人生一度きり

発達障害の子を持つ母としての経験談。自分の鬱、適応障害の体験談。その他日常で思ったことなど。1ミリでも前向きに生きてます。

中年夫婦の1年ぶりのカラオケあれこれ

今日、1年ぶりにカラオケに行って来ました。

あまり気乗りしない夫に付き合ってもらいました。

f:id:nemokotan:20190830150115p:plain

一人カラオケでも大丈夫なんですけどね。

 

お食事込みで、3時間歌えるというコースを知っていたので、

受付の順番を待っている間にメニューを選びました。

 

夫は1,300円のポテト付きの、かなりボリュームのあるハンバーガーを、

私は1,100円のキノコのクリームパスタを選びました。

いずれも、飲み物、スープ、サラダ、デザートが付いてます。

プラス400円で、ドリンク飲み放題をつけることもできましたが

付けませんでした。

お互いトイレが近い中高年。(きみまろ風に)

 

このお値段で、3時間歌い放題です。

かなりお得だと思いませんか?

 

受付の順番が来ると、「〇〇サウンドと、〇〇サウンドの2種類から

お選びいただけますが、どちらにしますか?」と聞かれ、

一年ぶりでそこは忘れてしまい、一年前と同じ質問をする自分がいます。

「どう違うんですか?」と。

音質を取るか、曲数を取るかということらしいです。

「音質の方でお願いします。」

〇〇サウンドカタカナは、ハナから覚える気がない中高年。(きみまろ風に)

  

初めて案内された1階のお部屋はほぼ満室でした。

カラオケの人気はとどまることを知らないようです。

 

私は、家で歌っているだけではモノ足りくなってきたので、

本日は『レベッカ祭り』と意気込みました。

でも全然自分のキーと合わないので大変です。

他にもいくつか。

先日のブログで思い出した渡辺美里中森明菜など。

夫はマイケル・ジャクソンとかクイーンを適当に歌ったり、

小沢健二サカナクションなど歌いました。

本気度高めな私とは対照的に夫の力の抜け感、半端なかったです。

 

お互い最近の歌はさっぱりです。

今になっては懐メロ大会さながら。

 

1曲目を歌い始めて間もなくすると、ドリンクが運ばれてきました。

私が頼んだアイスコーヒーには、黒いプラスチックのマドラーが付いていました。

最初、それがストローかと思い『何で私のだけストローが付いているんだろう?』

と不思議に思いました。 

私は、自分のアイスコーヒーを飲むたびに、そのマドラーを吸ってしまいそうになり、

いちいち「あっ!」と一人小さく驚いてました。

 

3時間歌えるコースでしたが、2時間で潔く出てきました。

歌える喜びよりも体のことを優先する中高年。(しつこいようですが、きみまろ風に)

 

久しぶりのカラオケ、

いい気分転換になりました。

  

スポンサーリンク