人生一度きり

発達障害の子を持つ母としての経験談。自分の鬱、適応障害の体験談。その他日常で思ったことなど。1ミリでも前向きに生きてます。

アラフィフの自宅でマッサージグッズと、若く見られてもいい事ないって話

ねもこたんです。

 

『光陰矢の如し』 アラフォーと呼ぶには厳しいからアラフィフの私です。

立派な中年だわ〜。

 

エスカレーターの横がなぜか鏡になっているお店があって、あれホントやめて欲しい。

ふと見た自分が、なんかおばさんぽくなってきたなぁって自覚せざるを得ない。

毎度そんな現実に直面せざるを得ないのですよ〜、あの謎のカガミ。

 

最近自分でそんな風に思っていたけど、先日マッサージに行った時に会話の中からうまいこと私の年を割り出され、と言っても、もともと私は隠すつもりは全くないのだけど、10歳ぐらい若く見られて嬉しいっていうかビックリでした。

 

お姉さんの言う「10歳ぐらい下に見えた。」って10歳はさすがに盛ったかも知れないけど。

 

会話の流れから最終的に私が結婚した年を言ったらすごくビックリしていて、逆算しても計算が合わなかったらしく、お姉さんの頭の中は逆算シュミレーションと格闘してたみたい。

f:id:nemokotan:20190830083305p:plain

 

その計算でいくと、私は高校生ぐらいで結婚したことになります(*≧∀≦*)

繰り返し驚いていたので、本当にビックリしたんだと思います。

 

若く見られたらしいです。

嬉しいには違いありません。

 

そうは言ってもね、若く見られてよかった事なんて一つもないんですよ。

年下の人になめられるっていう事しか記憶にございません。

 

老けて見える人は老けて見える人なりの悩みがあり、若く見える人は(自分で言うか!)若く見える人なりの他の人にはわからない悩みがあるんです。

 

私個人的には、年相応に見られるのが理想です。

 

で、なぜか同じくらいの年の人はだいたいわかるんですよね。お互い。

自分が通ってきた道だからか自分より年下の人はだいた検討がつくけど、自分より年上の人は全く検討がつかない、なんてことはないですか?

 

だから、自分より年下の人からすると私も年齢不詳になるみたいです。

昔からそうでした。

 

相手の人が私のことをずっと年下だと思っていて普通に話していて、実は自分よりも私が年上だったと知った途端に敬語になり態度が変わるということがたまにあって、イヤでした。

 

そういえば、去年レジのパートを少ししていたことがあって、仕事を教えてもらった人が明らかに自分より年下なんだけど、なんか素っ気ない教え方する人だなぁと思っていたんです。

 

敬語とかも使わないし。

 

でも、そういう人なのかと思って気にしていませんでした。

職場では彼女の方が先輩だし、そういこともありだなと。

 

で、何かの拍子に私の年がだいたいわかったら、やっぱりビックリしていて「学生さんかと思った。」って。

 

いくらなんでも、そりゃあないでしょう(笑)

嬉しくなんてないですよ。

もうね、心の中で大爆笑です。

学生はないでしょう。

 

三角巾で年齢が隠れたのと、私は新人だったし、かなり低姿勢だったからだと思われます。

 

『若く見られる自慢』をしてしまいました。

きっと頭の中も若いからなのでしょう。 

 

とは言っても、迫りくる加齢の勢いにはやっぱり悪戦苦闘する中年女でございます。

それが現実です。

 

中年になると、予想もしていなかった病院代美容院代がかさむと知りました。

いまだに臨時出費な感覚ですが、もう腹をくくって必要経費に落としこまなければなりません。

 

ですが、入ってくる分が増える訳ではないので、結局、病院代と美容院代はマイナスなイメージです。

じゃあ働けよって言われそうです。

おっしゃる通りでございます。

 

病院代に関して言えば、定期的に行くのは婦人科、内科、心療内科。臨時なのは歯科。

今年は形成外科も。

 

www.nemokotan.com

 

美容院に関して増えたことは、白髪染めです。

『ちょろっと白髪』は、精神衛生上わたしにとっては大変よろしくありません。

なので心のケアも含むことになります。

 

溜まった疲れをとるために、今度ヘッドスパにも行ってみたいと思ってます。

 

そして、先日のマッサージ。

体の歪みもあるので、今後は整体にも行きたいです。

放置すると、将来的に整形外科のお世話になってしまうと思うから。

 

www.nemokotan.com

  

こうして体のメンテナンスにかかる費用が増えてきました。

 

そんな訳で前置きが長くなりましたが、少しでも体のために自分で自宅でやっていることを紹介したいと思います。

『やっていた』ことも含め。

 

 

顔マッサージ 

こちらは健康というよりは美容の部類になります。

ですが、女性にとっての美容は心の健康にもつながります。

 

 もともと下ぶくれの顔をしているので、たるみ候補だったお肉が人より多いです。

年齢とともにたるんだ頬を持ち上げて、小顔を目指します。

しかーし、気が向いた時しかやってないので効果が実感できてません。反省。

今日をきっかけに毎日頑張るとします。 

 
 
足裏ツボ押し
足の裏は全身のツボが集まっているんですよね。確か。 

足裏は若い頃から気が向くとやっていました。

 

こちらは天然木の木の香りがします。

私は好きですが、木のにおいが苦手な方もいるかもしれません。

足裏を押すときにとっても手に馴染んで、カーブも絶妙でうまい具合に力が入ります。

最小の力で最大の力がかかる感じです。

 
 

アマゾンより
 
 
 
ふくらはぎマッサージ
下の本についてる付録のコロコロです。
ふくらはぎ用のコロコロは、他にも色々と出ています。
特に寝る前に『ふくらはぎコロコロ』すると、翌日なんとなく体の調子がいいように思います。
 
コロコロではないけど、夫が時々寝られない時があって、そういう時にふくらはぎをマッサージしてあげるとよく寝れるみたいです。
 
なんて書くと優しい妻みたいだけど、その何十倍もイヤ、何百倍も私は肩のマッサージを夫に強要しています。

  

アマゾンより

 

 アマゾンより

 

 

足裏のマッサージ 

上記とかぶりますが、
足裏をゴロゴロとローラーの回転でほぐしてくれます。
私は、何年前だったか覚えてないくらい電気屋さんで安いのを書いました。

 当時3千円台だったような。

押入れにしまいこんであるので(説得力ないねー。)参考までにこちらをどうぞ。

いいのが欲しいです。

 

アマゾンより 

 

 

こんなものと合わせて、皆さんは適度な運動を取り入れましょう。

やってるわい。って?

失礼しました。

運動が必要なのは、この私でした。