人生一度きり

発達障害の子を持つ母としての経験談。自分の鬱、適応障害の体験談をと思い始めましたが、最近ではその他日常で思ったことなどがメインです。1ミリでも前向きに生きてます。

意識と無我夢中

意識は絶えず揺らいでいる。

 

近くの過去に行ったり、遠くの未来に行ったり、

近くの未来に行ったり、遠くの過去に行ったり。

 

自分がすごく辛かった時は、過去にばかり行ってしまう意識を無理にでも今この瞬間にだけ向けてみた。

 

寝ている私のそばに来る猫を「可愛い」と思うことを味わう。

その感情だけにどっぷり浸る。

すると、「私にはこんなに可愛い猫がいてくれて幸せだなぁ。」という気持ちが湧いてくる。

 

美味しいものを食べたら、「あ〜、美味しいなぁ。」とそのことだけを感じる。

すると、「こんなに美味しいものが食べれて幸せだなぁ。」という気持ちになれる。

 

シャワーを浴びるときも、例えば髪の毛を洗うとする。

シャンプーしていることだけに意識を向けてみる。

すると、「髪が洗えて幸せだなぁ。」と思えてくる。

 

一日中、そんなことをするのは難しいけど、出来るだけ意識があっちに行ったり、こっちに行ったりしないように過ごしてみる。

 

ちょっとずつだけど、すごく小さな幸せに気づいて、ちょとずつだけど体も心も前を向き始めたような気がする。

 

一歩進んで二歩下がるを繰り返しながらでも、もし進めるなら少しでも歩み続けたいと思った。

 

こんな時期もありました。

 

だいぶ元気になった今、元気になるとだんだん忘れてくるんですね。

 

それだけ元気になった証拠かもしれませんが、せめて食事やお風呂に入っている時、家族、と言っても実質、夫だけですが夫と過ごす時ぐらいは今この瞬間に意識を向けたいと思います。パソコンにかじりついてる場合じゃないですよ、自分。

 

でも、意識は揺らいでいるからこそ、こんな風にブログが書けたりしているのだとも思います。

 

座禅や瞑想というものは、意識を無にすることを言うのでしょうか。

経験がないので詳しくありませんが、そうだとすると人は「無」になる時間というのが必要なんだと考えます。

f:id:nemokotan:20191002111107j:plain


 「無」と「夢中」はまた違うのかもしれませんが、でも「無我夢中」という言葉がありますよね。

 

そう、私が言いたいのは「無」でもあり「夢中」でもある「無我夢中」の状態なのかもしれません。

 

そして、「無」でも「夢中」でもどちらでもいいんです。

人間はそういう時間というのが必要なんだと思うんです。

 

子供が遊ぶ時は「夢中」になって遊びます。

 

その代わりに大人は、趣味などを通して「夢中」になる時間をもうけるのかもしれません。

中にはお仕事に夢中になれる人もいるでしょう。

 

自分の経験で言えば、編み物をしていた時は「無」の状態に近かかったです。

得意ではないですけど。

 

1000ピースのパズルをしている時は「夢中」でした。

そのことだけを考えている状態。

 

テニスをしている時も、今その瞬間のことだけ考えています。

 

(「無」なる時間や)「夢中」になる時間を過ごした後は、気持ちがリフレッシュされますよね。

 

そして、気持ちがリセットされて、もしくは充電されてまたやる気がみなぎってきます。大げさに言えば、生きる力がみなぎってきます。

 

座禅と一緒にしてはいけないのかもしれませんが、現代人に座禅などが流行っているのは、あえて「無」になる時間を作って自分をリセットしようとしているのではないかと思うんです。

 

現代人は常に忙しく、その上スマホでニュースなりSNSだったり、動画だったりを見て情報に埋もれています。

脳は休まることを知りません。

 

自然も無いところで暮らす人も多く、自然の中でぼーっと過ごすこともほぼないでしょう。

 

