人生一度きり

発達障害の子を持つ母としての経験談。自分の鬱、適応障害の体験談をと思い始めましたが、最近ではその他日常で思ったことなどがメインです。1ミリでも前向きに生きてます。

日本人だけど温泉があんまりな私

スポンサーリンク 

ねもこたんです。

 

みなさんは温泉は好きですか?

 

私は、入ってしまえば気持ちがいいと思うのですが、「大好き〜!」「宿は温泉重視!」というほどではないのです。

 

でも我が家の男たちが温泉が好きなので、彼らのために宿は温泉重視してます。

 

大抵の人は、「温泉ていいよね〜。」と言うだろうし、実際によく言われます。

 

でも、例えば北海道出身でもスキーはしませんとか、沖縄出身だけど泳ぎませんみたいに、私は日本人だけど温泉はそれほど好きではありません。

 

こんな人もいるんだって知って欲しいです。

 

入ってしまえば、それは確かに気持ちがいいって思うのですよ。

特に露天風呂なんてのは。

f:id:nemokotan:20190818171315p:plain 

それでも、1分もお湯に浸かればいい方かな。

 

なぜそんなに好きではないかというと、

 

まずは、旅行ですごく疲れているのに温泉のある所まで歩いていくのが大変。

 

そして、体を洗う時にお湯の温度の調節がすごく大変。

 

次に、出てくるお湯の量の加減だったり、大抵はお湯がシャーッと出てきてはピタッと止まってしまい思うように流せない。

 

これ、すごくストレス。

 

そうして苦労して顔や体を洗っているうちにすっかりのぼせてしまい、お湯に浸かるのはほんのちょっとです。

 

せっかくの温泉だから、少しは入ろうかなと義務的に入ります。

 

まさしくカラスの行水状態。

 

で、ようやく温泉から脱衣所に出るとムッとしていて息苦しいんです。

 

先日行ったホテルはそれがなかったので、それだけでも嬉しかったです。

脱衣所が涼しくしてある所はありがたいですね。

 

体力のない私にとっては、温泉に入るのは一苦労なんです。

 

あまりに疲れている時は、お部屋のお風呂で済ませたこともあるぐらい。

 

普段あまり話さない温泉大好きな息子は「なんでー?せっかくなのにもったいない。」と、思わず私に言ったほどです。

 

で、少しでも負担を減らすべく先日の旅行では、脱衣所にある洗面台で洗顔を先に済ませることにしました。

 

そうしたところ、だいぶ負担は軽くなりました。

 

それでも体を洗う時は、一瞬しか出てこない蛇口のお湯と格闘せねばならず、もうほとんど残されていない私の貴重な体力は奪われるばかり。

 

こんなわけで、私にとって温泉に入ることはすごく大変なことで、あんまり好きではないんです。

 

これを読んでくださるおそらく日本人のみなさん、こういう人もいるんだな、って知ってもらえるとありがたいです。

 

余談になりますが、先日箱根に行った際フランス人をあちこちで見かけました。

私が入ったホテルの温泉に、外国人女性が2人仲良く慣れた様子で悠々と露天風呂に浸かっていました。

 

ちょっとびっくりでした。

外国人は、裸に抵抗があると思っていたからです。

 

でもこれも偏見ですね。

 

日本文化を肌で感じてもらうのは嬉しいなぁ、と温泉があまり好きでない私が言うのもなんですがそんな風に思いました。

 

 スポンサーリンク