人生一度きり

発達障害の子を持つ母としての経験談。自分の鬱、適応障害の体験談をと思い始めましたが、最近ではその他日常で思ったことなどがメインです。1ミリでも前向きに生きてます。

花粉症の薬が2種類しかない耳鼻科の話

ねもこたんです。

 

昨日、花粉症の薬について書いたら、昔通っていた耳鼻科のことを思い出しました。

 

昔と言っても9年前までかな?息子が生まれてから8年ぐらい通った耳鼻科のお話です。通ったと言っても、花粉症の時期に薬だけもらいえればいいかなと思って行っていたんです。

 

その耳鼻科に行こうと思った決めては

まだ息子が小さかったので車で行けること、

空いていること、

何よりこの二つでした。

 

2、3台しか停められない駐車場はいつ行っても停められる保証があるぐらい空いているし、待合室はたいてい誰もいないか、いても1組(お子様連れなど)もしくは一人と言った具合でした。

 

駅前だというのに、どういうわけかいつも空いていました。

私が行くのはいつも平日の午前中だったので、それでかな?とも思ったけど、それにしても空いていました。

 

古いビルの1階にあり、どこか薄暗くてなんだか異次元の世界に迷い込んだ気分になるような待合室。

 

待っている間は、年配の看護師さんと楽しそうに世間話をする先生の声がいつも聞こえてきました。先生は50代後半から60代ぐらいに見える小太りの男性の先生でした。

 

失礼ながら、本当に医師免許お持ちですか?と疑いたくなるような雰囲気。

雰囲気で決めるのは良くないけど。

そういえば、医師免許の賞状みたいのは見たことがなかったような。

昔の先生だからかな?

 

まぁ、でも、私としてはとにかく花粉症の薬がもらえればいいので、そんなに腕利きだとかは望んでいませんでした。

小さな子を連れて待たないってのは本当に助かるんです。

 

で、ここからが本題ですが、その耳鼻科では花粉症の薬が2種類だけなんです。

私はずっとそういうものかと思っていました。

f:id:nemokotan:20200220083328p:plain


 

ある時、美容院でこのことを話したら「へー!2択しかないんだね?!」と驚かれて、その時初めて『えっ?花粉症の薬って何種類かあるの?』と思ったんです。

 

で、まずね、今では市販されるようになったアレ〜グラ(アレグラ)を処方されます。それで効かないようならまた来てくださいという流れになり、昨日も書いたステロイド入りのセレスタミンを出してくれます。セレスタミンは神です。

 

確か、2年目からは最初から両方出してもらっていたと思います。

 

薬剤師さんの説明では、アレグラでアレルギー症状を抑えるのでセレスタミンと両方飲んで下さいとのことでした。

 

が、薬って出来るだけ飲みたくないですよね。

セレスタミンだけ飲んでいれば、花粉症を忘れるほど楽になることを知った私は、セレスタミンだけを飲んでいたんです。

 

だいたい服薬期間は1ヶ月ぐらいだったでしょうか?

調べると、強い薬なので長期間は飲めないとありましたけど、1ヶ月が長期間なのかわかりませんが、一応医師が出してくれているのだからいいのだろうと思って飲んでいました。

 

でもですよ、今の耳鼻科は1ヶ月分のアレルギーの薬を出してくれますが、セレスタミンは頓服として10錠しか出してくれてなかったんです。先生の口癖は、「良く効く薬ほど体に良くないからね。」です。他の患者さんにも言っているのが時々聞こえてくるんです。

 

患者想いのいい先生なんだなと思います。

 

でも、重症な私としては、花粉症の1ヶ月くらいは飲ませてちょーだいって思いますけど。

 

まぁ、いずれにせよ、高血圧になった今ではセレスタミンは飲めなくなりました。

チーン(T ^ T)

その代わりにゼスラン錠を頓服で処方してもらいました。

1回飲みましたが効きました。

 

www.nemokotan.com

 

 

このセレスタミンについて、もう一つ話したい事があります。

 

前置きがまた長くなるので、経緯ははしょりますけど、大人になってから時々会社帰りに耳鼻科に行っていた事があるんですね。その時は慢性鼻炎だと思っていて。その時の症状は大したことはありませんでした。

 

でも、なんとなく行っていたんです。

鼻をシュッシュとしてもらい、ネブライザー?って言うんでしたか、鼻に自分で管みたいのをあてて霧状の薬がそこから出てくるのですが、それをして何となく気休めに行っていたんです。

 

それなのに、それなのに、毎度1ヶ月分の薬をくれるんですが、それがそのセレスタミンだったんですよ。

その頃の私の鼻炎は全然、薬に頼るほどのことではなかったのでもらった薬には一切手をつけませんでした。

 

それが良かったと今では本当に思っています。

あれ、真面目な人だったらずっと飲んじゃったのではないでしょうか?

