人生一度きり

発達障害の子を持つ母としての経験談。自分の鬱、適応障害の体験談。その他日常で思ったことなど。1ミリでも前向きに生きてます。

【鹿島神宮】に行ってきました〜すごい森林浴ができました〜

我が家はそんな都会にあるわけでもないけど、近くに森や林などのがないんです。

関東平野の端くれに住んでます。

 

自然児のねもこたんは、毎日「あー、山に行きたい。」「山に行かないと死んじゃう。」ってぐらいに飢えているんです。

 

いっそのこと、森の中に住みたい。

でも、人の気配が全くないのは寂しい。

ウサギさんみたいに寂しいと死んでしまうねもこたんは、ポツンと一軒やみたいのはムリ。絶対ムリ。

 

少なくても週に1回は緑多き所に行かないと調子が狂う。

だから長きにわたり調子が狂ったんだと思う。

それだけではないけどさ。

 

結婚式に友人が紹介してくれた私の取り扱い説明書にも「週に1回は山に連れて行くように。」ってあったのに、夫はそれを守って来なかったからすっかり調子が狂っちまったんだ。

 

そんな私がすごい気に入ってしまった鹿島神宮の森の小道。

イヤ、小道っていうより大道ね。

もうね、両脇に並ぶ樹々が全部御神木?っていうぐらいの立派な樹で、ズラリと並ぶそんな御神木並みの樹の中を歩けて幸せでした。

 

そこはもう森の中。

下手な山歩きより、とーーーっても涼しくて人もごちゃごちゃしてなかったのが良かった。

拝殿から森の中へ。

f:id:nemokotan:20190908083213j:plain

 

後ろを振り返るとこんな感じ。

f:id:nemokotan:20190908092708j:plain


 そうそう、鹿島神宮に行ってきました」っていうタイトルでしたっけ。

 

鹿島神宮ご祭神は〜だとか歴史は〜だとか、もうどうでもよくなっちゃうぐらいの森の中だったものですから、つい。

もうそこの森の中に神様が宿っているって感じた次第。

 

歩ける所がいくつもあると言うのかな、途中から四方に広がっているんです。

あちこち歩いては休んで、2時間ぐらいいましたよ。

 神社に行って2時間てすごくないですか?

 

あっ、また話がそれてしまいました。

 

鹿島神宮は有名だし知っている人も多いと思いますが、一応紹介させて下さい。

ググればいいって話だけど、その一手間も惜しいでしょう?

私がググっておきましたので、ご興味ある方はこちらをどうぞ。

 

鹿島神宮について

鹿島神宮(かしまじんぐう、鹿嶋神宮)は、茨城県鹿嶋市宮中にある神社式内社名神大社)、常陸国一宮旧社格官幣大社で、現在は神社本庁別表神社

全国にある鹿島神社の総本社。千葉県香取市香取神宮茨城県神栖市息栖神社とともに東国三社の一社[1]。また、宮中の四方拝で遥拝される一社である。

  概要 

茨城県南東部、北浦鹿島灘に挟まれた鹿島台地上に鎮座する。古くは『常陸国風土記』に鎮座が確認される東国随一の古社であり、日本神話大国主の国譲りの際に活躍する武甕槌神(建御雷神、タケミカヅチ)を祭神とすることで知られる。古代には朝廷から蝦夷の平定神として、また藤原氏から氏神として崇敬された。その神威は中世武家の世に移って以後も続き、歴代の武家政権からは武神として崇敬された。現在も武道では篤く信仰される神社である。

文化財のうちでは、「韴霊剣(ふつのみたまのつるぎ)」と称される長大な直刀国宝に指定されている。また境内が国の史跡に、本殿拝殿楼門など社殿7棟が国の重要文化財に指定されているほか、多くの文化財を現在に伝えている。鹿神使とすることでも知られる。

  wikipediaより

 

ていうことらしいです。

 

アクセスはざっくりと、

 

車でのアクセス

東関東道 潮来I.C. から6〜7キロ。

 

高速バス

東京駅八重洲口からあり。「かしま号」

 

電車でざっくりと

東京駅から鹿島神宮駅まで乗り継ぎながら、約二時間半。

鹿島神宮駅から徒歩10分らしいです。

 

 

 カーナビに従ったら裏手の駐車場に着いた 

今調べていたら、カーナビによっては裏手の関係者道路に迷い込んでしまう、と言う記載を見つけました。

おっそー。

しかし、迷い込んだりはしてませんから〜。

ちゃんと関係者用の駐車場に辿り着きましたよー!

 

そんなこと知らなかったから、なんか工事関係者の人を見かけるなぁと思ったり、20台分もなさそうな狭い駐車場で、こんなに有名なのに、な〜んか変だなぁと思ったんです。

 

裏手、そう!まさに裏っぽいんですよね。

 

歩き進むうちに、オモテがあることを知るのです。

でもね、駐車場代がかからなかったからラッキー、ってことでよし!

