人生一度きり

発達障害の子を持つ母としての経験談。自分の鬱、適応障害の体験談をと思い始めましたが、最近ではその他日常で思ったことなどがメインです。1ミリでも前向きに生きてます。

薬局でもらった嬉しいもの

ねもこたんです。

生きてます。

 

先日、退院後の初の外来受診に行ってきました。

もうね、これについてもぶっちゃけ言いた事ある。もうあの医者嫌だわ。患者じゃなくてデータに寄り添う医師。医師じゃなくて「データ解析師」と呼ぶわ。

 

退院したと同時に新しい血圧を下げる薬を出されたのだけど、どう考えても退院後の方が調子悪いの。

激しい息切れ、動悸、ふらつき。

先生に、「薬の影響はありませんか?」と聞くと「ない。」と即否定。かなり控えめに聞いたのよ。

「もしかして、血圧が一時的に上がってなってるかもしれない。」とボソッと言った。

で、血圧がそれほど下がってないって事で薬を増やされて、「体調がおかしくなったらきてね。」と言われ、「もともと変なんだけどね。」と思いながら恐る恐る増やして2日飲んでみたの。

 

やっぱり変。で、血圧はそのまんまで効果なし。つまり副作用だけが出たってことね。

それで、今朝からきっぱりやめたらだいぶ楽になった。

薬の相談もできない医師なんて信用ならないわ。

私の体はこう見えて結構敏感なのよ。

 

心臓にはもう異常はないと言われ、血圧は薬を飲んでいるのに飲まない時の数値と変わらず、それで体調がおかしいのだから薬の影響としか考えられないわぁ。

 

総合病院の医師は、黙ってても患者が来るからなんか勘違いしちゃうのかね。

人としてどうよ、と思うとこしばしば。

でも、そんな医者ばかりではないとは思いますよ。こればかりは運なのですね。

 

まぁ、まぁ、落ち着いて。

 

で、その時に行った処方箋薬局でね、お土産?もらちゃったのよ〜。

 

子供の頃、薬局でカエルの指人形みたいのもらいませんでした?そこの昭和の人(笑)カエルの名前を忘れちゃったけど。

かろうじて息子が小さい時、カエルだったか忘れちゃったけど、指人形みたいのもらいましたよ。

 ちょっとしたものだけど、嬉しいですよね。

カエルの使い道はわからないけど。

 

今回、私がもらったのがこちらです。

  

20191110133239

 

 

20191110133301

 

ぬぁんと、これからの季節に嬉しいハンドクリームでございます。

しかも、このミニサイズは嬉しいね!

カバンに入れても荷物にならない。

しかも、カエルと違って使い道は抜群です。

まだ1回しか使ってないので、効果はよくわかりません。

ちなみに、夜は私はザーネクリーム派です。ザーネが一番な気がします。

 

こういうの、子供が歯医者さん頑張った時のご褒美みたいだった。私にとって。今回ばかりは本当にそう思ったの。

 

また話をぶり返しちゃうけど、あの医師と関わるのすごくストレス。

外来時、専門用語が3回飛び交ったから、さすがに3度目に聞いたわよ。もう一文字も覚えてないほど難しい名前だった。

そうしたら、今度はそれは「ホルモン」だという。

ホルモンで話が進むから「ホルモンって何ですか?」と聞く。

「だから〜、最初から話を戻すと、、、。」と医師。

医師の世界観で話されても、こっちはわからないよね、普通。あーホント疲れるわ。

挙句の果てには、「そのホルモンの数値が高いから、様子を見て大学病院に紹介をしようかと思っている。」と付け加えみたいに言った。

「はぁー?」

たこつぼ」をおこしたから、しばらく通ってもらうとしか聞いてなかった。

しかし、退院オッケーと伝えにきてくれた時、「でも、ちょっとホルモンがね〜。」と一人言を言って立ち去り、少々私に不安だけを残してくれた。

 

入院中もおかしなことがあったのですよ。

医師は知識や技術だけでなく、コミュニュケーション能力、説明の仕方などを訓練すべき時がきているんでない??そろそろ。

もちろん、いい医師だってたくさんいるはず。

 

あー、愚痴になってしまいました。

ごめんなさい。