 

それとも、耳鼻科の方針として、その当時はそういうものだったのでしょうか?

わかりませんけど、むやみに飲まなくて本当に良かったと思うのと同時に、怖いな〜と思ってしまいます。

 

ちなみに、余談の余談ですが、今の耳鼻科でアレロックをもらう前はタリオんをもらっていました。

 

今の耳鼻科のように、自分の症状に合った薬を処方してもらえるお医者さんがいいですね。 

 

おまけ

ワセリンを鼻の穴の周りに塗るといいと聞きますけど、私は去年から試していますが、本当にいいですよ。花粉をブロックしてくれている感じがとてもします。これのおかげで、去年セレスタミンを使いきらずに過ごせたのではと思ってしまうぐらい。軽症の人ならワセリンとマスクでしのげるのではないかと思いますが、どうだろう?

重症の人は試してみる価値ありだと思います。 

ちなみに、私は1日4回ぐらい塗ります。

 

スポンサーリンク 

 

 

花粉症の薬について〜高血圧の人が注意すること〜

ねもこたんです。

お久しぶりですが、シレっと登場します。

 

今年もまた辛い花粉症の季節がやってまいりました。

 

私は4、5日前より少し症状が出始めたので、去年の夏にもらってあったアレロックという薬を飲んで過ごしていました。

 

 

www.nemokotan.com

 


私は毎年、アレロックという抗アレルギー薬の中でも一番強いと言われている薬(ねもこたん調べ)と、ステロイド入りのセレスタミンという薬を頓服でもらっていました。飲み薬の他に点鼻薬と目薬をもらいます。

このセットがないと、この時期生活に支障をきたします。

 

おそらく、一日中、鼻と目をかくことに忙しく、そして鼻をかむことに追われて何にも手につかなくなるでしょう。

 

で、症状がひどくなる時は、大抵夜で、かゆみと鼻水が止まらなくなり、そんな時はセレスタミンのお世話になります。このセレスタミンは効き目が抜群です。ほぼ、すぐ治ります。

 

飲まないとどうなるかって?

一晩中、鼻を横側からクチュクチュと手のひらでかいて、鼻をかんではの繰り返しで寝られたもんじゃありません。

f:id:nemokotan:20200219110015p:plain


 

いつだったか、この時期ホテルに泊まったことがあったのですが、空調のホコリでやられてしまったのか、夜1、2時間寝た後に深夜12時頃に鼻の痒さで起きてしまい、結局それから寝られずに朝まで鼻をかみ続けて、部屋にあったティッシュを全部使い切ってしまったということがありました。

 

ホテルの人に「ティッシュがなくなったので下さい。」とはさすがに言えずに、朝一で近くのコンビニへ箱のティッシュを買いに走りました。

 

この時は、夜中にアレロックを追加して飲んでみましたが全然効果なしでした。(絶対にマネはしないで下さい。)で、残念なことにセレスタミンはもち合わせていませんでした。

 

まぁ、とにかく私の花粉症は重症だということです。この時の原因は、おそらくホコリに違いないのですけど、とにかく花粉症の時期は重症になるということです。

 

話は戻りまして、おとといぐらいまでは花粉症の症状としてはそれほど重症ではなかったのですが、掃除が引き金となり重症化してしまいました。

 

その掃除とは、引っ越してきてから、◯年間、な、な、なんと拭いたことのないブラインドの拭き掃除をしたのです。

ホコリの中には猫の毛も混じっています。

 

せめて最初に掃除機でもかければ良かったのでしょうけど、掃除用のモコモコ手袋を早く使ってみたくて、いきなり拭き掃除をしてしまったのです。

 

しかも、主に目線の高さのところを拭きました。

 

湿らせた掃除用のモコモコ手袋でブラインドをそっと撫でると、太陽の光にホコリが反射してフワ〜っと舞い上がるのが見えます。

 