だから無意識に「無」になることを必要として、座禅や瞑想などをしたくなるんだと思います。

私も興味がありますもの。

 

何が言いたいのかと言うと、本当は違うことが言いたくて書きはじめ前置きにしたかったのですが今日はこの辺にします。

 

で、何が言いたいのかと言うと、なるべく意識を今に集中させると幸せが増えると言うことと、増えなくても少しは楽になると言うこと、何かに無我夢中になって取り組めることがあるといいなぁと言うことです。

 

ねもこたん(nemokotan)

 

スポンサーリンク

 
 

アマゾンから初めて試供品が届いた

ねもこたんです。

 

ゆうべの「記事取り消し」の記事にあたたかいコメント下さった方々、そしてスターを付けて下さった方々、本当にありがとうございます。

 心から感謝してます。

 

私にも落ち度はあったと言え、どんなにか励まされたことでしょう。

 

私はブログ村には参加していませんが、皆さん、まるで村の人のようにあたたかくて、いつも励ましてくれる人がいる。ねもこたんは優しい人たちに囲まれた「はてな村」の住人なんだなぁと、勝手に思ってます。

f:id:nemokotan:20191001161141p:plain

いつも励まされるばかりでなく、皆さんみたいに優しい人でありたいと思いました。

 

 

さてさて、今日の午前中は、波動を上げるべく黄金風呂、そして黄金のシャワーを浴びました。

 

ついに、ねもこたんは頭がおかしくなったのでは?

と、そんな心配はご無用ですよ。

 

元々がおかしいですから、これ以上おかしくなることはないでしょう。

 

で、スピリチュアルに興味のある方は知っているかと思いますが、お風呂に入る時やシャワーを浴びるときに、お湯を黄金だとイメージするといいみたいです。

 

いい波動になるみたいですよ。できれば毎日イメージするといいみたいです。

 

興味のある方は、ただなので試しにやってみて下さいね。

 

そして、今日から増税されました。

昨日は増税前の最終日ということでお店がすごく混んでいたようですが、どちらにしても昨日は行けなかったので今日買い物に行ったんです。

 

そうしたら、一応お店側も努力しているのか、そのお店では見たことのない何々はポイント3倍だの、食品に行けば野菜が色々と安くなっていたり、いつも買っているものが今まで見たことのない値段で売られていました。

 

増税直後だけでなく、ずっとそんな風に売ってくれると助かるなぁ〜。

 

スポンサーリンク

 本題です。

 

今日、アマゾンさんより注文した本と一緒に身に覚えのないamazonと書かれた小さな箱がポストに入っていたんです。

 

あー、いよいよ自分にもこんなことが起きたか、

と焦りました。

 

頭が真っ白になりました。

 

で、よく見ると「サンプル」と書いてあるではありませんか。

皆さんは、試供品が送られてきたことはありますか?

私は、アマゾンでよく注文しますが今回が初めてでした。

 

それがこちら。

 

f:id:nemokotan:20191001152314j:plain

住所などを紙で隠しました。

右端に注目して下さい。

「無料サンプル在中」ですって。

 

裏側です。

f:id:nemokotan:20191001152503j:plain

 


猫のエサが1つばかり。

f:id:nemokotan:20191001152554j:plain

なぜか写真が回転しなかったので、このまま載せます。

どうしても縦で見たかったら、パソコンなりスマホなりを右回転してみて下さいね。

 

そしてこんな紙が入っていましたよ。

f:id:nemokotan:20191001153033j:plain


一つばかしくれてやるから、感想お願いね〜と言っております。

勝手に送ってきてさ〜。

 

私の貴重な時間をなんだと思っているんでしょう、全く。(暇なくせに。)

10個ぐらいくれたら書いてもいいかな〜。

 

このエサ、お店で買うと一番安い方です。

50円台から60円前後かな。

 

感想はあえてやめておきます。

 

これからも、どしどしサンプルが送られてきたら考えますよ。アマゾンさん。

 

てことで、初めてのアマゾンからのサンプルでした。

 

