人生一度きり

発達障害の子を持つ母としての経験談。自分の鬱、適応障害の体験談をと思い始めましたが、最近ではその他日常で思ったことなどがメインです。1ミリでも前向きに生きてます。

わたしたち、検見川神社に呼ばれたみたいです

ねもこたんです。

 

いつも私の拙いブログにお付き合いくださり、ありがとうございます。

そして、昨日はあたたかく、ご丁寧なコメントを下さった方、本当にありがとうございます。そのあたたかいお言葉が胸にしみました。

 

で、私、昨日は「カシウム」のことを「カシウム」と書いていたことに夜になって気づきまして、は、は、恥ずかしい〜〜〜

(T ^ T)

「カリシウム」と書いていてなんとなく違和感があったんですよね。

 

書くと言う行為は、頭の中で話すということなのだと思うのですが、書きながら、なんだか言いにくかったのです。「シウム」が違うのかなぁ、なんて思ってみたり。カタカナにスムーズに変換されないし、なんか変だなぁと思ってみたり。

 

そして、ブクマのコメントを下さった方が、私に合わせ「カリシウム」と書いてくれていて本当にお優しい方なんだなぁと思いました。

 

昨日は北風が身にしみましたが、何人かの方からの本当に心あたたまるコメントを頂戴しまして、心がポッカポカになりました。

本当にありがとうございました。

 

 

検見川神社へ行きました

 

検見川神社のほかにも行きたい神社がいくつかありました。

全部千葉県にあります。

 

香取神宮

千葉神社

菊田神社

 

迷った結果、今回2度目となる検見川神社に行きました。

 

www.nemokotan.com

 

直感で決めました。

 

今回も車で行ったのですが、神社の目の前に踏切があり、踏切まちをしている時にすぐ横に駐車場があることに気付きました。

おそらくですが、臨時駐車場のようにも見えましたが、ちょっと定かではありません。

 

そこに車を停めれば、鳥居をくぐって神社の正面から行くことができます。

前回は、その踏切を渡った先の駐車場に停めたので裏手から行くことになってしまいました。

ハンドルを切りまくって(夫がですけど)いそいそと臨時駐車場らしき所に車を停めることにしました。臨時でなかったらごめんなさい。

 

そこから歩いてすぐです。1分もあれば鳥居に到着です。

f:id:nemokotan:20200202075536j:plain

 

真ん中の「八方除」の提灯にご注目下さい。 

そうなんです!

こちらの神社は八方除で有名な神社なんです。(前回行った時に初めて知りました。

 

神社の説明が書かれた看板の写真を撮ったつもりが、なぜかないんです。

あれ?この写真がそう思って撮ったものかな?←テキトー

f:id:nemokotan:20200202080401j:plain

 

まあ、本気で行きたいと思ったらグーグル様で検索しまくるでしょうから、詳しい情報はそちらにお任せしたいと思います。←投げやり〜 

 

でですよ、

またまた肝心の看板の写真を撮っていないのですけど、八方除けの年回りの看板を眺めていた夫が、今年は夫も私もその年回りに当たるようだと言ってきたのです。

 

私は「えー!そんなの聞いたことないよぉ〜。」と言いながら、その看板を見に行くと、八方塞がりの他に「衰運」だとか「裏鬼門」だとかがあって、その年に当たる人はご祈祷をしておくといいですよ〜といった看板でした。

 

そう!ここは八方除けを得意?とする専門?の神社だったのです。

これを知ったからには、せっかくなのでご祈祷をしてもらいましょう、と私は即決でした。

うがった見方をすれば、神社の儲けでしょ。な〜んて思う人もいるでしょう。

 

もう、これは呼ばれたわ〜!検見川神社に呼ばれたんだわ〜!と思いましたよ。

 

ついてる!ついてる〜!

 

てなわけで、テンション上げ上げで 

 鳥居をくぐってこの階段を上がって行きます。

心臓破りの階段ではないのが大変ありがたいです。

この辺りから、すでに神聖な気持ちになります。

f:id:nemokotan:20200202081638j:plain

 

 

まずは、 お清めをしましょう。

f:id:nemokotan:20200202082203j:plain

左の人が私、右の人が夫。

 

 

ではありません。

 

f:id:nemokotan:20200202082102j:plain

 

まずは右端の屋根だけが写っているところで御朱印をお願いして、番号札をもらいます。

 

そして、お参りをしました。

日本の平和と安寧をお祈りしました。←皇族方ですか?

