人生一度きり

発達障害の子を持つ母としての経験談。自分の鬱、適応障害の体験談。その他日常で思ったことなど。1ミリでも前向きに生きてます。

身内でも嫌なら可能な限り距離を置く

身内でも例え両親だとしても、毎回会うと必ず不快になる人というのはいるものです。

 

自分の心身にダメージを与えるような人とは合わなくていいのです。

 

それが可能であれば。

そういう相手は自己中です。

一方的だったりします。

 

こちらの都合や気持ちを慮ることをしない人たちです。

そんな人に振り回されないように距離を置くことが懸命です。

 

相手は変わりません。身内ということに縛られなくていいのです。

それは、人間関係は流動的だということにもつながります。

 

自分の大切な人生です。そんな人たちと会う時間はもったいない。

今の時代、身内だからと言って助け合うとかそういう意識は希薄なケース多いですよね。

 

もちろんそうでない家族関係、親戚関係を築いておられる方々もまだまだ沢山あるかも知れません。

 

そのような中に身を置いている場合は少し別かも知れません。おそらく本当に助け合える関係が築けるのなら、相手を想いやったりでき、人をそれほど不快にさせることはないのでしょうね。

 

身内だからと縛られず、自分の精神が参ってしまうぐらいなら割り切って会わなくていいのです。

 

 

スポンサーリンク