人生一度きり

発達障害の子を持つ母としての経験談。自分の鬱、適応障害の体験談。その他日常で思ったことなど。1ミリでも前向きに生きてます。

血圧問題

スポンサーリンク

人生一度きりnemokotanです。

 

今日は関東は朝から暑かったです。

 

午前中に車で外出し、1時間ぐらい外の駐車場に停めていたら車の外気温が45度でした。

エアコンを全開にしてどうにか暑さをしのげるといった具合いでした。

 

さて、今日は歯医者に行ってきました。

 

おととい、奥歯の詰め物が取れてしまったので、その取れた銀歯を言われた通りに持っていき、周りの歯を少し削りなおして詰めてもらいました。

 

ここ数年、あの歯医者のドリルの音が耐えられず、子供のように泣いて気を紛らわせることができたらどんなにいいだろうと思います。

 

もうそれはそれは恐怖でなりません。

例え麻酔をしていたとしても怖いし、ましてや麻酔をしていないとなると恐怖MAXです。

その恐怖MAXの状態で耐え続けるのです。

楽しいことを考えようとしても、その効果は虚しく恐怖MAXには変わりありません。

特にあの高音は恐怖MAXをあおりにあおります。

 

ようやく終わる頃には、めまいがしてフラフラになってしまいます。

f:id:nemokotan:20190726175141p:plain

今日のめまいは酷く、すぐに立ち上がれないほどだったので、先生に「なんかフラフラしちゃって。」と正直に言って少し時間稼ぎをするしかありませんでした。

 

先生は、「あー、怖い思いさせちゃったかな。30分ぐらい寝て行っていいよ。なんならお茶でも飲んで行って。」なんて優しく言ってくれましたが、さすがに甘えるわけにも行かずなんとか立ち上がりました。

 

フラフラしながらも、気合いで車を運転して買い物を少しだけして帰ってきました。

 

そして、帰ってきてから血圧を測ってみたところ、血圧もMAXでびっくり。

こちらです。ジャーン!

 

f:id:nemokotan:20190726174711j:plain


歯医者が終わってから20分か30分後です。

 

私は3年前に一度血圧が高かった時がありました。

その時、医者に1ヶ月ほど自分で血圧を測るように言われて、最終的に血圧の薬を勧められました。

 

自分で1ヶ月間、血圧を測っていた時は大体上が150前後、下が100前後でした。

いい時で上が130、下が90ぐらいです。

 

このような状態で血圧の薬を飲む必要が本当にあるのかどうか疑問に思いながら、血圧の薬を2ヶ月ほど飲んだでしょうか。

 

疑問に思いながらではありましたが、母方のキョウダイ達は皆高血圧で薬を飲んでいたので、『遺伝だから仕方のないことか。自分も薬を飲む時が来たのだなぁ。』と一時は諦めました。

 

でも、毎月病院に通うのは面倒だし医療費もかかります。

それに、上が150で本当に飲む必要があるのかどうかと言う疑問もぬぐえませんでした。

 

調べてみると、『脳梗塞を防ぐためにも降圧剤を飲んでいるのに脳梗塞になる人がいるのが疑問だ。降圧剤が脳梗塞を引き起こしているのではないだろうか。』

と言った医師の声もちらほら聞こえてきました。

 

そして、私は2ヶ月間薬を飲んだ後、病院に行かないことにしました。

 

その後も血圧は気が向くと測っていました。

 

薬を飲まなくても、上が120代や130代の時もありましたが、いつも低めなわけではなく、150前後が多かったと思います。

 

血圧というのは、ストレスや睡眠不足などで上がることもあるようです。

 

私は、あの時はたまたまだったのではないかと思い薬を飲まない決心をますます固めていきました。

 

しかし、150代ぐらいの血圧だと、今日のようにちょっとしたことで、血圧がすごく上がってしまうからよくないということもまた、私の頭の中にこびりついています。

 

今日のように歯医者に行って、こんなにも血圧が上がってしまうのですから。

 

そして、すぐには立ち上がれないほどのめまいを引き起こしているのも事実です。

 

歯医者に行った時だけは、血圧の薬を飲んだ方がいいのかどうか真剣に考えてしまいます。

 

本当のところは一体全体どうなんでしょう。

 

私の頭を悩ます血圧問題です。

 

 

スポンサーリンク