ず赤水になってしまいお風呂に入れませんでした。

 

飲み水はどうしていたのか覚えていませんが、当時ペットボトルの水などなかったので本当にどうしていたのでしょうか。

 

とにかく食べることに関しては困った記憶は全くありませんが、お風呂に入れなくて困った記憶だけはあるんです。

 

町の方に銭湯があったのでそこに行ったり、近所に親戚がいたのでお風呂を借りたりしました。

その親戚の家のお風呂といったら、当時は納得して入っていましたが、今考えると衛生面でちょっとヤバイお風呂でした。

 

お水を取り替えなくていいように、な、な、なんと水草を入れていたのです。

魚かい、って突っ込まれそう。

水の色は、うーん、なんというのでしょうか、茶色がかっているというか。

 

水草が汚れた水を綺麗にしてくれる効果があると聞かされていたので、「そうなんだ。」と信じて疑わなかったですね。

 

そんなお風呂に入ったことのある人、手あげて〜。

いたら教えて欲しいです。

 

その親戚の家は、伯父はきちんとお勤めをしていたので特別に貧しいというわけでもなかったと思うのですが、伯母なりの節約術だったのでしょう。

 

豪雨のあとの赤水も水草入りのお風呂も、今となっては貴重な経験です。

 

今回の台風も、本当に『当たり前の日常』に感謝して過ごしたいと思わずにいられない出来事です。

「当たり前」は忘れてしまいます。

だからこそ、感謝して過ごしたいです。

 

亡くなられた方々のご冥福をお祈りします。

また、被害にあわれた方々の、一日も早い復興を切に願います。

 

ねもこたん 

 

 

お風呂に水をためようとしたら赤水が出て焦った話

今日はちょっと遅めに起きて、起きてすぐの10時頃、お風呂にお水をためておこうと思い蛇口をひねってそのままにしておきました。

 

しばらくしてから見に行ってみると、な、な、なんと水が茶色いではありませんか!

 

タイトルには赤水と書きましたが、茶色く濁った水をなぜか赤水と呼ぶんですよね。

本当に赤かったわけではないですからね。

 

で、「あ〜、遅かったのねぇ。すごい雨だったからにごちゃったんだわぁ。」な〜んて自分なりの解釈で相当ショックを受けました。

もうね、しょうがないわ、と諦めましたよ。

 

本当だったら夕べのうちに済ませておけばよかったのだけど、息子とやりとりしたら、すごくすごく疲れてしまって眠くなってしまって、そんでもって精神衛生上、薬も飲んで寝てしまったのです。

 

なんていうのかな、こちらから聞いたことに対して答えをもらうのにそれはそれは大変なの。

はい、書けば一文で終わることです。

 

だけど説明するとそれはそれでまた大変で、おそらく経験したことのない人には想像つかないと思うの。

でも、わかってくれる人が一人でもいてくれるだけで私は十分。というか救いです。

 

幼稚園の時も、息子のこと私のことを多くの人にわかってもらおうなんて思わなかった。

一人、二人いてくれるだけで、それがどれだけ私の支えになったことか。

それがゼロだったら、私が幼稚園行けなかったかも。親が送迎するところでしたから。

ゼロと1は大違いなの。

 

話は戻って、夕べ、シャワーも入ってないわ水もためてないわで、もうしょうがないと思ったわけ。

 

でも、一応報告がてら水道局に電話したのです。

そうしたらね、なんでも言ってみるものだなぁと思いましたよ。

 

みんなが一斉に水を使って水の流れが変わったことと、停電(私は寝てたから知らなかったけど一時的にあったみたい)の影響もあったからで、しばらく流していれば元に戻ります、とのことでした。

 

確か、赤水は鉄分、ミネラル?が含んでいて飲んでも大丈夫は大丈夫だけど、お腹がゆるくなるかもとも言っていました。

 

