人生一度きり

発達障害の子を持つ母としての経験談。自分の鬱、適応障害の体験談をと思い始めましたが、最近ではその他日常で思ったことなどがメインです。1ミリでも前向きに生きてます。

息子、YOSHIKIになる

ねもこたんです。

 

皆さんは、X JAPANYOSHIKI をご存知でしょうか?

 

今はアメリカに住んでいますが、千葉県館山市の出身で先日の台風の被災に寄付をしたりボランティアに出向いたりもしました。いやはや、すごいことです。

 

彼らの活動は一時解散もあり活動してない時期もありましたが、復活し、最初の結成から30年以上は経ちますかね?

それに比べたら、私はファン歴はまだ3年目と浅いですが熱烈なファンの一人です。

 

www.nemokotan.com

 

 

www.nemokotan.com

 

 彼の若かりし頃、数々の伝説があり、その真相をテレビ出演の際だったり、YOSHIKIチャンネルだったりでYOSHIKI 本人から聞いたことがあります。

 

ファンの方ならきっと誰でも知っていると思いますが、一応知らない方のために伝説の一つを説明したいと思います。

 

数ある伝説の一つ、若かりし頃ラジオ出演の依頼があり、YOSHIKIは「喋りたくないから出ない。」と言ったそうです。

 

関係者の方?プロデュサー?に「喋らなくてもいいから出てください。」と言われたので、それならばということでYOSHIKIは他のメンバーとラジオの収録に行きました。

 

で、彼は本当に一言もしゃべらないままその生放送を終え、後から「本当に本人はいたのか?」という苦情が殺到したそうです。

 

関係者の方は「あまり喋らなくてもいいから。」という意味で言ったようですが、YOSHIKI は「全く喋らなくていいから。」と解釈したようなんです。

 

その生放送のラジオで全く喋らなかったわけですが、一応、意思表示や返事をするために机を「トントン。」と叩いたそうです。

 

最近、まさにこの「トントン。」の意思表示と同じことを息子がするんですよね〜。

 

息子は高校生で、学校帰りにバイト、土日もバイトで遅くに帰ってくるのであまり家にいないのですが、いても口をきくことはほぼありません。

 

でも例えば、いつもなら起きる時間に起きない時がたまにあって、私は息子の部屋の前で「起きて!」「休むの?」などと言ったりします。

 

すると、部屋のドアを「ドンドン。」と叩きます。

言葉はありません。

「起きてるよ、うるさいよー。」と私にはそう聞こえます。

 

夜、「ご飯できたよー。」と下のリビングから2階の息子の部屋に向かって言う時も、「ドンドン。」です。

 「わかったよー。好きな時に取りに行くよー。」と私にはそう聞こえます。

 

息子と私の間では、もともとコミュニュケーションはほぼないのですが、そこに反抗期も加わっているのでしょうね。

 

いくら私がYOSHIKIのファンだからって、ドアを叩く返事はやめて欲しいです。

もちろん息子はYOSHIKIのその話は知りません。

 
 
スポンサーリンク