ホコリが凄すぎて、真ん中ら辺を何本か拭いてやめにしました。

はい、続きはまた今度。一気にはムリな話です。

 

しかもね、私はこういうのがやりたくないからブラインドは反対したのですよ。

「ブラインドがつけたいなら、掃除は自分(夫)でやってね。」って言ったのに夫は一度もしたことがないんです。

 

そもそも、これは夫の仕事なんです。

掃除用の手袋も、本当は夫に買ってあげたんです。

 

なのにやってしまった自分(T ^ T)

自分でつくった、こういう変な矛盾はいけませんね。

モヤモヤを生み出してしまいます。

 

はい、話を戻しますと、このホコリだらけの掃除をしたせいで、私はこの後いつもの花粉症の時期のアレルギー症状が酷く出たわけであります。

 

夜寝る前にアレロックを飲んでもダメ。

で、去年大切に飲んでいたセレスタミンが残っていたので、夜中に飲みました。

 

すると、鼻はおさまれど、今度は胸?心臓?のあたりがちょっと詰まるような苦しいような変な感じが続いて、結局そのせいでしばらく寝れませんでした。

 

もしや、これはセレスタミンがいけなかったのでは?と不安になりましたが時すでに遅しです。飲んでしまったものは仕方ない。

 

でも幸い酷くはなりませんでした。

 

 その翌日の昨日、今年は早めに耳鼻科に行こうと思い行ってきました。

 

先生は、毎年服薬している薬を確認します。

私は、今年は高血圧の薬がめでたく加わったので報告しました。

 

その後、いつも頓服で10錠しかもらえないセレスタミンを、もう少し多めに出して欲しいと思っていたので先生にお願いしかけたところで、高血圧の人は飲めないと言われてしまいました。脳梗塞とかを引き起こすことがあるそうです。

確か、糖尿病の人もセレスタミンは飲めないそうです。

 

先生曰く、「花粉症で死んだ人はいないからね〜。」とのことでした。

つまり、花粉症の方を我慢しなさいというわけです。

 

『ウワァ〜。ウワァ〜。そ、そ、そんな〜。ゲゲ〜。ゲゲ〜。』

私は海の底に沈みかけそうになりました。

 

我に返って、私の酷い時の症状がどれだけ辛いかを説明し、どうにかして代わりになる薬を出してもらえないか、ダメ元で先生にお願いしました。

 

なんでも言ってみるものです。

代わりの頓服を出してもらえましたよ。

 

ゆうべ、早速、追加で飲みました。

 

私は一応、高血圧の薬を飲んでいますが、自分が高血圧だという自覚があまりないのです。それで、また余談になりますけど、去年の夏にマッサージに行ったら心臓の辺りが変になったり、数日間、血圧が上がってしまい具合が悪くなってしまうというおマヌケなことをしでかしてしまいました。その時は、血圧の薬をやめていました。なんせ自覚がありませんから。

 

自覚がないというのが一番困ることですね。

 

www.nemokotan.com

 

 

www.nemokotan.com

 

 

貧血の時もそうでした。

 

タイトルに「高血圧の人が注意すること」としましたが、高血圧の薬を飲んでいるほとんどの人は、薬の飲みあわせを気にしてきっと注意するのでしょう。

 

注意するのは、あーた(私)でした。

スミマセンでした。

 

 

  スポンサーリンク

 

  

気力がなかった私がどうして元気になれたのかを振り返ってみた〜意識の力は本当にあるのかもしれない〜

ねもこたんです。

 

私は以前、適応障害と診断され時々うつ症状になり、でも時々は元気な時があるとういう体調の波を繰り返しながら、もう何年も過ごしてきました。

 

それに加えて、月経過多による貧血もあったので活動できる時間がほとんどなかったと言っても過言ではありません。

 

 

貧血だったとき

いつもヘモグロビンの数値は8台でした。

血液検査の結果が出ると鉄剤をもらっては飲んでの繰り返しで、どうにかしのいでいました。

 

ところが、月経過多はひどくなるばかり。

本当なら婦人科へ行かなけれらばいけないのはわかっていましたけど、つい先延ばしにしていました。

 

心療内科の先生は、私が貧血であることと健康診断を受けていないことを知っていたので、時々、血液検査をして下さいました。

 

3年ぐらい前のことだったでしょうか?

