人生一度きり

発達障害の子を持つ母としての経験談。自分の鬱、適応障害の体験談。その他日常で思ったことなど。1ミリでも前向きに生きてます。

愚痴について,親しき仲にも礼儀あり

友人同士でのおしゃべりで愚痴はつきものだと思います。

 

友人に聞いてもらうことで気持ちも軽くなるし、聞く側にとってもその感情を共有したいと思うものです。

 

しかし、あまり長い愚痴に付き合わされた場合はどうでしょう?しかも、たまの連絡(会うなり、電話なり、メールなり)で毎回長い愚痴に付き合わされたらどうでしょう?

 

愚痴を言いたくて私に連絡をしてきたのかな、と思ってしまいます。

 

私は、たまの連絡だからこそ楽しい話をしていたいのです。ですが私だって愚痴を言う事もあります。長くならないようには心がけています。

 

そして、聞いてもらった時は相手に「聞いてくれてありがとう。」もしくは「愚痴ちゃってごめんね。」と言うようにしています。

 

友人だからと言って愚痴を聞いてもらうことは当たり前ではないと思っています。あんまり長い愚痴はこちらも疲れてきます。もし、長い愚痴を言ってしまったら、「ありがとう。」と言うのがせてものマナーではないかと思います。

 

特に電話やメールでの愚痴は一方的になってしまい、こちらの体調(私の場合特に精神面)はおかまいなくという具合になり、話終えた後は精神的にダメージを受けてしまうのです。メールを読んだだけでも具合が悪くなってしまいます。

 

ただ、常に連絡を取り合う仲で、こちらのことも理解してくれている友人からたまにそのようなメールが届くのはまた別です。よっぽどなんだなと思えるから。

 

私が言いたのは、本当に年に一度連絡を取り合うかどうかの仲なのに、その連絡が愚痴でうめつくされてしまうのはどうかと言うことです。

 

友人だからと言って聞いてもらうことは決して当たり前のことではないはずです。

せめて最後に「ありがとう。」か「ごめんね。」の一言を添えるのがマナーではないかと思います。

 

 スポンサーリンク