 

私の癒し。猫の兄弟。8歳のオス(名前ではありません。)

優しくて気長で世あたり上手。

f:id:nemokotan:20191001153832j:plain

 

 8歳のメス(名前ではありません。)。神経質でいつも私と寝てます。

20191001154053

 今度起きてる時の写真が載せられるといいなぁ。

いっつも寝てるからさ。

 

 

スポンサーリンク  

 

 

29日の記事を取り消しました

不快に思われた方がいらして、今日もまたブックマーク のし直しにより大変強い表現を残されました。

 

私の表現不足であり、配慮不足でした。

 

その方のコメントを一旦は非表示させていただきましたが、記事を取り消します。

 

スターやブックマーク 、コメントを下さった方々ありがとうございました。

 

大変不快な思いをさせてしまった方、本当にすみませんでした。

 

nemokotan

ついにメガネを使い分ける〜アラフィフのお目々事情〜

ねもこたん(nemokotan)です。

 

明日からついに10月。

消費税が10パーセントになってしまう。

 

8%でもヒーヒー言っていたのに、入ってくるものは横ばいだから実質の収入は減るばかり。どんだけ庶民を苦しめるのだろう。

 

どこかの国みたいに福祉の充実、病気や働けなくなった時など確実に保障されるならまだしも、本当のことは分からない。

 

年金だって当てにできない。

経済も先行き不透明。だったら、もう今を楽しむしかないんじゃない??

 

っていう気になります。

 

そうそう、メガネの話でした。

 

40代後半アラフィフのお目々事情です。

 

まず、今までのメガネですが、目が疲れないようにとの眼科医の指示で近くが見やすいけどあまり遠くも見えないというような度数で作りました。

1、2年前のことだったと思います。

 

すると、どうなるか。

 

最近では、近くも見えなかったり疲れるしで、何より運転していて道路案内が見えない。

 

近くは、例えばお菓子や調味料などの食品の成分表示がメガネを外さないとまず見えません。

 

遠くに関しては、何度も言いますが高速に乗った時に案内板の字が見えない。

すごく近くまで来ないと字が見えないんです。

 

行きたい方向に車線変更するためには、あらかじめ左右どちらかに寄ってないといけません。

 

目の前で案内板の字が確認できるようでは遅いですよね。

 

自分でも運転しますが、夫の運転で私がナビをしたくても見えなくて困るんです。

しかも、夫も見えません。

 

うちの車はナビを付けてないので、スマホのナビをその都度使えばいい話なんですが、電池が減るしなんとなく分かるだろうと気軽な考えでいると、二人とも案内板の字が見えなくて慌てふためくという有様です。

 

これは、遠く用のメガネがいるなと思っていたところ、先日メガネ屋さんにプラリと入り2、3試着してみると、自分のイメージしていたフレームでなおかつ顔にしっくりくるメガネに出会ってしまいました。

 

メガネをかける人は誰しも経験しているかと思いますが、フレーム選びって難しいですよね。

 

微妙な角度の違いや横幅の違い。

わずかに違うだけで、顔の印象がすごく変わります。

 

で、欲しいと思った時になかなかいいのに出会えないってことないですか?

 

メガネをかけない人は、あれだけあるのに?

と不思議に思うかもしれませんが、なかなか難しいんですよね。

 

それなのに、プラリとお店に入ったらしっくりときたメガネがあったんです。

 

今回は、遠く用も必要としていたのと増税前だという拍車がかかり、その数日後に買いに行きました。

 

買うものはすでに決めていましたが、一応他のも眺めていたら、あのハズキルーペが置かれていて、1 .3倍のをかけて近くにあった新聞の文字を見てみたのです。

 

すると、なんということでしょう!

 

裸眼の状態と比べると目が楽チンではありませんか!

f:id:nemokotan:20190930160114j:plain


 こういうのが必要なお歳頃なんだと実感した次第です。

 

一応、遠近両用も持っていますが、まだ老眼鏡は早いということで、近く用に度数の軽いレンズと遠く用のレンズのものなので老眼鏡というのはまだ持っていません。

 

老眼鏡というのは、ルーペのようなレンズをいうのでしょうか?