その血液検査で、ついにヘモグロビン7.4という数値をたたき出してしまいました。

(本当は8台でも深刻に思わないといけません。)

 

採血結果を私に報告する先生の驚きの表情の中に、とても心配してくれているのがよくわかりました。

 

私自身もさすがにビックリしたのと、先生の驚いた様子を見て、翌日婦人科に行くことにしました。

 

婦人科では子宮筋繊維症であろうと言われ、その薬と鉄剤をもらって飲むことになったわけですが、1ヶ月もするとヘモグロビンの値は正常値に戻り貧血症状は改善されていきました。

 

月経過多のために生活を随分と制限されてきたし、生理の前後も体調がすごく落ちることもあり、1ヶ月の中の活動日数は1週間もあればいい方だったと思います。

 

なので、こんなことならば、もっと早くに婦人科に行けば良かったと心底思いました。

 

www.nemokotan.com

 

 

貧血が改善されたのに

 貧血が改善されたわけですから、以前と比べてだいぶ体が動けるようになってきたという実感はありました。実際に動ける日は増えたように思います。

 ですが、どうにもこうにも気力がない日が続くのでした。

 

どうしてだろう?

貧血が治ったというのに?

私の気力はどこへ行ってしまったのだろう?

何か脳の誤作動に違いない。

 

なんてことを思いながら、毎日寝てばかりの自分がイヤでした。

 

心療内科で「やる気の出る薬」なんてのをもらって飲んでもみたりしましたが、その効果は2ヶ月ほど。

 

以前のような「落ち込み」などはなくなったのですが、とにかく全く「気力」がわかなくて本当に毎日寝てばかり。

「こんな時は無理をしなくていいよ。」と自分をいたわる反面、そんな自分がやっぱりイヤでした。『もどかしい』といった方がいいかもしれません。

 

そんな中、一昨年の11月頃だったかと思います。

子供の頃よくやっていた花札の「こいこい」を急にやりたくなり、夫に相手をしてもらうようになります。

 

あの映画「サマーウォーズ」に出てくる「こいこい」です。

トランプなどもそうですが、「こいこい」も地域ルールや家族ルールなどがあるかと思います。

 

 

 

こうして元気になっていった

それが、なんと毎日するようになったのです。

去年の春頃まで、ほぼ毎日やっていました。

 

全く気力がない中でも花札だけは楽しくすることができたのです。

逆に言うと、花札以外のことをする気力は起きませんでした。

それでも最小限の家事はしていましたけど。

 

毎日花札をすることで多少なりとも脳が刺激されたのでしょうか。

「良くなりたい。元気になりたい。動けるようになりたい。」という気持ちが、だんだんと強くなっていきました。

 

そんな時に寝ながらユーチューブを見ていると、斎藤一人さんの動画に出会います。

講演を録音したものです。

聴きあさりました。

 

そのほかにも、前向きになれるような動画ばかりを見たり聴いたりしていました。

ミニマリスト、スピリチュアル。

気分を上げるためにも、飛びますけど私の好きなオカルト、ミステリー系。そう!自分の好きなことも大切です。

 

で、こうなりたいとイメージしながら、そして、いい意味で自分を洗脳しながら聴き入りました。オカルト、ミステリーはおいといて。

 

とにかく普通に動けるようになりたい。

欲を言えば、毎日ハッピーに暮らしたい。

 

そんな思いが強かったと思います。

 

するとです。ほんのほんの少しずつではありますが元気になっていくではありませんか。

なぜだかわからないけど元気になっていきました。と、その時はそう思いました。

 

でも振り返ると、「元気になりたい。」と言う「意識」が本当に元気にさせてくれたのだと思わずにはいられないのです。

 

あっ、でも、ここでちょっと付け加えておきたいのですが、家庭内のストレスがこのタイミングでかなり減ったことも確かです。なので、ちょうどそういことと重なったということもあるかもしれないので、全部が私の意識が変えたとは言い切れない部分もあります。

 

でも、ユーチューブを通して斎藤一人さん、ほかのスピリチュアルリストの方達などの力をお借りしながら、自分の「意識」を前へ前へと持っていったことで元気になっていったのではないかと思うのです。

 

今ではスピリチュアルリストが「意識」のことについて多く語っていますけど、私が「意識」の力を実際に感じた出来事でした。

 

最後までお読みいただきまして、ありがとうございました。

 

 

 スポンサーリンク

  

 