大丈夫って言われても、茶色の水は飲む気はしなですよね。

あー、写真撮っておけばよかったなぁ。

 

それで、すでにそういう電話が結構かかってきていて、一応統計を取りたいので住所、名前、電話番号を教えて欲しいとのことだったので、そんなことならお安い御用、お教えしましょうと快く教えて差し上げました。

念の為言っておきますが、実際にそんなことは言ってませんからね。

 

電話を切ってすぐ、言われた通りもう一度ためてみたら、きれいないつもの水に戻りホッとしました。

 

お風呂、空のペットボトル、鍋に水をためまくり、先日沖縄の人の台風対策でやっていた、洗濯機にもため込みました。

f:id:nemokotan:20191012182204p:plain


無事にシャワーも入れました。

 

友人から教えてもらって、ご飯を炊いたり氷を作っておきました。

 

それからそれから、保冷剤を買えなくてどうしようかと思っていたら、テレビでペットボトルを凍らせて保冷剤の代わりにするといいと言っていたので、昨日と今日と作りました。どんだけペットボトルあるんだよって感じですよね。

その水は浄水器のお水を入れました。

 

お水を給水してもらう袋や簡易トイレなどは、もともと備えておきましたが、これから家の中を宝探ししないと行けません。

だってもう、買ったのは何年も前のことですから。ラジオも引っ張りださないと。

って遅いですよね。

 

ブログ書いてる場合じゃなかった。

 

皆さんのご無事を祈るばかりです。

もちろん自分もね。

 

ねもこたん 

 

スポンサーリンク 

 

 

 

息子よ、なぜこうなるの?

昨日は養生テープが買えなかったので、他の資材などを扱っているもっと大きなホームセンターへ行こうかと思い、でも、もしかしてないかもしれないから一応電話をして聞いたら、無いとの即答でした。

 

買い物も早めに行かないとダメなんですね。

 

家に残っていた分ではちょっと足りないかもしれないけど、ジタバタしても仕方ないから貼れるだけ貼ることにします。

 

 

さて、タイトルにした「息子よ、なぜこうなるの?」と思った高校生の息子の最近の出来事です。

男の子をもつお母さんは、「なんで?」ということが何かしらあるかと思います。

とりあえず写真を見て下さい。

学校の Yシャツの一部分の写真です。

20191011102531

 

ちょっと分かりづらいかもしれませんが、下の方に穴が開いています。

どこかに引っ掛けたのでしょうか?

結構ひどいです。

穴というより切れてますよね。

 

一体どうしたらこうなるのでしょうか?

想像ができません。

 

それと、上の方に墨汁が何滴も散りばめられています。

墨汁がついたのは、これを着て1回目か2回目でした。

もう、それはショックでしたよ。

高校生にもなってさぁ、なんでこうなるのよ〜。

 

でもね、こういうことはもう数え切れないぐらい起きているので、ショックの大きさは他のママさんに比べたら大したことないかもしれません。

 

 今回破れたYシャツが、墨汁アートのYシャツでよかったと、いいように考えます。

潔く処分できます。

 

昔のことを思い出しますが、息子が幼稚園の頃、スモックのポケットに魚の骨が入っていたことがあって驚いたことがあります。

石ころや木の枝はよくあったけど、魚の骨は意表を突かれましたね。

だんご虫じゃなくてよかったかな。

 

息子の幼稚園は給食だったので、魚も出るんだなぁと思いました。

その骨をまるで化石か何かのように宝物みたいにポケットにしまったのでしょう。

ちょっと笑えました。

 

小さい頃から、御節料理に入っていたアワビの貝を大切にしていたり、カニの爪を取っておこうとしていたので、魚の骨がポケットから出てきてもなんとなく納得でした。

 

息子は魚が大好物です。

息子に魚の食べ方を教えたことはないのですが、好きこそものの〜と言うように、サンマを出すと骨だけキレイに残して食べるんですよ。

下の絵の通り。

f:id:nemokotan:20191011105002p:plain

私は、魚があまり好きではないので、ちょっと見れない有様になりますけど。

 

