人生一度きり

発達障害の子を持つ母としての経験談。自分の鬱、適応障害の体験談をと思い始めましたが、最近ではその他日常で思ったことなどがメインです。1ミリでも前向きに生きてます。

記念品とかよりお米はありがたい

nemokotan(ねもこたん)です。

 

今日は、ねもこたんをいつもと逆にしてみました。

 

そんなことはどうでもいいんですけど、土日に自治会からお米が配られて夫がもらいに行ってきました。

 

なんで配られたかと言うと、手紙を捨ててしまってよく覚えていなのですが、確か令和になったことを記念してという名目だったような。

 

私は、とにかくなんでもいいけど、『お米がもらえるんだ〜。助かるぅ〜。』と言う喜びしかなかったので、名目はどうでも良かったので忘れました。

 

でも多分、令和を記念してだったような。

自治会費も余ってたのかな?

 

変な記念品とかより全然いいです。むしろありがたい。

お米なら無駄にりませんから。

 

実は昔、夫に会社の話で、詳しいことは言えませんけど、「お米配ったらいいんじゃない?」と提案したことがあります。

今は物をもらっても自由に買えるから、好きな物じゃないと嬉しくないと思うし、お米ならほとんどの家庭で無駄にはならないですよね。

むしろ、ありがたいと私は思うのです。

 

そんなわけで、今回の自治会の役員さんたちが一生懸命考えてくれたお米の配布は、私にとってはとても嬉しいことでした。

お年寄りが多い中、準備も大変だったことでしょう。

 

お米についてですけど、友人の話などを聞くと、親がお米を送ってくれるなんて言う話を聞くし、実家でもやはり祖母がお米を買ってくれていました。

 

夫は多分もうこのブログを読んでないみたいなので言っちゃうけど、夫の両親はそう言うの全然ないです。

それなのに、クレクレタコラだからいやになちゃって。

 

姑が「誰ちゃんちはこうだ。」とか言ってたけど、だったら私も言っちゃうよ。

「私の友人たちの親はお米を送ってくれるんだって〜。」って。

言わないけどね。

 

でもさ、誰ちゃんちはこうだから、あなたたちもこうしなさいと言うのは、なんだか子供みたいよね。要は頻繁に帰ってきてほしいだとか、近くに住んでほしいだとかってことだったんですけどね。

他、細かなことを言えば姑の不満はつきませんね。

自分の思い通りにならないと不満なんですから、そう言うタイプなんでしょう。

 

  「 でも」なのか、「だから」なのか、いろいろありまして、今はすっかり疎遠になってしまったからいいんです。

 

人の家にはそれぞれ事情ってもんがあるんです。

 

とにかく、今回のお米は嬉しいってことです。

新潟県産のコシヒカリ!5キロ。新米です!

自分では買ったことないですね。

食べるのが楽しみです!

 

 

スポンサーリンク