人生一度きり

発達障害の子を持つ母としての経験談。自分の鬱、適応障害の体験談。その他日常で思ったことなど。1ミリでも前向きに生きてます。

うつは貧血が引き起こすこともある

何年か前、うつで入院した際に最初に血液検査や心電図やCTの検査を受けた。血液検査の結果、ヘモグロビンは8程度。血清鉄が二桁なければいけないところ、たったの4だった。先生が結果を見ながら特に驚く様子もなくこのことを指摘した上で、「まあ、貧血からうつになることもあるからね。ご飯食べてなかったからでしょう。」と、まるでよくあるかのようにさらりと言っていた。心電図の波形も弱かったようで、「ずっと寝ていたからでしょう。」とのことだった。おそらく先生は、そういう患者さんを数えきれないぐらい見てきたのだと思う。
その時は、なんでもいいからとにかく入院させてもらえる事に心からほっとした。


入院前の数ヶ月、経血量が多いのに出るだけ出ていって補充できていなっかたのだから、多分そうでない人よりは貧血もひどかったのかもしれない。
当時家で何を食べていたのかぼんやりとしか覚えていないのだが、入院する1、2ヶ月前からは、日中はチョコレートを食べ、夜は夫にレトルトカレーなどを作ってもらい食べていたような気がする。なんせ自分が動けないのだから料理をして食べることはできないし、それにたいして食欲もなかった。夫も大抵帰りが遅かったので料理などできなっかた。たとえ早く帰れたとしても、夫には自分が料理をするという概念がない。当時、夫と息子の食事はどうしていたのだろう?

もしあの時、私がある程度の栄養が取れていたらあそこまでならなかったのだろうか?そもそも食欲がほとんどないので難しかったとも思う。


私は、もともと生理が重く30代の頃から常に貧血で、ヘモグロビンの値は8ぐらいだった。
心臓のあたりが変だったり、1ヶ月に2度も熱を出したり、急性胃腸炎になったり、なんらかの体調の異変のたびに、たまたま血液検査を受けると毎回「特に異常はありませんが、ただ貧血ですね。」と言われ、鉄剤を処方され、それを飲んでしばらくは体調が良くなっていた。というか元気になった。しかし、根本的な治療をしてこなかったので繰り返しだった。つまり婦人科に行かなでいつも様子を見ていた。
その放置した結果はまた後日書きたいと思う。