いくら教えてもできないこともあれば、好きなことなら教えなくてもできることがあるんだなぁと思わせる出来事です。

 

あと、傘。

小学校の頃は、何度も壊されて何度買ったことか。

 

人間、ショックな出来事は記憶から消されるそうだけど、どんな風に壊れたか細かく思い出せません。

とにかく、先の方だったり傘の骨だったりが、おかしなことになって使い物にならなくなったということだけは覚えたいます。

 

車を運転中、小学生低学年の男の子が、傘を反対にして雨をためながら歩いているのを何度か見かけたことがあります。

 

常識的にモノを扱わない男の子を見てお母さん的には、「全く男の子ってのは。」と思いますが、ちょっと俯瞰してみると、想像力が豊かだったり感性が豊かだったりするのかもしれませんね。

 

ウチではこれまで、そして、いまだにありえないことが起こります。

息子が小さな頃のこと記録しておいたなら、今頃ネタに尽きることがなかったのではと思いますが、その時は毎日が精一杯でした。

 

最近になってようやく、少し振り返る余裕みたいのが出てきたのかも知れません。


 

 スポンサーリンク


 

 

 

経験をしたから自分ごとになった台風の備え〜みんな買い出しに走る〜

ねもこたんです。

 

本当は、昨日、台風に備えるための買い物などに行きたかったのですが、昨日はちょっと体調があんまりだったので今日のお昼過ぎに行ってきました。

 

何度も言いますけど、前回の台風の被害は本当に人ごとではなく、ちょっとの差で我が家も被害を受けていたかもしれないと思ったわけです。

 

www.nemokotan.com

 

www.nemokotan.com

 

 まずは、ガソリンスタンド。

午後1時頃でしたが、1、2台並びましたが渋滞してなくてホッとしました。

ですが、ひっきりなしに車がやってきていました。

 

それから、ちょっと車を走らせてオーケーという安い大型のスーパーへ行きました。

 

まず、そのオーケーと併設しているホームセンターに行き養生テープを買いに行ったところ、養生テープエリアの棚がすっからかんでビックリ。

 

念の為、店員さんに聞いてみたら「ないんです。」と、『申し訳なさそうな感』あんまりなしで、にこやかに「今頃来ても遅いのよ。」みたいな感じで言われました。

いやいや、そんなこと店員さんはこれっぽちも思っていなかったかもしませんけどね。

 

夫が倉庫にあるかもと言っていたし、ないものは仕方ないので諦めてスーパーへ向かいました。

 

それが、それが、、、

カップ麺も、水も菓子パンに至ってもすでに無かったんです。

 

時すでに遅し。。。

 

すでに災害後みたいな状況でした。

 

みんな、前回の台風で怖い経験をしたからでしょう。

 

いっくらテレビで事前に報道していても、遠いところで起きた出来事であったならあまり実感としてないでしょう。

前回の台風の時だって、テレビで「すごいのがくるくる。」って言ってました、確かに。

 

でも、経験がないからどんなに言われても、なんか、どこか人ごとだったんですよね。

 

 ですが、実際に経験をし、割と近いところですごい災害にあい、少しずれていればウチもだったとみんな思ったのでしょうね、きっと。

それで、今回くる台風はまさに自分ごとになったんですね。

 

で、話は戻りまして、今日の午後イチでスーパーはそんな状況ということは、おそらく昨日あたりからみんな買いに走ったのではないかと思われます。

 

カップ麺はというと、全くないわけではなく、残っているのは辛い系かチーズ味みたいのだけ。

辛いのなんて、水の貴重な時にのど乾くし家族みんなが食べれるとは限らないし買えませんよ。

 

チーズ味のラーメンてどんなのよ。

かなり冒険よね〜。

 

残されたカップ麺は、ほんとそれだけ。

 

