人生一度きり

発達障害の子を持つ母としての経験談。自分の鬱、適応障害の体験談をと思い始めましたが、最近ではその他日常で思ったことなどがメインです。1ミリでも前向きに生きてます。

大好きなお味噌汁

ねもこたんです。

 

今日から3連休の人も多いのではないでしょうか?

そして来週も、またまた我が家は3連休になります。

 

連休で思い出したのが、息子がまだ幼稚園生だった時のゴールデンウィークの時のことです。

 

我が家はカレンダー通りの休みなので、ゴールデンウィークはなかなか大型連休にはなりません。

 ですが、連休がきてはまた連休。

 

私は普段の3連休でも遠出はしない主義なんです。

どこに行っても激混みだし、道路は渋滞するからトイレも心配だし。

そこを押してまで、出かけたいとは思いません。

 

でも考えました。

当時息子は幼稚園生。

幼稚園が始まったら、息子は友達と会話するのか分かりませんけど、誰はどこに行ったとかいう話にきっとなるんだろうなぁ〜と。

 

それで、遠出は無理だけどせめて映画ぐらいは行ってあげようと思い、確かドラえもんを観に連れて行きました。

 

一応、私の中ではどこかへ連れて行ってあげたつもりでいたのです。

 

で、少し後になって知るのですが、幼稚園でゴールデンウイークの思い出の絵を描いたようなんです。

 

まさかそんなことがあるとは知らない私。

そんなことがあるなら、もう少し「ちょびっと遠出」くらいはしたかもしれないのに〜。

教えてよ、先生〜。

 

で、息子の描いた絵というのが、なんと「お味噌汁の絵」でした。

f:id:nemokotan:20190914183403p:plain

 

私は、「えっ?!」ってなりましたよ。

映画連れて行ったじゃん。って。

 

そう言えば連休中、息子の好きなお味噌汁の作り方を教えてあげたくて一緒に作ったのです。

息子がなんとなくお料理に興味を示していたのだと思います。

私がそんなことを思い立ったのですから。

 

今でも、息子はチョチョっと食べたいものを作ります。

私はお味噌汁以外は全然教えていませんけど。

 

で、息子にしてみたら、お味噌汁を作ったことが一番の思い出になったんでしょうね。

私には、わかるような気がします。

 

あの時、幼稚園で、息子はだいぶ変わった子だと思われていて、母親の私も苦労しているのを知っていた先生は、きっと気をつかってそっとしておいてくれたのでしょう。

絵のことについて何も言われなかったし聞かれませんでした。

 

でも、聞いて欲しかった。

聞いてくれれば私も、こんなわけで息子はお味噌汁の絵を描いたんです、と言えるじゃないですか。

息子にとってはすごい思い出になったみたいですって言えるじゃないですか。

 

先生は、息子がお題を無視して、好きな食べ物の絵でも描いたのかと思ったのかもしれませんよね。

そう思われても仕方ないほどトンチンカンでしたから。

 

息子が小学校低学年の頃、私が体調が悪く寝込んでいると、白いご飯に、手作りの楊枝で作った旗をさして、自分で作ったお味噌汁をお盆に乗せてベッドまで持ってきてくれたことが何度かありました。

 

普段、息子とコミュニケーションが取れないので、息子が何を考え思っているのかさっぱりわからないでいましたが、この時は、こんなことしてくれるんだぁとちょっと感動しました。

 

お味噌汁の作り方教えておいて本当に良かったです。

 

その後は、というかつい最近まで、私が体調が悪くご飯が作れないでいると、自分でお味噌汁を片手鍋いっぱいに作って飲んでいました。

残念ながら、おすそ分けはありませんでしたけど。

いいんです。

 

今では帰りが遅いので、ご飯を食べるのかどうかわからないのですが一応作っておきます。

すると、翌朝にはお味噌汁は一滴残らず飲んであります。

 

特別に凝ったお味噌汁ではないですよ。

美味しいだダシを使っていた時もありますが、基本は顆粒ダシです。

 

息子は小さい頃からおじいさんみたいな食の好みで、ぬか漬けとか煮物とかが好きでした。なかでも、お味噌汁は大好きみたいです。

 

 

 スポンサーリンク