その辺がよくわかっていないのですが、それはまた今度作ることにします。 

 

そう。

もうこの年齢では、一つのメガネで近くも遠くもという欲張りなことはできなくなってきたということです。

 

今は遠近両用という便利なレンズもありますが、私は今のところ近く用と遠く用とを使い分けたいと思っています。

 

しかし、メガネ屋さんも増税前の駆け込みで最近いつ行っても混んでいました。

でも、いいのがあってすごくラッキーでした。

 

今度は近く用、

はっきり言って老眼鏡が必要です。

 

白髪染めたり、病院だったり、メガネだったり

中年てのは何かとお金がかかるんですね      

(T . T)

 

 

 スポンサーリンク 

 

「ボロい」のと「いい味が出ている」のとは違うよね

最近、風がとっても心地よくて自然豊かなところで、若干くたびれた細胞中に新鮮な空気を目いいっぱい行き渡らせたいと思っているねもこたんです。

 

細胞は古くなる一方ではなく、いい味出してくれて加齢を華麗に過ごせたらどんなにいいかと思う次第です。って、まさかのオヤジギャグをかましてしまいました。

 

で、私が言いたいのは難しい細胞の話などではなくて、男の人の仕事用の革のカバンについてです。

 

何年か前に私が短期間で仕事に行っていた時のことです。

 

朝の通勤時、40代ぐらいでしょうか、スーツを着た男性があまりにもボロボロのカバンを持ってさっそうと歩いていたのです。

 

革のカバンの表面全体が茶色くささくれだっていて、元の色も何色だったか想像ができないほどでした。

 

私はそのカバンに思わず釘付けになってしまいました。

 

生まれてこのかた、そんなにボロボロのカバンを見たことがなかったのですから。

 

しかも、しかっとスーツを着こなして颯爽と歩いている人にはちょっとそぐわないような気がして。

いやいや、ちょっとどころかハッキリ言っておかしい。

 

きっとこの男性は、そのカバンがとってもお気に入りで愛着があるから買い換えられないのかもしれない、と想像しました。

 

もしくは、とっても高価なカバンだったのかもしれない。

その分長く使おうと思っているのかもしれない。

 

もしくは、「いい味が出ている」と思っているのかもしれない。

 

私の乏しい想像力はフル稼動しました。

 

しかし、どんなにその人がそのカバンが良くても、ちょっと買い換えた方がいいんでないの〜?と余計なお世話だけど思っちゃいました。

 

「いい味が出ている」とはお世辞にも言えない。

「いい味が出ている」ということは、手入れが行き届いて経年変化を楽しむということだと思うんです。

 

ただ古びれて姿が変わり果ててしまったものは、いい味が出ているというのではなく、ただ「ボロい」という印象しか与えないと思うんですね。

 

営業のお仕事でないとしても、ボロボロのカバンじゃない方がいいと思うんです。

 

一番は自分のため。

カバン一つにしても、仕事のモチベーションだって変わってくると思います。

あと、営業だったら信用まで落ちてしまいそうです。

 

営業でないにしても、

一社会人としての身だしなみでもあると思うんです。

例えば、男性だったらYシャツを例にとれば、しわくちゃのYシャツを着て会社に来る人はいませんよね。

 

それと同じだと思うんです。

 

今はそんなに高いものでなくても、選び放題だと思います。

周囲をハッとさせるような高価だったボロボロの革のカバンを持つぐらいなら、お手頃なのでも新しく買い換えた方がいいと思うんです。

 

f:id:nemokotan:20190928194313p:plain


 運気も落ちてしまいますよ。

 

もちろん、物を大切に使うのはいいことだと思います。

でも、物にも寿命ってものがあると思うんですよね。

寿命が来たら、感謝を込めて「ありがとうする」(処分する)のがいいと思います。

 

