人生一度きり

発達障害の子を持つ母としての経験談。自分の鬱、適応障害の体験談。その他日常で思ったことなど。1ミリでも前向きに生きてます。

ブログ開始3ヶ月たって思うこと〜ブログは『わたし』でいられる大切な場〜

スポンサーリンク 

どうも。ねもこたんです。

 

おかげさまで、今日でブログを開始してから3ヶ月になりました。

あっという間の3ヶ月でした。

 

みなさん、いつもスターやブックマークやコメント、本当にありがとうございます。

これがなかったら続いてなかったかも、と思うほどすごくモチベーションになっています。

みんな優しすぎる〜(*≧∀≦*)

本当にいつもありがとうございます!

 

いつもはみんなの前で口に出しては言っていませんが、スターなどのお知らせが届く度に、「ありがとう!」って声に出して言ってます。

出先では、心の中で「ありがとう!」って言ってます。

 

一人で言っていてもやっぱり伝らないので、これを機会にみなさんに「ありがとう!」と言わせてください。

 

また、はてなブログ以外のいつも見に来てくれている方々、偶然見にきてくれた方々にも、本当にありがとうございます!

f:id:nemokotan:20190809131901p:plain

ブログでは、私は月並みなことは書きたくないのですが、この「ありがとう。」は特別です。

 

思い立ったが吉日で、突如始めたブログ。

ブログのことは何にもわからず、ほとんど調べずに始めました。

そして、ブログにまつわる色々なこと、書きながら少しずつ前進して来ました。

 

先人たちの情報は神でした。

 

3ヶ月経ってみて思うことは、私にとってのブログは、私が「わたし」でいられる場所だということ。

 

母でもなく、妻でもなく主婦でもない、個の『わたし』でいられる場所。

 

だから楽しい!

 

自分らしくいられる場所や時間って、とても大切だと思うのですよ。

 

例えば、友人と一緒にいる時は唯一『わたし』でいられる時間です。

だから一日中一緒にいても、時間があっというまに過ぎてしまう。

 

学生の時はいつも友人やテニス仲間と一緒にいたから、だから毎日が楽しかったのだと思います。

  

息子が生まれる前にテニスをしていた時も、テニス仲間と一緒にいる時間は本当に楽しかった。

 

職場の仲間といる時も、みんな優しくて、わたしのことを受け入れてくれてくれたからいつも『わたし』らしくいられた。

「わたし」らしくいられない職場もあったけど、始めの5年半と最後の9ヶ月は本当に楽しかった。

 

でも、それぞれが家庭を持って子供が生まれると、なかなか思うように会えなくなってしまいました。

 

最近では、英会話の先生と話す時は『わたし』でいられる時間。

でも、こちらは一つ問題点が。

私の語学力のせいで、コミュニケーションが円滑に取れなことです。

 

それでも、8割方コミュニケーションが取れていると思っています。

そんな『わたし』でいられる時間は本当に貴重で大切な時間です。

 

 英会話以外では、たまーに友人と会うか電話で話す程度で、日常的に自分らしくいられる場はありません。

 

と言っては、一応夫がいるので語弊があるかな。

私は妻でいるという感覚はあまりないから。

でもやっぱり友人といる時の『わたし』ではないかな。

 

9年前に 適応障害と診断されたのも、息子のことだけではなくて、『わたし』でいられる場所がなかったことが半分くらい原因になっていたのかなと思っています。

もし、『わたし』でいられる場所が日常的にあったなら、症状はもう少し和らいでいたかもしれない。

 

そのことは自覚していたのもあって、出来る限り一人の時間を作るようにしていました。

 

お一人様ツアーに海外も含めて3回行ったのもそうだし、時にはホテルに泊まってのんびり過ごしたり、映画やショッピングに行ったりと。

 

普通のママからすれば、ヒンシュクをかうかもしれない。

でも、うちは普通じゃないし。

 

そうでなくても、私は世間一般の『普通』に囚われたくない。

人それぞれの状況があるし、考えがある。

 

だいたい自分の「普通」を押し付けてくる人に、ろくな人はいないと思う。

あーあー、言っちゃった。言っちゃった。

 

幸いにも私の周りには、私に「普通」を押し付けてくる人はいませんでした。

 

話は戻って、私にとって特に子育てが大変だったからこそ、一人の時間を大切にして来たのです。

 

そんな一人時間も本当に大切なのですが、そこには受け手がいないのも確かで。

 

人って、誰かに話しを聞いてもらったり、それを伝え返してもらったりすることで『わたし』を感じるとるものだと思うのです。

 

それがこのブログだったのです!

 

誰かに私の話していることを聞いてもらっていると実感できることで、『わたし』を感じることができます。

それがスターだったりブックマークだったり、ブクマなどのコメントだったりです。

ただアクセス数をジーッと眺めているだけでは、うっす〜らとしか感じられないと思うのです。

 

だから、リアクションしてくれるみなさんには、もう感謝しかありません。

 

先日は『もう一度バズりたい』というようなブログを書きました。

スマートニュースに載りたいという意味だったのですが、少し言葉足らずでした。

  

www.nemokotan.com

 

もちろんスマートニュースに掲載される記事は素晴らしいし、ブクマが沢山ついたものだったりで価値あるものは確かです。

 

あっ、でも私のはたまたまの一発屋で、きっとAIがタイトルで選んだのでしょう。

 

そう!バズりたいと言ったのは、スマニュー砲を受けたいという意味だったのですが、

あたしゃ、AIなんかには操られないぞ。

SEOなんて知らないぞ。

なんて私がいうと、ただの負け惜しみに聞こえるのはなぜでしょう?

 

実際にそんなの勉強する気は今のところないし、勉強したところで活かせる自信だってない。

 

スマートニュースに載った時は、自分では見れなかったのですが(のちにアプリをダウンロードしました。おそっ。)、ただただ数字が増えていくのを眺めてるいるよりも、一つでもコメントをもらえた方がよっぽども嬉しいってわかりました。

もちろんスターだって嬉しいです!←ちょーだいアピール。

 

で、いきなり締めますが、 

これからも、『わたし』らしく、書きたいと思ったことを自由に書いて楽しみたいと思います。

 

「トウモロコシ」に懲りず、これからもどうぞよろしくお願いします。

  

www.nemokotan.com

 

 

スポンサーリンク