人生一度きり

発達障害の子を持つ母としての経験談。自分の鬱、適応障害の体験談をと思い始めましたが、最近ではその他日常で思ったことなどがメインです。1ミリでも前向きに生きてます。

顔の傷は個性になる?

スポンサーリンク

 

 

昨日、英会話でカナダ出身の先生に、鼻の付け根にできた粉瘤(ふんりゅう)を切開する話をしました。

私は、「手術した後、顔に少し傷跡が残るみたいなの。」(実際には、こんな流暢には話せません。)と困った顔をして言いました。

困った顔はしましたが、私の困ったレベルは5のうち2ぐらいです。

 

幸いにして、若くもありません。何より幸いなのが、お世辞にも美形だとは言えなということです。

もし、私が美人で自分の顔に執着があったら、少しの傷でもかなりのショックを受けることでしょう。

 

先生は、困った様子の私に、

「顔の傷ってね、カナダでは美しさになるんだよ。個性になるんだよ。海外の有名な俳優さんでね、ある時おでこから目にかけて、すごい傷を負った人がいてね、でも、それがまたファンには格好良くって、すごい人気なんだよ。もし女性の場合だったら、その傷はしさになるの。例えばほら、あなたの鼻にホクロがあるでしょう。それを見たら、おぉ!美しってなるんだよ。イギリスなんかでもそうだと思うよ。」

みたいなことを言って、私を励ましてくれました。

 

なんせ、リスニング力がまだまだな私は、自分の都合のいいように解釈してしまう癖があるので、本当にそう言われたのかどうか定かではありません。

でもまあ、ザックリとこんな感じのことを言われたのだと思います。

 

単純な私は、それを聞いて「えー!そうなの!じゃあ、チャームポイントにしてしまえばいいのねぇ。」

と、かなりポジティブな気持ちになりました。

 

冷静に考えれば、ここは日本ですけどね。

 

美しさとまではいかないにしても、個性としてなら受け入れられる気がします。

 

「かわいい、かわいい私の傷さん。」って。

「これがわたし。」って。

 

個性になるかどうかは、自分の気持ち次第だと思います。

あるがままを受け入れて、

ありのままに、

自分らしく、それが個性となるように過ごせたらいいなぁ、

と思っています。 

 

スポンサーリンク