って、なんでこんなことを思い出しているのかというと、夫のカバンもささくれだってきたからなんです。

 

私がそれに気づいたのは最近のことで、本人は毎日持ち歩いているから気づきにくみたいですね。

革のカバンですが、もう6、7年経っています。

 

私が買い換えるように勧めているのですが、どうしても欲しいカバンがあるようで、それは我が家の家計からすると高価なものに当たります。

 

一度は反対しましたが、よく考えたらいいものは手入れさえすれば長く使えるし、モチベーションも高まるかと思い買いに行こうと誘っているんです。

 

ですが、私が反対した時のことが頭から離れないらしく、今度は夫が買う気になれなくなってしまいました。

そうかと言ってお手頃のものを買うのも嫌みたいで。

 

中間でそこそこいいのも買うのも嫌みたいで。

 

結局、夫はボロいカバンを今も使い続けています。

 

先日、夫の習い事の先生に「年季が入っていますね。」って言われたみたいで。

それはもう「ボロい。」ってことでしょう。

私が思っているぐらいなんだから、人様が見たらもっとボロいって感じるでしょうに。

 

私が以前に見たあの男性のように、夫にボロボロのカバンで仕事に行って欲しくないんです。

 

どうしたら夫の新しいカバンを買いに行けるのか、頭を悩ませている今日この頃です。

 

スポンサーリンク


 

 

今回も髪を茶色にできなかったわけ

ねもこたんです。

 

昨日、白髪染のため美容院に行ってきました。

 

今度こそは茶色にするぞ、と気合を入れていきました。

やるのは美容師さんですけどね。

 

で、前回、私が焦げ茶色にしたいと言った美容師さんとは違う美容師さんだったのですが、本当はその美容師さんにほぼ毎回切ってもらっています。

 

www.nemokotan.com

 

 今度こそはこげ茶色とは言わず、茶色にするぞと思って「茶色にして欲しいんですけど。」と伝えたんです。

 

結論から言ってしまうと、私は長年、振り返れば20年もの間縮毛矯正をしてきましたがそのことと、濃いめに白髪染をしているので一度色を抜いてから染めるため髪の毛が傷んでしまうということでした。

 

そーなんです。

白状してしまいましたが私は長年、本来なら若干チリチリの髪の毛を矯正でキレイに仕立てあげ、「私の髪の毛こんなにサラサラなんです〜。」と言わんばかりに、みんなの目をごまかしてきました。

 

しかし、キレイな髪の毛と褒められれば、そこはねもこたんはいい人だから正直に、「矯正してるんだ〜。」と言ってきましたよ。

 

で、私の髪に影響を受けて縮毛矯正をした同僚もいたぐらいです。

いいことは広めないとね。

 

話は戻り、いつもの担当の美容師さんは、痛みを最小限に押さえるための提案をあれこれしてくれたわけです。

 

覚えている範囲で書きたいと思います。

 

案1:ほそーくメッシュを入れて全体的に見れば茶色に見えるようにする。

案2:表面部分だけを茶色にする。

案3:時間はかかるが、毎回染める度に根元の部分だけを明るくして全体的に茶色にしていく。

案4:一番明るめの白髪染をする。ただし赤っぽくなってしまう。

 

記憶だけを頼りにしてるので正確ではない部分があるかもしれませんが、特に案4は曖昧ですが、だいたいこんな感じでした。

 

本当に悩みに悩んで、お時間も取らせてしまったのですが

せっかくだから、案1の細ーくメッシュを入れて全体的に茶色に見えるようにしてもらおうと思い、ようやく気持ちが固まりました。

そう!思い切ってやってみようと。

 

果てしないカウンセリングが終わり、美容師さんが「わかりました。じゃ、ちょっと待って下さいね。」と言ったタイミングで、断ってからお手洗いに行きました。

 

ほんとはお店に着いた時からお手洗いに行きたかったんです。

 