なので私はインスタントラーメンを買いました。

インスタントは食べれそうなのがまだ残っていました。

 

お水においては気配さえない。

どこかの先輩おばさんが、店員さんに一応聞いていましたが「今日はもうないんです。」みたいなこと言ってました。

 

私はたまたま先日箱買いしたので、とりあえず家に5本ぐらいはあるからそんなに慌てずです。

水は諦めて、2リットルのお茶を2本買いました。これはいつも通りかな。

 

あとレトルトカレー

レストラン仕様のものが欲しくて、半ば諦めモードで売り場を見てみたら、こちらは意外にもまだまだ残っていました。

あっ、レストラン仕様ってのは、あの4袋で300円前後のお手頃で美味しいのですよ。

高級っていう意味ではありません。

 

それから、パスタ麺とパスタのもとを少々、缶詰少々を買いました。

 

レジで前に並んでた人が、500mlの麦茶を1箱カートに乗せているのを見て、麦茶でもよかったなぁと、その時思いましたがカートはもう一杯だし、すごい並んで順番がもうすぐ来るから諦めました。

 

レジも混んでましたよ〜。

年末か、と思うぐらいに。

みんな、カートのカゴはいっぱだし、結構並びました。

トイレに行きたくならなくてよかったです。

 

それで、帰りにセブンイレブンに寄ったので、2リットルの水を2本だけ買い足しました。

ですが、レジの順番がきた時に近くに水が箱で売っているのに気づき、レジを打ってもらっている間中すんごい迷ったけど一旦はやめたんです。

 

帰ろうと車のエンジンをかけてバックまでしかかった時、「やっぱり、あの時買っておけばよかったなぁ〜、と後悔したらやだなぁ。」と思い直し、もう一度お店に行ってお水を一箱だけ買いました。

 

とりあえず、お水はひと安心です。

 

あとは窓の対策などです。

 

そうそう、先日の台風の備えの記事にコメントをいただきましたが、自治体のハザードマップを確認しておいた方がいいとのことです。

読むだけ元気お届け人さん(id:imakokowoikiruありがとうございました。 

 

皆さんも念のため確認してみて下さいね。

 

 

スポンサーリンク 

 

台風の備えを考えてみた

今朝、テレビで、また大型の強い勢力の台風が週末にやってくると知りました。

 

どういうわけか、多分みんな、自分だけは大丈夫だと思いますよね。

もれなく私もその一人です。

あっ、みんなではないかもしれませんね。

 

でも、結果として、これまでに経験のない災害が起きてしまったのだから、自分は大丈夫だろうと思うのはごく普通のことかもしれないと思うわけです。

経験がないわけですから。

 

しかし、ついこの間の千葉県に大きな被害をもたらした台風は、ちょっとずれていたら我が家も人ごとではなかったなぁと思っています。

 

ものスゴイ雨嵐で恐怖を経験し、本当に家崩壊の危機を感じて途中から寝れずに過ごしました。

 

www.nemokotan.com

 

今朝のテレビでは、「早め早めの対策を」などと言ってましたが、一体何をどうすればと思います。

あんなのが来たのでは、対策もへったくれもないですからね。

 

でも、まぁ落ち着きましょう。

 

土曜日までにできる最低限のことを考えてみましたよ。

 

 

停電に備えて

水などの飲料の買い置きをする。

カップ麺、レトルトカレーなどの非常食や缶詰などの保存食になりそうなものを買う。

明かりの確保

 ・懐中電灯、ランタンなど。それに使う電池。←これはオッケー。

カセットコンロ、ボンベを用意。←これもオッケー。

●前日、お風呂のお湯はためておく。

ガソリンを満タンにしておく。

 

 

強風に備えて

 ●シャッターのない窓に養生テープをバッテンに張る。

 

このテープは、大工さんから教えてもらいました。

塀などを塗装する時に塗料が付かないようにするために貼り、粘着料のベタベタもつきません。

ただ、ウチでは数時間しか使ったことがなく、1日とか2日とか長い間貼ったことがないのでその場合のベトベト加減はわかりません。

アマゾンより

 

ホームセンターで売ってると思います。

 

●テレビで言っていたブルーシートを買う。屋根が壊れた時用ですね。そうならないことを祈ります。

●当たり前ですが、外にある飛ばされそうな物はしまう。 

 

基本外出は避ける

 

あと、何かありますかね?

