人生一度きり

発達障害の子を持つ母としての経験談。自分の鬱、適応障害の体験談をと思い始めましたが、最近ではその他日常で思ったことなどがメインです。1ミリでも前向きに生きてます。

心臓が悲鳴を上げた経緯

金曜、土曜と泊まりで出かけて、疲れのどっと出る月曜に美容院に行ってしまった。

 

旅行ではリュックを背負いっぱなしで歩き回りました。

 

これから伊勢神宮へ行かれる方は、手荷物を預ける所が所々にあるので、大きな荷物は預けて身軽に回って下さいね。

 

私たちが見た限りでは、一泊分の荷物が詰まったリュックなどを背負って歩いている人は、あんなに人がいたけど一人も見かけませんでした。

 

で、慣れない荷物を背負っての神社巡りをしてたけど、多分アドレナリン大放出していて、疲れが麻痺していたのでしょう。

 

東京駅に着いて自宅へ帰る路線まで歩く途中、「貧血が治ったらこんなに元気になったよねぇ〜。本当に良かったわぁ〜。」なんて自画自賛しながら、スタスタ歩いてたんです。

 

アドレナリン大放出中てな感じですね。

 

で、帰ってきた翌日というのは、疲れが麻痺していて普通に元気です。ですが、

翌々日にどどーっと、一気に疲れがでます。

 

でも、今回はそのどどーっと疲れが出た日に、無理をして美容院に行ったのです。縮毛矯正、3時間コースです。

 

なぜそこまでして行ったのかと言うと、旅行中は湿気が多く、縮毛矯正がほぼとれていて、私の前髪は、はらたいら、裾は外にピヨーンとはねあがって、後ろはウネウネ。

 

はらたいら、知らない方は是非?ググって下さい。

 

せっかくの旅行だと言うのに、こんな自分の姿が窓に映る度に、テンションだだ下がりでした。

 

そんなわけで、一刻も早くこの頭をどうにかしたくて無理を押して美容院に行ったのでした。

 

すると、たまたまその日は空いていて、担当の美容師さんがつきっきりでやってくれました。

とどうなるかというと、おしゃべり、おしゃべり、笑い、息継ぎなしのおしゃべり、笑い。

それは、自分ね。

 

この途中から異変があって、今までに感じたことのない心臓バックン、バックン。

口から出そうってまさにこのこと。

胴体が心臓でできてるみたいだった。

 

50メートルダッシュを何回もしたみたいな。したことないけど。

 

なんか、ヤバい。

でも、言ったところで心配させるだけで途中でやめられないから、なんてことない風に、でもできる限り間隔を置いておしゃべり。

 

バックン、バックン。

 

そのまま帰宅し、バックンが痛みに変わった。

でも、救急車呼ぶほどでもない痛み。

でも、不安になる痛み。

 

病院に行こうか、タクシーで行こうか、色々

迷ってるうちに病院はしまっていきました。

 

ここまで書いて、まさかの公開ボタンを押してしまった。

スマホやりにくい。

 

もう、続く、にします。

 

あ、いや、これこそが経緯です。

 

普段慣れてない重い荷物を背負って歩き回り、普段慣れてないおしゃべりを沢山し、もともと心臓弱めなところに、長年寝て過ごしてましたから、さらに弱くなり、心臓が急にびっくりしたのだと思います。

 

私はこう見えてとても敏感なの。

だから、今までもすぐ症状となって出るタイプ。こういう人は体のサインがその都度でるから、大病とかはきっとしないのではと思ってます。

ポックリ逝くのは期待できなそう。

大抵の人はポックリが理想でしょう。

私は日々、ぐうたらするにも何をするにも精一杯生きてますから多分後悔はないでしょう。

 

絶対ないとは言い切れないけど、その時は寿命なんです。

ただ、言い切れるのは未練はないかなぁ。おかげさまで。

 

それと、血圧が高くて具合が悪くなった時に、薬剤師さんが言ってたのですが、心臓が丈夫な人は症状が出ないらしいです。

健康診断などで、高いことに気づきビックリするみたい。

この夏にその話を聞いて、すぐ症状が出る自分は、あぁ、やっぱり私は弱めなのだな、と確信できたの。

 

自分の体は自分がよくわかってます。

だからこそ、大切にしてあげないといけませんね。

反省。。。