人生一度きり

発達障害の子を持つ母としての経験談。自分の鬱、適応障害の体験談。その他日常で思ったことなど。1ミリでも前向きに生きてます。

粉瘤(ふんりゅう)切開後を危惧してしまう広告

スポンサーリンク

 

何度かこのブログで、粉瘤のことを書いていますが、切開の日がだんだんと迫ってきました。

 

www.nemokotan.com 

私の場合、鼻の付け根にできています。

パッと見ただけでは分からないほどの小さなものですが、手術で取り除くことになっています。

 

手術を受けるため、先日紹介された病院へ行った時、先生から手術後の説明を聞きました。

 

3ヶ月間は、その切開したところに茶色のテープを貼っておかないといけないとのことでした。

 

その場所は、ちょうどメガネのレンズをつなぐフレームのあたりですが、マスクで隠れる位置ではないのが、ちょっと残念です。

 

いや、かなり残念です。

 

傷跡は小さくても、茶色のテープが顔のど真ん中に貼られるとなると、その茶色のテープはきっと、みんなの熱い視線を浴びることになるでしょう。

 

幸い今現在は仕事をしておらず、会う人が限られてはいますが、用事で出かけることはあります。

 

それなのに、こんな広告を見つけてしまいました。

 

f:id:nemokotan:20190914093735j:plain

このシワ予防だかシワ伸ばしのテープ。

 

このテープを知っている人が、私の鼻の付け根に貼られるであろう茶色のテープを見た時、『あっ、あの人場所間違えてる。』とか、『外出先でまで貼らなくてもねぇ。』なんて呆れてしまうのではないか、と心配になってしまいました。

 

あぁ、なんてタイミングでこの広告に気づいてしまったのでしょう。

 

 

 スポンサーリンク