物件選びは「お空事情」と「平日の町模様」に気をつけて

ねもこたんです。

 

テレビを見ていたら、羽田空港の新しい航路のテスト飛行が行われたとのことで、騒音のことなどが取り上げられていました。

 

都内の閑静な住宅街に突如、降って湧いたニュース、騒音問題、住民の方たちのお気持ちを思うとなんともやりきれません。

 

というのも、私は以前、航路の真下になるところに住んでいたことがあるからです。

 

それは結婚して初めて住んだマンションでした。

会社と契約している物件を借りれば補助がでるということで、その中からいくつかの物件を見て回りました。

 

当時は私も平日は働いていたので物件探しは土日になりました。

 

住むところになった決め手と言えば、当然覚えていません。ズコッ。なんせ20年も前のことですからƪ(˘⌣˘)ʃ  

お許しください。

多分、駅から徒歩圏内で日当たりが良かったのだと思います。

 

2人暮らしには勿体無いぐらいの広さはありましたし、日当たりも申し分なかったのは確かです。

 

お空事情

ところがです。

住んでみてわかったことなんですが、なんと、ちょうどそのマンションのほぼ上空を飛行機が飛んでいるではありませんか!

 

f:id:nemokotan:20200205123414p:plain

羽田空港から離陸したのか、これから着陸するのかわかりませんけど、高度を低めに飛ぶので、窓を開けてテレビを見ていると騒音でテレビの音がかき消されてしまうぐらいでした。

 

窓を閉めてしまえばそれほど気にならなかったと思います。

とにかく、窓を開けっぱなしでテレビが見れなかったことは覚えています。

 

これは想定外の出来事でした。

 

平日の町模様

結婚するにあたり、私の本意ではなかったのですけど私は会社を辞めました。なので、しばらくは専業主婦をして平日は家にいました。

 

するとですよ、今度は匂い問題です。

物件を見て回ったのは土日でしたから、平日の様子は分かりませんでした。

盲点でした。

 

なんと、近所に佃煮のようなものを作る工場があったのです。

はっきり調べたわけではないので、ぼんやりとした表現になってしまいますが、あれは佃煮の匂いに違いありません。

 

小魚や海苔などが大量に蒸されたような匂いがしました。

佃煮なら煮ているのでしょうけど、その湯気の匂いがするんです。

 

佃煮は嫌いではありませんけど、その工場から出される匂いったらなんとも言えない匂いでした。

毎日、不快でした。

 

この時は仮の住まいでしたし、夫の転勤のため長く住むこともなかったのが幸いでした。

 

もし、こういうことを知らずに家やマンションなどを購入してしまったら、それはもうショックだと思いました。

まぁ、そういう場合はもっと念入りに調べるでしょうから事前にわかったかもしれませんけど。

 

私が、物件選びで失敗したことをもとに、誰かの参考に少しでもなれば幸いです。

 

最後までお読みいただきましてありがとうございました。

 

 

スポンサーリンク
 
 
 

「鬼は〜外〜」が全然聞こえない節分と、近所のドラッグストアでマスクの入荷を聞いてみたこと

ねもこたんです。

 

昨日は節分でした。

今の家に引っ越してもうすぐ10年になりますが、そう言えば、節分の日に「鬼は〜外〜。」と一度も聞こえてきたことがありません。

 

我が家は住宅地にあり、周りにはアパートが3件あります。

子供の声もちらほら聞こえます。

 

ウチには高校生の息子がいますが、ご近所さんのご家庭には、だいたい息子の年前後のお子さんがいます。それなのに、「鬼は〜外〜。」と一度も聞こえてきたことがないんですよね。

 

私が子供の頃は、家の中から外に向かって父親が大声で「鬼は〜外〜、福は〜うち〜。」と言いながら豆まきをしていたものです。

 

みんな豆まきしているのかな?