 

できる限りの備えはしておきたいですね。

 

 

スポンサーリンク 

 

 

ぼっち主婦の月曜日症候群

ねもこたん(nemokotan)です。

 

たいてい月曜日は、あんまり動けません。

 

何かのCMみたいに、体が重だる〜いし、脳みそが浮腫んでいるみたいな、なんか炎症を起こしているようなモヤがかかっているような感覚があって頭も全然まわりません。

気持ちも暗闇に沈み込んでしまいます。

 

考えてみると、土曜日のお出かけの疲れが2日後にどっと出ている可能性は十分にあるかと思います。

 

なぜかと言えば、旅行やディズニーランドに行った翌日は普通に動けて、『全然元気じゃん、私。』なんて思っていると2日後は見事にダウンですから。

 

歳をとると筋肉痛が遅れて出てくるとよく言うけど、まさにそれみたいに。

筋肉痛もバッチリ2日後ぐらいに出てきますよ。3日後ぐらいの時もあったかな。

なんで、なんで?と忘れた頃にね。

 

だから土曜日の疲れが月曜にどっと出てもおかしくないかなぁと。

f:id:nemokotan:20191008080732p:plain


 それと、もう一つ。

 

日曜日の夜に、「あー、明日からまた一人ぼっちだ。」って寂しくなっちゃうんです。

 

普段は、だ〜れとも会いませんから。

だ〜れとも会いません。

 

病院の先生か英会話の先生、店員さん以外話さないですね。

それか買い物中に先輩おばさんに話しかけられて、ちょこっと話すぐらいです。

 

そうかと言って、無理に誰かと会うのをやめたのは自分で納得済み。


www.nemokotan.com

 

でも、自分の楽しみのために一人でどこかへ行くのはイヤではないんですよ。

昔から。

 

それは気の合う誰かが一緒の方がより楽しいとは思いますけど、一人だと思い立ったらすぐに行けるのがいいんです。

 

私は目的というのか、自分のしたいことを優先したいから、一人だからやめようと言うことはあんまりしません。昔から。

 

でも、平日誰にも会わない、誰とも喋らないのはやっぱり寂しいです。

まぁ、それも随分元気になった証拠ですね。

 

オウムのようにオウム返ししかしない夫でも、まだ誰かのいる土日はいいんだなぁと思います。

ちなみに私は、夫のことを時々オウム呼ばわりします。

だって本当にオウム返しなんですから。

 

夫と会話はあまり成り立ちません。

それでも、いるだけまだいいのかもしれませんね (^^;

 

誰かのいる土日の落差が月曜に押し寄せてきて、メンタル的にもしょぼ〜んって無意識のうちになるのかどうかわかりませんが、とにかく、月曜日は体も頭もどよ〜んとして使い物にならないのです。

 

火曜日になった今日は8日、ヨーカドーハッピーデーに参戦しようかと元気モリモリです。

今までは自分の体調が、お店の安い時に合わせられなかったのですが、ぼちぼち元気になってきたので、増税対策もあるし気にしてお買い物してみようかと思います。

 

追記

投稿する時、カテゴリーに適応障害を加えるか迷いましたが付け加えておきたいと思います。

心身ともに病むストレス要因が、まだ完全に取っ払われたわけではありませんので。

一部の方だけにでもご理解いただけていることは、私にとりまして、とても励みになり救いになっています。

 

 

 スポンサーリンク