人生一度きり

発達障害の子を持つ母としての経験談。自分の鬱、適応障害の体験談。その他日常で思ったことなど。1ミリでも前向きに生きてます。

正論をかざして自分を正当化するのに忙しい人

人生一度きりnemokotanです。 

 

何か自分に不都合なことがあった時、

 

いつも正論をかざして

 

自分を正当化するのに忙しい人、周りにいませんか?

 

その人には、自分の言動をかえりみる余地などありません。

 

その人にばかり

どうして不都合なことが度々起こるのでしょう?

 

それは、いつも自分にとって不都合なことを探しているから

ではないでしょうか?

 

目をカッと見開いて、何か不都合なことや不満なことを

くまなく探しているからではないでしょうか?

 

f:id:nemokotan:20190724163422p:plain

 

意識がいつもそっちに向いているから。

 

いいことだって沢山あるはずなのに、

 

意識がいつも不満なことに向けられているから

 

余計に不都合なことを引き寄せてしまっているということも

 

あるのではないでしょうか?

 

私は引き寄せの法則を信じています。

 

いつも自分を正当化してないと気がすまないのは、

 

おそらく、

 

自分に自信がないからなのでしょう。

 

自分に自信があれば、

 

わざわざ正論をかざして自分のことを正当化しなくてもいいはず。

 

簡単に言ってしまえば、言い訳なんてしなくていいはず。

 

言っていることは確かに正しいかもしれないけど、

 

それはあくまで自分目線。

 

相手にだって自分目線がある。

 

相手の『自分目線』を推しはかるでもなく、

 

あくまでも自分目線であるから

 

確かに正論になる。

 

その正論だって

 

よく言われているように、

 

『世の中、正論がいつも正しいことだとは限らない。』

 

と思うのですよね。

 

正論をかざして自分を正当化することに追われていたら、

 

いつまでたってもそこから抜け出せないでしょう。

 

 

 

 スポンサーリンク