で、用を済ませて手を洗っている時に、鏡に映るかすかに艶めく私の黒髪が見えたんです。

f:id:nemokotan:20190927095422p:plain

その瞬間思いました。

 「このツヤを失いたくない。」と。

 

ダメージを最小限におさえる染め方をしても痛むのには違いありません。

やはり、ふんわり感というかゴワゴワ感みたいなのは避けられないようです。

 

一瞬で気持ちが変わりました。

 

お手洗いを出てシャンプー台に案内されると、美容師さんに「あのぅ、やっぱり気持ちが揺らいでます。せっかく色々提案してくれたのに悪いんですけど、やっぱりいつも通りでお願いようかなぁって。」と言いました。

 

「なんだかんだ言ってすみませんけど、結局いつもと同じでお願いします。」と。

 

縮毛矯正をこれからもするだろうし、茶色にするとなると濃いめの白髪染の色を一旦ぬかなといけないしでダメージが大き過ぎます。

 

「だから最初から、いつも通りにしてしておけばいーんだよー。」

 

な〜んて、優しく忍耐強い担当の美容師さんはそんなことは言ったりしませんよ。

でもなんか、心の声が聞こえたような。

気がしただけかもしれません。

 

最初の気合も空しく、結局はいつも通りに普通の白髪染をして帰ってきました。

自分は髪を茶色にするのは難しいんだということが、よーーーーーーくわかりました。

 

 

スポンサーリンク 


 

 

 

オシャレをして毎日を気持ちよく過ごしたいんです

ねもこたんです。

 

昨日、洋服を買うことを「物欲」と言ったけど、「物欲」というより「オシャレを楽しみたい」と訂正したいです。

 

物欲といえば物欲になりますけど。

 

私が若かった頃は、お洋服の種類が今のように沢山なくてオシャレをしたくても選びようがありませんでした。

それに、今のように手頃なものは少なかったです。

 

自分の好みは地味なものだったけど、どんな格好をしたいかというのもあまりなかったように思います。

 

そもそも、服の種類がなかったわけですから、限られた中から限られた予算内で探さないといけないわけです。

そうすると、本当に選びようがないんですよね。

 

で、今では年を重ねるごとに自分に似合いそうな服の好みもわかってきて、それに加えて手軽に買えることから色々な格好を楽しみたいという思いも強くなってきました。

 

何より数ある中から選べるというのが本当に嬉しいんです。

でもって安いでしょう。

 

それはもう、オシャレに目覚めるわけですよ。

 

今私は、仕事もしていないしほとんど誰とも会わなので、おしゃべりを楽しむこともなく、これといって趣味もなく、唯一の楽しみは食べることかショッピング、たまに夫とお出かけするぐらい。

 

だからオシャレぐらい楽しみたい。

 

もっと若い時にオシャレを楽しめたらどんなに楽しかっただろうと思います。

今の若い人たちは、洋服の選択肢が沢山あって本当に羨ましい。

 

流行りはめまぐるしく変わり、年齢も変わり似合うものも変わるし好みも変わってくるんですね。

服の色の好みだって最近になって変わってきたように思います。

 

だから、たとえ高価なお洋服を買っても寿命は短いってわかりました。

洋服そのものはしっかりとした作りで長持ちするかもしれませんが、実際に自分が着られる期間が短いということです。

 

たまーに、たまーにいいのが欲しくなって買ったりしますが、お手頃なので十分です。

 

自分の気に入ったものを着て、毎日気持ちよく過ごせることが大切。

逆に言うと、お気に入りを着ることは、私にとって毎日を気持ちよく過ごすための手段でもあります。

 

子育ても終わって、といっても私はあまり子育らしいことはしてませんが、以前よりは自分に意識が向けられるようになった今だからこそ、オシャレをして少しでも気分よく過ごしたいんです。

 

と言っても、散々オシャレ、オシャレと言っておきながらなんですが、はたから見れば私は「オシャレな人」とはほど遠いですけどね。

 

 

 スポンサーリンク