 

それから、ご祈祷の申し込みをしました。 

1月は申し込み用紙に書くようにと言われましたが、昨日は2月でした。

1月、2月はということでしょうか?

 

書いて受付の所に持って行くと、「下の表のお願い事から2つ選んで下さい。」と言われました。八方除けにプラスして、なんと2つもお願い事をできるなんて!

 

でね、そのお願い事たるや2行にわたってびっしりと書かれているではありませんか!

例えば、家内安全、心願成就、とかってあるでしょう?もう数えきれないぐらいあります。

そして、もちろん覚えてもいられません。(ホームページに出ているので、これからご祈祷される方は事前に選んでみてくださいね。)

 

そんなにたくさんの中から選ぶようにと、急にそんなことを言われても焦ります。

私たちがあたふたしていると、受付の方が「例えば健康とか、仕事とか。」と優しく教えて下さいました。

 

正直、私は『お願い事一覧』に全部目を通しきれませんでしたが、健康を願う「身体健全」と「家内安全」を、夫も「身体健全」は同じでもう一つは仕事運の「職務成就」をお願いしました。

 

自分たちのお願いをした「身体健全」「職務成就」という言葉をここに書けるのは、頂いたお札に書いてあるからです。「家内安全」はよく聞くので覚えていられましたけど。

 

待合室に案内していただくと、ほぼ満室でした。

隅っこの方に空いていた所に腰をおろし、しばらくすると巫女さんがお茶と干菓子を持ってきて下さいました。

f:id:nemokotan:20200202101822j:plain

こういうの、嬉しいですよね。

夫は、カリカリとかじって「ラムネだ!」と言っていました。

なわけないでしょ〜よ〜。

ったく男の人ってのは。(ウチの夫だけかもしれないのに、ひっくるめてスミマセン。)

 

お茶を飲んだのでトイレが心配な中高年であります。

ちょっと経ってから念のためお手洗いに行っておきました。

戻ってくると、全員が廊下に並んでいて白い羽織を羽織っているところでした。

ちょうどいいタイミングでした。

 

いよいよご祈祷です。

その前に、両手を巫女さんにお水で清めていただきます。

 

お部屋には、う〜ん、何人ぐらいの人たちがいたでしょうか?

30人はいたと思います。

 

ご祈祷されたことのある方はご存知かと思いますが、それぞれの住所、氏名、お願い事を神主さんが読み上げます。

今回は、県外の方はお一人いたようですが、県内でも遠くから来ている人も結構いましたよ。

 

祝詞をあげていただくのは、(表現あってますか?)とても身の引き締まる思いになりますし、とても神聖な気持ちになります。

急遽、ご祈祷をしていただくことになりましたが、呼ばれただけあって、スッとした気持ちになりました。

 

いい1年の始まりです!

 

 御朱印 

検見川神社では、月ごとに御朱印が変わります。

他に通常版が2種類あります。

御朱印料300円です。

f:id:nemokotan:20200202105834j:plain


そして、こちらもせっかくなのでお願いしました。

自分で御朱印帳に貼るタイプだそうです。

こちらは800円です。

f:id:nemokotan:20200202110444j:plain

 

 

ほいで、ご朱印料を千円以上お納めすると、こんなおまけをもらえるとのことでした。

木でできています。 

f:id:nemokotan:20200202111114j:plain

f:id:nemokotan:20200202111217j:plain

裏側は、お願い事を書けるようになっていました。

どんだけ願い事すんねん。と突っ込んでみましたが、関西弁が間違えていたらごめんなさい。

 

 

ご祈祷をして、いただいたお品

f:id:nemokotan:20200202112108j:plain

 

f:id:nemokotan:20200202112256j:plain

 

中は

f:id:nemokotan:20200202112426j:plain

f:id:nemokotan:20200202112450j:plain

 

この他に、「お札」はもちろんですが、「お箸」、「八方除けのお守り」、「お清め用の土(御神土)」もいただきました。

 

最後に 

私は、特にここ検見川神社の雰囲気が好きです。

全体的にいい気を感じます。

こういうのは個人個人で違うようなので、きっと自分に合っているのだと思います。

 

受付の方たちも、とても丁寧であったかい感じの方ばかりです。って、まだ2回しか行ってませんけどね。

 

自宅から、わりと近い所にあるので、今年は何回かお参りに行けたらいいなと思います。

 
本日もお付き合いいただきまして、ありがとうございました。