人生一度きり

発達障害の子を持つ母としての経験談。自分の鬱、適応障害の体験談。その他日常で思ったことなど。1ミリでも前向きに生きてます。

迷惑かけたっていいじゃない

『人に迷惑をかけてはいけない。』と言わて育ってきた人、結構多いのではないでしょうか?

 

もしくは、親の背中を見てそう感じながら大人になった人、多いのではないでしょうか?

 

だから、本当は助けて欲しいのに、誰かに助けを求められない人、多いのではないでしょうか?

 

そういう私も、どちらかというとそちら側です。

 

そもそも『迷惑』ってなんだろう?

と考えました。

 

あえて調べずに、自分で考えました。

 

『迷惑』はとても曖昧なのものではないかと思います。

 

自分が良かれと思ってしたことが、相手にとっては迷惑になってしまうこともあります。

 

受け手次第で、『ありがたい』ことにもなるし『迷惑』なことにもなってしまいます。

 

明らかに迷惑なこともあります。

 

ニュースで報道されるような、故意的な騒音問題、ごみ屋敷問題などは明らかに迷惑なことです。

 

また、相手の都合を考えずに、誰かに頻繁に電話をかけて長々と愚痴を言ったり、自分で計画的にお金を使えず誰かに頻繁にお金を借りたり、極端な例ではありますが、こういうことは明らかに迷惑なことだと思います。

 

こういう明らかな迷惑は、ダメです。

 

でも、そういうのではなくて、相手の助けを借りたい時、借りなければならない時に、助けを求めたり助けられたりするのは迷惑なことではないと思います。

 

よく『人は一人で生きられない。』って言いますよね。

 

一人で生きなくていいって思います。

 

 

いざという時の迷惑 

私の両親は、私が大人になってから離婚しました。

 

私自身が、もう見ていられなくて私は母に強く離婚をするように勧めました。

その時母は、「あんたに迷惑かけられない。」と言いました。 

私は「そんなこと言ってられないでしょう。」と言って説得しました。

 

家を出る時は、夜逃げならず、まっ昼間逃げをしました。

 

母は、8人兄弟で親戚が沢山いたので、"引越し"は「親戚に手伝ってもらおう。」と母に言ったところ、その時も「兄弟たちに迷惑はかけられない。」と言って拒みました。

 

私は、「迷惑なんてかけたことないんだから、こんな時ぐらいは迷惑かけてもいいんだよ。」と言うと、母は納得したようでした。

 

母が"キョウダイ"のうちの一人に事情を伝えると、その伯母が"キョウダイ"たちに招集をかけてくれて、二日後だったか三日後に"引越し”の日が決まりました。

 

私と母が住む家は、二人の伯父が、使ってない家があるから使ってくれと言ってくれました。

 

オバたちが考えてくれて、結局、新しい方の家を借りることになりました。

 

母は兄弟のうち、下から2番目なので、引越し作業をするのには伯父オバたちはいい年齢になっています。

ですが、できる限り集まってくれ、従兄弟たちも手伝いに来てくれました。

 

一人は大工をしているので、トラックも用意してくれ力仕事も頼れました。

 

f:id:nemokotan:20190709085026p:plain 

こうして、親戚の助けを借りて私と母は無事"引越し"をすることができ、新しい暮らしを始めることができました。

 

この時しみじみと、"キョウダイ"が沢山いるっていいなぁ、と思いました。

 

こういう本当に困った時、人様の助けを借りてもいいのではないのかと思っています。

 

できる時に恩返しをしましょうなどと、きれいごとは言いたくありません。

 

ただただ、人様の助けをありがたく受け入れる、もうそれに尽きると思います。

 

そして、感謝の気持ちを忘れないことです。

 

 

日常的になってしまう迷惑

自分のことを例にとると、入院した時や病気の時、精神的に不安定の時など家族や友人に心配や迷惑をかけてきました。

 

こういう時は、迷惑をかけてしまうのは避けられません。

 

ですが、もし逆の立場だとしたら、相手のことを想って迷惑だなんて感じないと思うのです。

 

それでもやっぱり、面倒をかけてる側からすれば、『迷惑かけてるな。』と思ってしまいます。

 

もうそれは、仕方ないことです。

 

迷惑をかけてしまってる自分を許してあげるしかないです。

 

そして、感謝の気持ちを忘れずにいることです。

 

 

人間関係の希薄さが取り沙汰されている昨今だからこそ、人に迷惑をかけるぐらいでちょうどいいのでは、というと語弊がありそうですが、困った時は人の助けを借りて、それを素直に受け入れられたら、もっともっとみんなが生きやすくなるのではないかと思っています。

 

 スポンサーリンク