人生一度きり

発達障害の子を持つ母としての経験談。自分の鬱、適応障害の体験談をと思い始めましたが、最近ではその他日常で思ったことなどがメインです。1ミリでも前向きに生きてます。

発達障害

お風呂に水をためようとしたら赤水が出て焦った話

今日はちょっと遅めに起きて、起きてすぐの10時頃、お風呂にお水をためておこうと思い蛇口をひねってそのままにしておきました。 しばらくしてから見に行ってみると、な、な、なんと水が茶色いではありませんか! タイトルには赤水と書きましたが、茶色く…

息子よ、なぜこうなるの?

昨日は養生テープが買えなかったので、他の資材などを扱っているもっと大きなホームセンターへ行こうかと思い、でも、もしかしてないかもしれないから一応電話をして聞いたら、無いとの即答でした。 買い物も早めに行かないとダメなんですね。 家に残ってい…

人間関係を見直した経緯

ねもこたん(nemokotan)です。 昨日のブログのコメントに「シンドイですね。」と共感いただいて嬉しかったです。 共感は私の心を強く支えてくれます。 皆さん、いつも本当にありがとうございます。 www.nemokotan.com そこで気づいたことですが、「シンドイ…

私には子育てのキレイごとは通用しません〜発達障害の子を持つ母の心境〜

今日は、説明するのにはすごく難しい息子のことと、息子と私の関係について書きたいと思います。 興味のない方は、いつもとはうって変わって重たい話になるので引き返した方が賢明だと思います。 少しでも興味のある方、寄り添っていただける方がいらしたら…

【家族旅行】息子と会話はないけれど

どうも。人生一度きりnemokotan(ねもこたん)です。 今年は、2年ぶりに家族旅行に行ってきました。 1泊2日で箱根に行ってきました。 息子が3歳の頃から中学生までは、毎年夏には高原や山へハイキングに行っていました。 今時の言葉で言えば、トレッキン…

極限状態から見えたもの

人間生きていれば、誰しも悲しい思いや辛い経験をすることでしょう。 最愛の人との別れや最愛のペットとの別れ、 人から裏切られたり、 学校や職場で理不尽な思いをしたり、 夫婦や親子関係がうまくいかなかったり、 努力が実らなかったり、 あげればきりが…

場面緘黙だった息子が一言も喋らず幼稚園に入れた話

もう10年以上前になりますが息子が小さかった頃、 息子は知らない人と話せませんでした。 ただ、最初からそうだったのかどうかはあまり覚えていませんが、 3歳前ぐらいからだったでしょうか。 そんな息子は幼稚園の入園するための面接で、 先生方の質問に…

普通のありがたさ、でも普通ってなに?

高校生になる息子とは、今までまともな会話がほとんど成立したことがない。 息子が何かを言ってくるのは、要求か文句しかない。 いわゆる、親子の会話、ごくごく普通の会話をした記憶がない。 今では帰りが遅く、帰ってきてはすぐに自分の部屋へ行って寝てし…

発達障害(知的障害のない自閉症)が理解されないのはなぜだろう(母親の立場から見て)

発達障害の認知度が高まった現在でも、なぜいまだにこんなにも理解されないのだろう。 言葉だけが一人歩きしているようにしか思えない。 どこか偏見のようなものがあるために、当人や家族が周囲へ公にするのを避けているケースが多いのが現状のようである。 …

息子の発達に関する公的な支援を受けてよかったこと②(子供自身に関して)

息子の場合は、支援を受けるきっかとなったのが3歳健診でそこから幼稚園の二年間親子で公的な支援施設に通いました。 私と息子は幼稚園に上がる半年ぐらい前に遅ればせながら公園デビューをしたところ、他の子供とうまくコミュニュケーションが取ませんでし…

息子の発達に関する公的支援を受けてよかったこと

まず始めに断っておきたいのは、高校生の息子自身は何も困った素ぶりを見せていないこと。本心はわからない。 そして、そこの施設で親子でお世話になったのは幼稚園までであった。その後は通級にバトンタッチと言うことなのだろうか。 しかし、中学の時に私…

発達障害の息子のおかげで普通のことがありがたいと思えるありがたさ

息子とは家ではほとんどコミニュケーションがとれない。 高校生だから反抗期ということもあるのかもしれないが、幼稚園、小学校、中学校とずっとそうだった。 こちらから何か話かけても、息子がその時に考えていることなど、それは大体が要求みたいなものな…

発達障害の息子が小さかった頃みんなと違って困ったこと

タイトルにした「みんなと違う」とかもしくは「普通でない」とか聞くと、発達障害の特徴を知らない人にとっては何か誤解を招くおそれがあるかもしれない。 みんな違っていいんだよ、とか普通てなに?とか声が聞こえてきそうだ。 なので、言い方を変えると多…

発達障害というグレーゾーンの難しさ(母親の立場からみて)

発達障害という言葉が一般的に知られるようになってから、10年は過ぎただろうか。 いまだに言葉だけが一人歩きしているだけで、本当に理解を得られるまでにはなっていないと思う。 なぜ理解を得られにくいのかは、やはり一見しただけでは分からないという…

『発達障害の子を育てて①』と言うタイトルは違う気がする

私がブログを始めたのは、かなりレアケースな発達障害と十数年前に専門の先生に言われた息子を育てた経験談や、約10年前に適応障害と診断され時にうつ状態になった自分の経験談を記すことによって、同じような経験をしている人に一人でも参考にしてもらえ…

子育てに違和感があればまずは公的な相談施設へ行ってみよう 発達障害の子を育てて①

広汎性発達障害と言われた高校生の息子がいる。今は、ありがたいことに普通の高校に元気に通っている。そしてアルバイトも一年前から始め、今では自分のやりたっかたアルバイトをしている。幸い、幼稚園、小学校、中学校、現在の高校の先生方やクラスメイト…