人生一度きり

発達障害の子を持つ母としての経験談。自分の鬱、適応障害の体験談をと思い始めましたが、最近ではその他日常で思ったことなどがメインです。1ミリでも前向きに生きてます。

原発性アルドステロン症の疑いだそう

ねもこたんです。

4日ぶりの更新になります。

 

毎朝、山盛りの洗濯を2回とプラス、ニットなどの手洗いモードなどを1、2回の洗濯をして、前の晩の食器を食洗機にかけて鍋などを手洗いして、もうそれだけでエネルギー切れになってしまって、チーンと寝ておりました。

 

以前はドラム式の乾燥付き洗濯機を使っていましたが、今は乾燥はおまけ程度にできるけどあまり期待できない洗濯機を使ってます。なんか、買い替える時に魔が差したのでしょう。

花粉症だってあるのに。

もう壊れる前に買い替えたいぐらい。

 

 

で、胃薬を飲む前から疲れやすくてお昼寝は日課となっていましたけど、自分の感覚としては、胃の痛み止めとして飲んでいた「ストロカイン錠」がどうも眠気を助長しているような気がして昨日のお昼からやめてみました。

う〜ん、やっぱりその薬が影響していたのはありそう。

 

さて、何度かホルモンの数値の異常ということに触れてますが、医師からの説明では、アルドステロンというホルモンの数値が上昇しているため「原発性アルドステロン症」の疑いがあるとのことです。

 

あの高圧的主治医からは、そういうわかりやすい説明がなくて独り言のように単語を羅列するというのかな、とにかく素人の私にはよく分からない話でした。

その後、別の医師からきちんとした説明を聞くことができ、あのわけが分からない主治医の言っていたことがパズルのピースが合わさったかのごとく、理解することができました。

 

で、私は有益な情報を目指しているわけではないので、詳しくお知りになりたい方はググりまくってみて下さい、と前置きをしておきたいと思います。←ワー、投げやり〜。

 

医師からのわかりやすい説明では、アルドステロンというホルモンは副腎のホルモンで、この数値の上昇により、底カリウム、高血圧を引き起こすとのことです。

なので、例えば血圧を下げる薬を飲んでも対処療法に過ぎないというわけです。

 

副腎の詳しい様子を知るためには、大学病院などで検査が必要で、程度により薬を飲んで済む場合もあれば、必要であれば摘出するとのこと。

摘出してしまえば、血圧の薬を飲まなくてすむこともあるそう。

要は高血圧の原因を取り去ることによって、根本的に解決するということでしょう。

 

退院後、妙に疲れやすくて、というより日常生活に支障をきたすぐらい疲れやすくて、というよりほとんど寝ているのですけど、説明してくれた医師に聞いたら、そのホルモンの異常によることもあるそうです。

 

自分で調べてみると、鬱に似た症状がおきることもあり、精神科などを訪れて抗うつ剤を処方されても治りませんよ、みたいなことが書かれてありました。

それと、高血圧の人のおよそ10パーセントが原発性アルドステロン症であるとのことです。

 

鬱に似た症状とありますが、私の場合、気持ちがすごく落ち込むというまでではないのだけど、体が動けないと多少は落ち込みますわな。そりゃ〜、誰だって。

 

てなわけで、なるたけ(おじさん用語みたいな、なるたけ、好き。)リラ〜ックスして過ごしております。

 

自称「ムー民」な私はオカルト、ミステリー、な話が全般的に好きで、最近は山口敏太郎ATLASラジオというユーチューブにはまって、それを見ながらといより聞きながらリラ〜ックスしております。

 

「ムー民」をご存知ない方のために私なりに説明させてもらいますと、「ムー」というオカルト月刊誌がありまして、その雑誌を愛読する人を呼ぶのだと思います。

最近、私はその雑誌は買っていないので正確なところでムー民と呼べるのかわかりかねますが、広義にはそういったことが好きな人だと解釈しております。

私は、オカルト、ミステリーに関する本は読みあさってきたし、今もボチボチ読んでおります。

 

「私のブログを読んでいるとそんな様子が全然ないのですが、本当にムー民ですか?隠れムー民ですか?」と、はてなブロガーのマサ セイコウさんに聞かれましたけど、私は逃げも隠れもしません。

れっきとしたムー民です。

ということをここに宣言したいと思います。

 

スマホのプロフィールには書いてあります。スマホのプロフィールに書き込めることができたのが1ヶ月ぐらい前だったでしょうか、書き足したような形となりました。

 

で、なぜブログに書かないのかと言いますと、私にはまとめる力と記憶力が備わっていないこと、そして何より趣味として自分自身が楽しめればいいと思っているからです。

 

原発性アルドステロン症からひどく話が脱線してしまいましたが、次回たこつぼ心筋症で入院した先の病院に行くのが来月初旬で、その時におそらくは大学病院の紹介状をもらうことになるのではなかろうか、という状況です。

でも、たこつぼの影響もあるとかないとかで、今後のことがはっきりとは分からないのが現状です。

 

更新はゆるゆると気まぐれにすると思いますが、生きておりますのでどうぞご安心下さいませ。