我が家は子供が高校生になった今でも豆まきをしています。

 

とここまで書いたところで、

そう言えばウチの夫は随分と控えめな声で豆まきをしているので、もしかしてご近所には聞こえていないかもと思いました。

 

もしかして、もしかして、他のお宅も控えめな声で豆まきをされているのかもしれませんね。もしくは、室内でしているのでしょうか。

 

腹の底から声を出して「鬼は〜外〜。」って外に向かって言わないと、鬼は逃げていかないかもと思うのですけど。

 

f:id:nemokotan:20200204080824p:plain

節分の日は、男の人の力強い「鬼は〜外〜。」があちこちで聞こえたきたらいいのになぁと思います。

 

 

マスクの入荷のこと

昨日、スーパーのついでに隣にあるドラッグストアにマスクを見に立ち寄ってみました。

 

マスクコーナーは、案の定スッカラカンでした。

他に買うものがあったのでレジで店員さんに聞いてみたところ、不定期に入荷されるけど入ってきたとしても片手(5個)ぐらいとのことでした。

そして、マスクを求めてお客さんが開店待ちをしているそうです。

 

ウチにはまだしばらくは使えるぐらいのマスクがあるので今はまだいいのですが、今後も買えないとなると困ってしまいます。

 

花粉症も出始めてきたし。

流行が深刻化するのはこれからだと思います。

 

満員電車に乗らなければならない夫のことを思うと、ウチにいるだけの私が使うのはどうにもこうにも、もったいないと思ってしまいます。

 

早く入荷することを願うばかりです。

が、作っているのはほとんど中国なんですよね。

 

 

お読みいただきまして、ありがとうございました。

 

 

  スポンサーリンク

 

 

 

親心で始めた恵方巻で親心を知る

ねもこたんです。

 

今日は節分ですね。

皆さんは恵方巻をいただきますか?もし、いただくとしたら、いつ頃から始めましたか?

 

私は12年ぐらい前の息子が幼稚園の年少(4歳)の時から、節分に恵方巻を取り入れました。

 

節分には恵方巻を食べましょう、とスーパーに並び始めたのはいつ頃のことか覚えていませんけど、意識をし出したのはその頃からです。

 

節分が迫るとスーパーに恵方巻が並び始めたのを見て、「う〜ん、そんな習慣が西の方にはあるのか?でも、そんなの今まで聞いたことないし、我が家にはそんな習慣なかったしな〜。」と最初はこんな風に思って買うつもりは全然ありませんでした。

 

ところがです。悩み始めます。

幼稚園に通う息子のことを思うわけです。

もし、幼稚園で「恵方巻食べた?」な〜んてやりとりがあった時に息子が話に入れないと可哀想だなぁ、とガラにもなく思いました。

 

よくよく考えれば、息子は幼稚園でお友達とおしゃべりできるようなタイプではないのに。まぁでも、お友達の会話を聞いているだけにしても、「何それ?」なんて本人にとって取り残されたような気持ちになったらかわいそうかな、と思うわけです。

 

念のため言っておきますけど、みんながどうだからということはこの時ぐらいです。

例えばゲームなどの持ち物だとか、習い事だとか、みんなが持っているからとかやっているからという理由でするのは好きではありません。

 

ですが、恵方巻は慣習になるかならないかとしているようなことでしたから、そこで悩んだのだと思います。

当日まで本当に悩んで悩んで、幼稚園に通う息子のことを思い、結局買うことにしました。

 

我が家はその時から、節分に恵方巻を取り入れました。

 

幼稚園での様子はどうだったかは知る由もありませんが、

イベント大好きな息子は、毎年恵方巻を楽しみにしているようです。「ようです。」というのは、基本的に息子と会話がないので「ようです。」となります。

f:id:nemokotan:20200203071108p:plain


 

この件で、クリスマスのことを思いました。

アラフィフの私たちの多くの母親世代には、クリスマスの習慣はありませんでしたよね。

 

いつから日本でクリスマスのイベントが始まったのかは分かりませんが、母も同じように子供のことを思い、これまでなかった習慣だけど周りがしているからとクリスマスのイベントを取り入れてくれたのだろうと思うようになりました。

 

サンタさんからのプレゼントが届き、クリスマスイブにはチキンとケーキをいただきました。

クリスマスの習慣がなく育った母の感覚としては、とにかくチキンとケーキがあればいいのだろうということだったのでしょうか。

子供の頃のクリスマスイブの夕飯は、白いご飯にチキンとケーキでした。

 

母にしてみれば、とりあえずクリスマスしましたよ、といったところだったのでしょう。

 

それ以降、すっかりクリスマスがビッグイベントになったことは言うまでもありません。

 

節分に恵方巻もすっかり定着しました。

 

そうそう!ハロウィンもですね。

ハロウィンは息子が幼稚園の頃はまだそれほどでもなかったんです。

ここ数年ですよね。

 

今日は、せっせと恵方巻を買いに走りたいと思います。

 

