人生一度きり

発達障害の子を持つ母としての経験談。自分の鬱、適応障害の体験談をと思い始めましたが、最近ではその他日常で思ったことなどがメインです。1ミリでも前向きに生きてます。

うつ

人間関係を見直した経緯

ねもこたん(nemokotan)です。 昨日のブログのコメントに「シンドイですね。」と共感いただいて嬉しかったです。 共感は私の心を強く支えてくれます。 皆さん、いつも本当にありがとうございます。 www.nemokotan.com そこで気づいたことですが、「シンドイ…

私には子育てのキレイごとは通用しません〜発達障害の子を持つ母の心境〜

今日は、説明するのにはすごく難しい息子のことと、息子と私の関係について書きたいと思います。 興味のない方は、いつもとはうって変わって重たい話になるので引き返した方が賢明だと思います。 少しでも興味のある方、寄り添っていただける方がいらしたら…

あの気力喪失は充電期間だった?

スポンサーリンク こんにちは。人生一度きりnemokotanです。 本格的な夏が、遅ればせながらやってきましたね。 ほぼ7月いっぱい雨ばかりの梅雨だったから、あっという間に、もうすぐ8月だなんて信じられません。 そして寝苦しい夜、エアコンの温度を下げた…

極限状態から見えたもの

人間生きていれば、誰しも悲しい思いや辛い経験をすることでしょう。 最愛の人との別れや最愛のペットとの別れ、 人から裏切られたり、 学校や職場で理不尽な思いをしたり、 夫婦や親子関係がうまくいかなかったり、 努力が実らなかったり、 あげればきりが…

「最終的に人は人に癒されるもの」に疑問を感じてしまう

私が半世紀近く生きてきた中で、ほんの数回この言葉を見聞きしたことがあります。 初めて聞いたのは、人間関係で大変な思いをしたと言う、友人からのメールの締めくくりに、 「でも、人を傷つけるのも人だけど、最終的には人は人に癒されるんだよね。」とあ…

私はなぜうつ状態になったのか

なぜ自分がうつになったのかは、つきつめると人間でいる自分に嫌気がさしたからです。 どうしてそう思うようになったかと言えば、母が他界した時、母の兄弟、私の兄弟、そして義理の母たちが、皆自分のことばかりを言ってくるのでした。 よくある遺産相続の…

本当に辛い時は...

本当に辛い時は ただその時が去るのをじっと待てばいい 何も考えてはいけない 過去に戻ってもいけないし 未来へ行ってもいけない 『今』に意識を向けよう 『今』の一瞬一瞬に意識を向けよう 薬があれば飲んで寝てしまおう とにかく生きよう

精神科の療養型入院病棟がもっと増えるといい(経験談)

以前のブログでも触れている通り、何年か前私はうつ状態で入院した。全国でも珍しい療養型の病棟である。 その時は、家族の問題でストレスフルな状態のところに様々な出来事が重なり、精神的にかなり追い詰められた。主だった要因は家族のことだったので、家…

うつは貧血が引き起こすこともある

何年か前、うつで入院した際に最初に血液検査や心電図やCTの検査を受けた。血液検査の結果、ヘモグロビンは8程度。血清鉄が二桁なければいけないところ、たったの4だった。先生が結果を見ながら特に驚く様子もなくこのことを指摘した上で、「まあ、貧血か…

心療内科の先生は自分に合った先生に出会うことが大切

かれこれ九年間お世話になった心療内科の先生が退職されて、今回初めての先生の診察だった。今までの担当の先生は、ほぼ同世代の女性の先生だった。受診するたびに、その時々で何度も何度も一生懸命に励ましてくれ、辛い時も共感してくれ、先生に会うだけで…

うつの時傷ついた知人友人の言動

うつの時の対応などマニュアルなど見かけるが、実際に自分がうつだった時の傷ついた体験を記したいと思う。 うつになる前の傷ついた言動は沢山あるが、今回はうつになってからのこと。 私は、もともと家族の事で自宅にいるのがストレスとなっており、その事…

本当にうつの人は自分がうつだとは言えない

私は鬱、寛解、鬱、寛解を繰り返していた。本当にうつ状態の時、死にたいけどでも死ねないという狭間でもがき苦しむ。実際にはどうしたら楽に死ねるかばかりをずっと考えている。自分にとっては本当に深刻過ぎて辛すぎて、人に相談するとか打ち明けるレベル…