人生一度きり

発達障害の子を持つ母としての経験談。自分の鬱、適応障害の体験談。その他日常で思ったことなど。1ミリでも前向きに生きてます。

思うこと

私には子育てのキレイごとは通用しません〜発達障害の子を持つ母の心境〜

今日は、説明するのにはすごく難しい息子のことと、息子と私の関係について書きたいと思います。 興味のない方は、いつもとはうって変わって重たい話になるので引き返した方が賢明だと思います。 少しでも興味のある方、寄り添っていただける方がいらしたら…

日本人だけど温泉があんまりな私

スポンサーリンク ねもこたんです。 みなさんは温泉は好きですか? 私は、入ってしまえば気持ちがいいと思うのですが、「大好き〜!」「宿は温泉重視!」というほどではないのです。 でも我が家の男たちが温泉が好きなので、彼らのために宿は温泉重視してま…

言葉は時代と共に変化していく〜「すみません」は「ありがとう」という意味で使っている世代です〜

スポンサーリンク ねもこたんです。 ちょうど、『言葉は時代と共に変化していく』といったタイトルでブログを書きたいと思っていたところに、昨日のブログにあるコメントをいただいたことと、以前何かで読んだ記事を思い出したので今回はそのことについて書…

エレベーターを降りる時のマナーについて

エレベーターを降りる時のマナーなんてあるの?と思われたそこのあなた。 安心してください。 私が作ったマナーですから。 でも聞いてください。 そもそもマナーなんてものは、一番初めには誰かが作ったものでしょう。 そして、文化や民族が変わればそれぞれ…

今年は気楽にお盆を迎えます

スポンサーリンク ねもこたんです。 ウチには私の母の仏壇があります。 そのため、毎年お盆には、仏壇にキュウリの馬やナスの牛を作ってお盆の支度をしていました。 そして13日にお墓参りを済ませ、迎え火をします。 13日から15日の食事は、母の好きだ…

楽天YOSHIKIカードが威力を発揮した時

スポンサーリンク どうも。ねもこたん(nemokotan)です。 突然ですが、楽天のカードにX JAPANのYOSHIKIの神々しいお顔つきのカード、通称YOSHIKIカード(私が勝手に名付けたが、もしかしたらファンの間ではそう呼ばれているかもしれない。)があるのをご存…

ブログ開始3ヶ月たって思うこと〜ブログは『わたし』でいられる大切な場〜

スポンサーリンク どうも。ねもこたんです。 おかげさまで、今日でブログを開始してから3ヶ月になりました。 あっという間の3ヶ月でした。 みなさん、いつもスターやブックマークやコメント、本当にありがとうございます。 これがなかったら続いてなかった…

トウモロコシについて

スポンサーリンク 今、トウモロコシを一気に2本たいらげたばかりである。 先日、歯医者で歯石を取ってもらった前歯下のスキマにトウモロコシが挟まるわ挟まるわ。 でもそんなの関係ねー!で一心不乱に食べ続けた。 夏限定の幸せ。 先に断っておくが、ウチの…

夏場のトレッキングはもう止めようと思ったわけ

どうも。人生一度きりnemokotan(ねもこたん)です。 もう、ねもこたんで覚えてください。 今回のブログ、間違えて途中で公開してしまいました。 読んでくれた方すみません。 さて、昨日は私は昔から山が好きだということをお話して思い出したので、今回は『…

【家族旅行】息子と会話はないけれど

どうも。人生一度きりnemokotan(ねもこたん)です。 今年は、2年ぶりに家族旅行に行ってきました。 1泊2日で箱根に行ってきました。 息子が3歳の頃から中学生までは、毎年夏には高原や山へハイキングに行っていました。 今時の言葉で言えば、トレッキン…

だってもう一度バズりたいから

人生一度きりnemokotanです。 昨日は、本屋さんに行ってきました。 ちょっと体調がいまいちだったけど、私にとって本屋さんはワクワクする場所なので、少しぐらい無理をしてまでも行きたかったのです。 どんな本を買おうかなどとは特に決めていなくて、出会…

夫がオヤジギャグを言った時の対処法

人生一度きりnemokotanです。 世の奥様方、みなさんは旦那さんがオヤジギャグを言ってきたらどうしていますか? そして、これから結婚するかもしれない女性の皆さん。 あなただったらどうしますか。 オヤジギャグほど扱いにくいものってないですよね。 会社…

何年かぶりに採血の下手っぴな看護師さんに当たってしまった

こんにちは。人生一度きりnemokotanです。 今日、婦人科で採血をしたら、下手っぴな看護師さんに当たってしまって、すんごい痛かったーーーっ! と言うお話です。 そんなことでよければ、お付き合いください。 私は何年か前の、すんごい痛かった採血を経験す…

正論をかざして自分を正当化するのに忙しい人

人生一度きりnemokotanです。 何か自分に不都合なことがあった時、 いつも正論をかざして 自分を正当化するのに忙しい人、周りにいませんか? その人には、自分の言動をかえりみる余地などありません。 その人にばかり どうして不都合なことが度々起こるので…