 

  スポンサーリンク

 

 

わたしたち、検見川神社に呼ばれたみたいです

ねもこたんです。

 

いつも私の拙いブログにお付き合いくださり、ありがとうございます。

そして、昨日はあたたかく、ご丁寧なコメントを下さった方、本当にありがとうございます。そのあたたかいお言葉が胸にしみました。

 

で、私、昨日は「カシウム」のことを「カシウム」と書いていたことに夜になって気づきまして、は、は、恥ずかしい〜〜〜

(T ^ T)

「カリシウム」と書いていてなんとなく違和感があったんですよね。

 

書くと言う行為は、頭の中で話すということなのだと思うのですが、書きながら、なんだか言いにくかったのです。「シウム」が違うのかなぁ、なんて思ってみたり。カタカナにスムーズに変換されないし、なんか変だなぁと思ってみたり。

 

そして、ブクマのコメントを下さった方が、私に合わせ「カリシウム」と書いてくれていて本当にお優しい方なんだなぁと思いました。

 

昨日は北風が身にしみましたが、何人かの方からの本当に心あたたまるコメントを頂戴しまして、心がポッカポカになりました。

本当にありがとうございました。

 

 

検見川神社へ行きました

 

検見川神社のほかにも行きたい神社がいくつかありました。

全部千葉県にあります。

 

香取神宮

千葉神社

菊田神社

 

迷った結果、今回2度目となる検見川神社に行きました。

 

www.nemokotan.com

 

直感で決めました。

 

今回も車で行ったのですが、神社の目の前に踏切があり、踏切まちをしている時にすぐ横に駐車場があることに気付きました。

おそらくですが、臨時駐車場のようにも見えましたが、ちょっと定かではありません。

 

そこに車を停めれば、鳥居をくぐって神社の正面から行くことができます。

前回は、その踏切を渡った先の駐車場に停めたので裏手から行くことになってしまいました。

ハンドルを切りまくって(夫がですけど)いそいそと臨時駐車場らしき所に車を停めることにしました。臨時でなかったらごめんなさい。

 

そこから歩いてすぐです。1分もあれば鳥居に到着です。

f:id:nemokotan:20200202075536j:plain

 

真ん中の「八方除」の提灯にご注目下さい。 

そうなんです!

こちらの神社は八方除で有名な神社なんです。(前回行った時に初めて知りました。

 

神社の説明が書かれた看板の写真を撮ったつもりが、なぜかないんです。

あれ?この写真がそう思って撮ったものかな?←テキトー

f:id:nemokotan:20200202080401j:plain

 

まあ、本気で行きたいと思ったらグーグル様で検索しまくるでしょうから、詳しい情報はそちらにお任せしたいと思います。←投げやり〜 

 

でですよ、

またまた肝心の看板の写真を撮っていないのですけど、八方除けの年回りの看板を眺めていた夫が、今年は夫も私もその年回りに当たるようだと言ってきたのです。

 

私は「えー!そんなの聞いたことないよぉ〜。」と言いながら、その看板を見に行くと、八方塞がりの他に「衰運」だとか「裏鬼門」だとかがあって、その年に当たる人はご祈祷をしておくといいですよ〜といった看板でした。

 

そう!ここは八方除けを得意?とする専門?の神社だったのです。

これを知ったからには、せっかくなのでご祈祷をしてもらいましょう、と私は即決でした。

うがった見方をすれば、神社の儲けでしょ。な〜んて思う人もいるでしょう。

 

もう、これは呼ばれたわ〜!検見川神社に呼ばれたんだわ〜!と思いましたよ。

 

ついてる!ついてる〜!

 

てなわけで、テンション上げ上げで 

 鳥居をくぐってこの階段を上がって行きます。

心臓破りの階段ではないのが大変ありがたいです。

この辺りから、すでに神聖な気持ちになります。

f:id:nemokotan:20200202081638j:plain

 

 

まずは、 お清めをしましょう。

f:id:nemokotan:20200202082203j:plain

左の人が私、右の人が夫。

 

 

ではありません。

 

f:id:nemokotan:20200202082102j:plain

 

まずは右端の屋根だけが写っているところで御朱印をお願いして、番号札をもらいます。

 

そして、お参りをしました。

日本の平和と安寧をお祈りしました。←皇族方ですか?