 

その裏手には、トイレかと思って行ってみたら弓道がありました。

 

 

いざ神宮へ 

それでは、裏手から行ってみましょう。

でも、この写真は裏手の反対側から撮ったものです。

つまり正面から来るとこんな感じです。

f:id:nemokotan:20190908094807j:plain

まずは、ここで御朱印をお願いしていきます。

一つ300円です。

私は2種類を頼みました。

前の人たちも2種類頼んでいる人ばかりでした。

今回はぐっと我慢して、御朱印帳は買いませんでした。

 

自分の御朱印帳と引き換えに番号札を渡されます。

御朱印待ちの御朱印帳が山積みになっていました。

 

帰る頃には約100番、番号が進んでいたので私たちがウロウロしている間に約100人もの人たちが頼んだということになりますよね。

び、び、びっくりです。

 

この写真手前の写っていない所は、工事をしていました。

 

さて、お参りをしましょう。

裏手から行ったので、いきなり 拝殿です。

f:id:nemokotan:20190908092513j:plain

 

そしてさっきの森の中へ入って行きました。

 

本来なら、オモテから来たら鳥居をくぐって、(一応写真を撮ってきたので載せたいと思いますが、流し見して下さいね〜。って言われなくても流してるでしょう?そこのあなた?)

f:id:nemokotan:20190908130312j:plain

上に写る影は神様が降りていらしたのか?

じゃなくて、自分の指の影ですね。

せっかく誰もいない所が撮れたと言うのに惜しい。

 

鳥居の前で一礼して。

私はウラから来たため一旦出てから鳥居をくぐったので、まるで巻き戻しのようでした〜。

 

f:id:nemokotan:20190908130618j:plain

 

 門をくぐって。

 

f:id:nemokotan:20190908131110j:plain

手水舎です。

(読み方:ちょうずや、ちょうずしゃ、てみずや、てみずしゃ。)

何度も言うけどウラから来たので、もうお参りしちゃったけど一応お浄めしてと。

でも遅いよね〜。お参りしちゃったもんね〜。

 

f:id:nemokotan:20190908131449j:plain

もうすでに1周してきちゃったけど、これから行くかもしれない皆さんのために案内図です。

ねー、広いでしょう。

2時間いちゃうの、わかるでしょう?

よ〜く見たい方は、スマホで拡大してみて下さいね。

 

てくてく歩いてさっきの拝殿に着きます。

その向こう側が森の中です。

森の中を歩いていると、さざれ石なるものがありました。

勉強熱心な方は、さざれ石をググってみて下さい。

f:id:nemokotan:20190908132642j:plain


 てくてく歩いて行くと、鹿がいました。

この神社は鹿を神の遣いとしているからなのでしょうか。

f:id:nemokotan:20190908133105j:plain

鹿の柵の周りに更に柵が張られていて、エサを買った人のみがその外側の柵の中に入れることを許されます。 

鹿さん可愛いけど、けっこう動物園クサかったなぁ〜。

私は長くは居られないわぁ〜。

写真だけ撮って立ち去りました。

 

お次は奥の宮。

f:id:nemokotan:20190908133733j:plain

 

 お次は要石です。

地震を押さえている石だそうです。

表面はほんのすこししか見えませんが、おそらくは地中に大きく埋まっているのでしょうね。

「ちっちゃー。」なんて言ってはバチが当たりますよ。

f:id:nemokotan:20190908134110j:plain

f:id:nemokotan:20190908134152j:plain

f:id:nemokotan:20190908134234j:plain

 

歩いていると、下に降りる道があり、1、2分で行けると聞いたので降りてみました。

御手洗(みたらし)です。トイレではないですよ。

この横に茶屋と藤棚があったので、藤の季節に来るといいかもしれません。

そう言えば、ここの御朱印帳の表紙に藤の絵が描かれていました。

f:id:nemokotan:20190908134823j:plain

 

この反対側は、こんな感じ。

f:id:nemokotan:20190908135009j:plain

 

このあたりにベンチがいくつかあるので休憩できますね。

 

私たちはソフトクリームを買って食べました。

が、想像していた味と違い甘過ぎて3分の1ぐらい夫に食べてもらいました。

なにも無理に食べさせたわけではないですよ。

「もう食べれないけど、いる?」って聞くと、必ず「うん。」って言って食べるんです。

 

森の中はここが最後。

御朱印をいただいて帰りました。

 

いや〜、満喫しました。

パワーチャージできましたよ。

個人的には神社うんぬんより、なんて言ったらバチあたりですね。でも、森林浴したくなったらまた来たいと思いました。
近所にあったら、毎日でも歩きたいわぁ〜。

 


スポンサーリンク