人生一度きり

発達障害の子を持つ母としての経験談。自分の鬱、適応障害の体験談。その他日常で思ったことなど。1ミリでも前向きに生きてます。

奇跡が起きた夜

私のブログは、いわゆる雑記ブログになります。

毎日、本当に思いつくままに綴っています。

 

毎日決して多くはないけど、私のブログを見にきてくれたり、

大きな心で惜しみなく⭐️を付けてくれたり、

勇気を持って読者登録してくれたり、

温かいコメントをくれたり、

そんな全ての皆さんに感謝しながら、

1ヶ月と2週間、飽きっぽい私は続けてこれました。

 

毎日思いつくままに。

 

昨日は、日曜日でした。

「今日はなーんにも思いつかないなぁ。

今日は日曜日だし、

寝不足で頭も回らない。

こんな日は思い切ってお休みしよう。」

と、吹っ切りました。

 

朝早くに起きてしまった私は、珍しくお昼寝できました。

すると起きた瞬間、ある曲が頭の中に流れて

歌わずにはいられなくなりました。

 

レベッカの『London Boy』という曲です。

知ってますか?

 

それからCDをかけて、今までにない大声を張り上げて、

カラオケさながらCD1枚分、気持ちよく歌いあげました。

  

私の身に奇跡が起きたのは、それからのことです。

 

f:id:nemokotan:20190804104505p:plain

 

歌い上げた私は、歌詞カードの文字の小ささに

あの時聞いた、

『ルーペ拡大鏡』と言う文字が頭から離れず

『今日はこれでいこう!』

と思い、気軽な気持ちでパソコンを開いて、いつものように

思いつくままに書きました。

 

『今日は日曜だし、誰も見にきてくれなさそうだな。』

と思いながら、 短いブログが仕上がりました。

 

その後、他の人のブログを読んでゲラゲラ笑ったり、

感心したりしていました。

そして、私も⭐️を付けたり、

ありがたくもコメントを下さった方にお返事を書いたりしていました。

 

そうこうしているうちに、

あなたへのお知らせ』が次々とくるのです。

まさに次から次へと、⭐️のお知らせや読者登録のお知らせが

もう鳴り止みません(実際音はないですが)。

 

誰が⭐️を付けてくれたのか、

読者登録してくれたのか、

把握していくのが間に合わなくなりました。

 

何がなんだか、

一体全体何が起きているのか、

喜びを超えて驚くばかりでした。

 

昨日までの読者登録の人数は、たしか11人でした。

一人登録してくれるたびに思わず拍手。

それだけで、いい一日になりました。

 

それが昨日の夜のうちに40何人かの人が登録してくれました。 

その勢いが今日の朝まで続き今に至ります。

 

一生分の運を使ってしまったのではないか心配になります。

 

昨日は、隕石が地球に落下するがごとくの確率的な奇跡が起きた夜でした。

 

今まで見にきてくれているみなさん、

そして昨日見にきてくれたみなさん、

本当にありがとうございます。

 

ご縁に感謝です。

  

www.nemokotan.com 

 

 スポンサーリンク