 

それから、ご祈祷の申し込みをしました。 

1月は申し込み用紙に書くようにと言われましたが、昨日は2月でした。

1月、2月はということでしょうか?

 

書いて受付の所に持って行くと、「下の表のお願い事から2つ選んで下さい。」と言われました。八方除けにプラスして、なんと2つもお願い事をできるなんて!

 

でね、そのお願い事たるや2行にわたってびっしりと書かれているではありませんか!

例えば、家内安全、心願成就、とかってあるでしょう?もう数えきれないぐらいあります。

そして、もちろん覚えてもいられません。(ホームページに出ているので、これからご祈祷される方は事前に選んでみてくださいね。)

 

そんなにたくさんの中から選ぶようにと、急にそんなことを言われても焦ります。

私たちがあたふたしていると、受付の方が「例えば健康とか、仕事とか。」と優しく教えて下さいました。

 

正直、私は『お願い事一覧』に全部目を通しきれませんでしたが、健康を願う「身体健全」と「家内安全」を、夫も「身体健全」は同じでもう一つは仕事運の「職務成就」をお願いしました。

 

自分たちのお願いをした「身体健全」「職務成就」という言葉をここに書けるのは、頂いたお札に書いてあるからです。「家内安全」はよく聞くので覚えていられましたけど。

 

待合室に案内していただくと、ほぼ満室でした。

隅っこの方に空いていた所に腰をおろし、しばらくすると巫女さんがお茶と干菓子を持ってきて下さいました。

f:id:nemokotan:20200202101822j:plain

こういうの、嬉しいですよね。

夫は、カリカリとかじって「ラムネだ!」と言っていました。

なわけないでしょ〜よ〜。

ったく男の人ってのは。(ウチの夫だけかもしれないのに、ひっくるめてスミマセン。)

 

お茶を飲んだのでトイレが心配な中高年であります。

ちょっと経ってから念のためお手洗いに行っておきました。

戻ってくると、全員が廊下に並んでいて白い羽織を羽織っているところでした。

ちょうどいいタイミングでした。

 

いよいよご祈祷です。

その前に、両手を巫女さんにお水で清めていただきます。

 

お部屋には、う〜ん、何人ぐらいの人たちがいたでしょうか?

30人はいたと思います。

 

ご祈祷されたことのある方はご存知かと思いますが、それぞれの住所、氏名、お願い事を神主さんが読み上げます。

今回は、県外の方はお一人いたようですが、県内でも遠くから来ている人も結構いましたよ。

 

祝詞をあげていただくのは、(表現あってますか?)とても身の引き締まる思いになりますし、とても神聖な気持ちになります。

急遽、ご祈祷をしていただくことになりましたが、呼ばれただけあって、スッとした気持ちになりました。

 

いい1年の始まりです!

 

 御朱印 

検見川神社では、月ごとに御朱印が変わります。

他に通常版が2種類あります。

御朱印料300円です。

f:id:nemokotan:20200202105834j:plain


そして、こちらもせっかくなのでお願いしました。

自分で御朱印帳に貼るタイプだそうです。

こちらは800円です。

f:id:nemokotan:20200202110444j:plain

 

 

ほいで、ご朱印料を千円以上お納めすると、こんなおまけをもらえるとのことでした。

木でできています。 

f:id:nemokotan:20200202111114j:plain

f:id:nemokotan:20200202111217j:plain

裏側は、お願い事を書けるようになっていました。

どんだけ願い事すんねん。と突っ込んでみましたが、関西弁が間違えていたらごめんなさい。

 

 

ご祈祷をして、いただいたお品

f:id:nemokotan:20200202112108j:plain

 

f:id:nemokotan:20200202112256j:plain

 

中は

f:id:nemokotan:20200202112426j:plain

f:id:nemokotan:20200202112450j:plain

 

この他に、「お札」はもちろんですが、「お箸」、「八方除けのお守り」、「お清め用の土(御神土)」もいただきました。

 

最後に 

私は、特にここ検見川神社の雰囲気が好きです。

全体的にいい気を感じます。

こういうのは個人個人で違うようなので、きっと自分に合っているのだと思います。

 

受付の方たちも、とても丁寧であったかい感じの方ばかりです。って、まだ2回しか行ってませんけどね。

 

自宅から、わりと近い所にあるので、今年は何回かお参りに行けたらいいなと思います。

 
本日もお付き合いいただきまして、ありがとうございました。