夏の訪れ

人生一度きりnemokotanです。 梅雨明けも秒読みのようですね。 昨日、我が家の庭からセミの鳴き声が聞こえました。 まだ生まれたてなのか「ミミッ。ミミッ。」と絞り出すように。 勢いよく鳴くのではなくて。 でも、やっと鳴くセミの声を聞いて、 『あぁ、よ…

理解と諦めについて

スポンサーリンク こんにちは。人生一度きりnemokotanです。 私が大人になってから、理解と諦めは時と場合によっては同じ意味になるのかもしれないと言うことに気づきました。 それ以来、理解することが難しければ諦めてみようと思ったのです。 その気づきは…

【幸せ】はひけらかすものではなく噛みしめるものではないだろうか

スポンサーリンク こんにちは。人生一度きりnemokotanです。 私は、芸能人のブログを読むのが好きです。 とは言っても誰も彼ものブログではなくて、読む人のブログはだいたい何人か決まっています。 きっかけは、 その芸能人が女性の場合、毎日の夕食を参考…

ブログだって一期一会

スポンサーリンク こんにちは。人生一度きりnemokotanです。 タイトルにあるように、ブログは一期一会だと思っています。 そして、私自身の日頃の反省も含めたものです。 当たり前と言えば当たり前のことです。 つい、読者登録をしていただいてる方に向けて…

凡人の私にとってそれは楽しみの時間です

人生一度きりnemokotanです。 さてさて、皆さんは服装選びに時間をかけますか? 私は、迷う時もあればそうでない時もあります。 働いていた時は、あまり迷うことがなかったかと思います。 お出かけ慣れしていたし、だいたい3パターンぐらいを着回していたか…

お説教とアドバイスの違い

お説教というと、年上の人が年下の人に対してくどくどと自分の良かれと思ったことを並び立てるイメージがあります。 イメージというよりそのものかもしれません。 ですが、ただ自分の良かれと思ったことを並び立てているかというと、そうでもなくて、お説教…

突然話しかけてくる"おじ様"と"おば様"の違い

ここ最近、おじ様やおば様に、突然話しかけられることが増えたような気がします。 おじ様、おば様というより、おじいさん、おばあさんの方が正しいかもしれません。 でもおじ様、おば様と呼ばさせてもらいます。 なぜ話しかけられやすくなったかを考えてみた…

ホテルのイタリアンレストラン、お一人様体験

スポンサーリンク 昨日、人生初の一人焼き肉に行ってきましたが、私にとっては特別感があまりなかったので、今回は、一人でホテルのイタリアンレストランに行った時のことを書きたいと思います。 でも、せっかくなので一人焼き肉について一言だけ感想を。 一…

迷惑かけたっていいじゃない

『人に迷惑をかけてはいけない。』と言わて育ってきた人、結構多いのではないでしょうか? もしくは、親の背中を見てそう感じながら大人になった人、多いのではないでしょうか? だから、本当は助けて欲しいのに、誰かに助けを求められない人、多いのではな…

自己肯定感は生まれつき

先日、この本を読んで、約半世紀生きてきた私にとって新たな発見がありました。 写真が曲がってますね。 こんなところに性格が出てしまいます。 私は、自分で言うのも変ですが、自己肯定感が高い方だと思っていて、特に悩んでいるわけでもないのに、先日、コ…

夫に頼れない、頼らないパソコン音痴な私

ブログを始めたのはいいものの、パソコン音痴な私は、1ヶ月以上もの間、ページをカスタマイズすることさえもできずにいました。 "はてな"のデザインに変える操作は分かったのですが、気に入ったデザインがあっても私には、字が小さすぎたり可愛すぎたりで、…

相手の人が漢字の読み間違えをした時

相手の人が、漢字の読み方を間違えていた時どうしますか? 小心者の私は、直してあげられたことがありません。 ですが、もしこれからそういう場面に遭遇したら、すぐに直してあげようという心づもりだけはできています。 私の体験談を紹介したいと思います。…

「最終的に人は人に癒されるもの」に疑問を感じてしまう

私が半世紀近く生きてきた中で、ほんの数回この言葉を見聞きしたことがあります。 初めて聞いたのは、人間関係で大変な思いをしたと言う、友人からのメールの締めくくりに、 「でも、人を傷つけるのも人だけど、最終的には人は人に癒されるんだよね。」とあ…

顔の傷は個性になる?

スポンサーリンク 昨日、英会話でカナダ出身の先生に、鼻の付け根にできた粉瘤(ふんりゅう)を切開する話をしました。 私は、「手術した後、顔に少し傷跡が残るみたいなの。」(実際には、こんな流暢には話せません。)と困った顔をして言いました。 困った…

人生の後半戦、やり残したことはありませんか?

日本人の平均寿命が、男女共に80歳を超えているようですが、40歳が折り返しだと思っていませんか? ましてや、人生100年時代なんて私は信じていません。 そもそも平均寿命だなんて、寿命ですよ、人の寿命を平均値で考えるなんて、個々人にとってはあ…

買い物は『直感を鍛える』はずだけど

私はスピリチュアルなことに興味があります。 スピリチュアルな本や動画なをどよく見ています。 その中で、常日頃から自分の直感を信じるということはとても大切だと聞きました。 私はもともとが直感型の人間だと思っています。 言い方を変えれば、本能のま…